人生にゲームをプラスするメディア

【海外ゲーマーの声】New 3DSが国内発表、海外の反応は?英語圏で「New」は誤解を招くという意見も

任天堂 3DS

8月29日の20時より放送された「Nintendo Direct」にて、「ニンテンドー3DS」にさまざまな機能を追加した「New ニンテンドー3DS」および「New ニンテンドー3DS LL」が発表されました。

CPUの強化やそれに伴う高速化、ブラウザのHTML5対応、そして専用タイトルの発売決定など、半次世代機とも言える内容となっており、国内だけでなく、海外からも大きな注目を集めています。すでに、欧米のゲーム専門サイトだけでなく、経済誌もこの話題を取り上げており、読者からは非常に多くのコメントが寄せられていました。

「New 3DSが発売されたら、みんなで手をつないでスキップで買いにいこう!」「スーファミと同じ色のボタンなのか… さて、財布を準備…」「任天堂め、ふざけるな!!! …で、どこで予約できますか?」と、概ね歓迎される声が目立っていました。

また、今回、海外での発売は2015年以降になるとの発表があったことから、「クリスマスにほしかったのに間に合わない」と悲しむ声も。CPUの強化やワイヤレス機能の充実化、さらにボタンを増やした新機種は「これは今までの3DSとはまったく違うもので、ディベロッパーの開発の可能性が広がる」という意見とともに「将来的にWii Uゲームパッドとして使えるようになるのでは?」という憶測も飛んでいました。

一方で、「モデルチェンジはありがたい。でも、専用タイトルはやめてほしかった」「今回のデザインはあんまり好きじゃない」「3DSのバンドル版を買ったばかりなのにあんまりだ」など、批判的な声も少なからず見受けられました。

経済誌・米フォーブスのウェブサイトでも早速「New 3DS」について報じられていますが、名称がやや安直で誤解を招きやすいのではないかと指摘しています。英語圏では、「New」は新しいという意味で幅広く使われることから、ゲームショップ等で購入する際、「新品の3DS」と「新品のNew 3DS」が、消費者に混乱を招く恐れがあるとしています。

名称については、「ニンテンドーDSi LL」の「ILL」が英語で「病気」という意味になってしまうのと、大きさを表すにはXLが適切だとして、海外での名称が「Nintendo DSi XL」に変更されたという経緯もあることから、今回も国外での発売時には各国向けの名称に変更される可能性はありそうです。

まだまだ隠れた機能も多そうな「New ニンテンドー3DS/LL」ですが、CスティックやR2/L2ボタンの追加などのコアゲーマーに向けたアプローチと、ぱっと見でボタンを多く感じさせないライトユーザーに向けたアプローチの両立が非常にうまく言っているように見受けられます。やや頭打ちと言われていた3DSですが、満を持してて発表された「New ニンテンドー3DS/LL」の今後の展開に注目が集まります。
《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 17 件

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」の8月24日号公開 ― 新作が続々登場!

    「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」の8月24日号公開 ― 新作が続々登場!

  2. 未発売のHDリマスター版『ゴールデンアイ 007』プレイ映像が出現

    未発売のHDリマスター版『ゴールデンアイ 007』プレイ映像が出現

  3. 任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

    任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

  4. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  5. 『ゼルダの伝説』リンクがハイクオリティなフィギュアに!『トワプリHD』『ムジュラ』『神トラ2』の3作品

  6. Wii U向けVC『スターフォックス64』『闘いの挽歌』8月31日配信

  7. Wii U版『シャンティ -リスキィ・ブーツの逆襲-』8月31日配信決定、ドット絵にもこだわりを感じる2Dアクション

  8. 『ポケモンGO』効果で3DSがハードウェア首位、ソフトは『GTA V』が返り咲き―2016年7月の米国セールスデータ

  9. 500円で楽しめるWii U向けサンドボックスゲーム『ブロック ビルダー』8月31日配信

  10. カプコンの新作3DSソフトは「Suica」など交通系ICカードと連動! 乗車履歴でキャラとコミュニケーション

アクセスランキングをもっと見る

page top