人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の「QOL向上」はすでに始まっている?Wiiのゲームで癌を自覚、バランスWiiボードの医療転用も

任天堂 Wii

イギリスのシェイバーシャムという街に暮らす6児の母であるエマ・ホワイトさん(36歳)は、昨年、娘さんの誕生日にWiiのダンスゲームをプレイしていたところ、膀胱や背中にこれまで気づかなかった異常を感じたため、病院へ行きました。

医師が何度か検査を行った結果、子宮がんが発見されました。腫瘍は卵ほどの大きさになっており、それが膀胱を圧迫していたということです。6週間に及ぶ化学療法と放射線治療の結果、ホワイトさんの体に巣食っていた腫瘍は完全に除去されました。

ホワイトさんの家庭では、娘さんの誕生日に家族でWiiのダンスゲームをプレイするのが恒例だったそうです。結果としてホワイトさんは、Wiiのダンスゲームをプレイしたことにより子宮がんの症状を手遅れになる前に自覚することができたことから、イギリスのデイリー・メール紙はこのニュースを、「Wiiが私の命を救った」という見出しで報じています。

ニュースに寄せられたコメントの中には、「Wiiが命を救うということに賛成せざるを得ない。私の母もWiiでエクササイズをしている間に体に異常を感じ、病院へ行ったところ、子宮がんと診断された」というものもありました。

また、米紙フォーブスも、26日付の記事でバランスWiiボードを使ったビデオゲームが「多発性硬化症」の病気治療に役立っていると報じました。患者がWiiのバランスボードを使用したゲームをプレイすると、脳の伝達を促進、発達させ、動作やバランス感覚が向上することがMRIを使った検査から実証されたとあります。

任天堂は今年1月の経営方針説明会で「Quality of Lifeを楽しく向上させる」という構想を語っていますが、今回の病気の早期発見や医療現場での活用といったニュースは思わぬ波及効果といえるかもしれません。これからも、任天堂ならではの製品やサービスによる「QOL向上」が期待できそうです。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  5. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  9. 【Wii U DL販売ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』、『マリオテニス64』などのVCが初登場ランクイン(7/25)

  10. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

アクセスランキングをもっと見る

page top