人生にゲームをプラスするメディア

ポケモンの格闘ゲーム『ポッ拳』発表!大人のポケモンバトルが今始まる

その他 アーケード

ポケモンの格闘ゲーム『ポッ拳』発表!大人のポケモンバトルが今始まる
  • ポケモンの格闘ゲーム『ポッ拳』発表!大人のポケモンバトルが今始まる
  • ポケモンの格闘ゲーム『ポッ拳』発表!大人のポケモンバトルが今始まる
  • ポケモンの格闘ゲーム『ポッ拳』発表!大人のポケモンバトルが今始まる
  • ポケモンの格闘ゲーム『ポッ拳』発表!大人のポケモンバトルが今始まる
  • ポケモンの格闘ゲーム『ポッ拳』発表!大人のポケモンバトルが今始まる
  • ポケモンの格闘ゲーム『ポッ拳』発表!大人のポケモンバトルが今始まる
  • ポケモンの格闘ゲーム『ポッ拳』発表!大人のポケモンバトルが今始まる
  • ポケモンの格闘ゲーム『ポッ拳』発表!大人のポケモンバトルが今始まる
株式会社ポケモンは、本日8月26日に放送した生放送番組にて、アーケードゲーム『ポッ拳 POKKE'N TOURNAMENT』を発表しました。

『ポッ拳 POKKE'N TOURNAMENT』は、2013年8月に開催された「ポケモンゲームショー」で少しだけ映像が流れたもので、開発には『鉄拳』の原田プロデューサーと、『ソウルキャリバー』の星野プロデューサーの参加が明かされました。

“拳”とタイトルにあることから、『鉄拳』に近い内容を予想されるかもしれませんが、『鉄拳』要素はノウハウのみ。シビアに戦う格闘ゲームと言うよりも、オリジナルのシステムでアクションゲームに限りなく近い感覚で楽しめるそうです。

ポケモンのアーケードゲームは過去にもありましたが、株式会社ポケモンの石原氏によると、新しい領域で新しい層に触れて欲しいという思いがあり、まずアーケードゲームでリリースすることが決定したとか。また原田氏より、格闘ゲームという概念を外して純粋に見て欲しいというコメントもありました。

◆公式サイトのコメント


本プロジェクトは、株式会社ポケモンの『ポケットモンスター』の可能性をさらに広げていきたいという思いと、バンダイナムコゲームスの『鉄拳』・『ソウルキャリバー』シリーズで培われた3Dアクションゲームの知見を共鳴させ、「誰も見たことのない『ポケットモンスター』のゲームを世に送り出す」ことを目的として、実現しました。

『ポッ拳 POKKE'N TOURNAMENT』では、これまでにないリアルに描かれたポケモン達が、プレイヤーの思いのままに生き生きと動いて技を繰り出す、全く新しいポケモンのバトルを体験することができます。

子供だけでなく、大人になった20代のポケモンファンにも楽しんでいただける、本格的なやりごたえのあるゲームに仕上げてまいります。

■石原 恒和氏のコメント


ポケモンはこれまでも様々なタイプのゲームに挑戦してきましたが、このゲームはまだ誰も体験したことのない、新しいポケモンのゲームです。

自分が思ったことに対して、ダイレクトに、完璧に反応して動くポケモン達。3Dのアクションゲームを突き詰めて来られたバンダイナムコゲームスさんとタッグを組むことにより、それが実現できました。ポケモンファンなら誰もが触ってみたくなる、圧倒的に新鮮な体験となるはずです。格闘ゲームや対戦アクションゲームをやったことのない方でも、触るだけで「すごい!」と感動することができる。そんなゲームを目指しています。

■原田 勝弘氏のコメント


『鉄拳』は、プレイヤーがキャラクターを極限まで自在に扱いながら駆け引きができるよう設計されており、現在の弊社キャラクターアクション・アニメーションシステムの礎を築いたタイトルでもあります。

キャラクターを動かす際のプレイヤーとの一体感、技を当てた時の壮快さ、喰らった時の痛み。そういったゲームとしてのフィーリングを突き詰める中で培われてきた、「鉄拳イズム」ともいうべきノウハウが、本作のポケモンアクションにも活かされています。

「対戦格闘ゲーム」というジャンルは、ある種先鋭化された、コアな遊びというイメージを持つ方も多いかと思いますが、元来このジャンルは幅広い層に親しまれてきたジャンルです。特に今回の『ポッ拳 POKKE'N TOURNAMENT』は、「対戦格闘」というよりは「対戦アクション」ゲームとして、アクションゲーム・対戦ゲームの原点に立ち返り、「幅広い層に遊んでもらえるゲーム」として開発しています。「ポケモンだからやってみようかな」というような気軽さで遊ぶことができる。そして非常に新鮮な体験ができる。そんな遊び方ができることを、とても大事にしています。ポケモンの新しい体験に、ぜひご期待ください。

■星野 正昭氏のコメント


実は、自分は社内でもポケモンの事ならば右に出るものはいない第一人者と自負していました。今回のプロジェクトの話を聞いた時には、自分が一番の適任者と思いましたし、とうとう自分がこれを作る時が来たか、と感じました。

『ポッ拳 POKKE'N TOURNAMENT』では60fpsでのスムーズでダイナミックなアクションはもちろんのこと、グラフィックには特に力を入れていて、「実際の世界にポケモンがいたらどんな感じだろうか?」ということを突き詰めて考え、ポケモンの毛や筋肉、そしてポケモン達が暮らす世界の風景まで、想像を膨らませながら制作しています。全てのポケモンファンが楽しめて、やればやるほど奥が深い、そんなゲームにしていきます。最高のスタッフによる最先端の技術で描かれた、今まで見たことがない新しいポケモンの世界に是非ご期待下さい。

◆Twitterキャンペーン


Twitterにて、参戦して欲しいポケモンの募集が行われています。投票は公式アカウントをフォローしてた後、ハッシュタグ「#ポッ拳」をつけて本作に出てほしいポケモンをツイート。抽選で10名様に、ポケモンセンターオリジナルグッズ詰め合わせ(1万円相当)がプレゼントされます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆





『ポッ拳 POKKE'N TOURNAMENT』は、2015年にアーケードで稼動予定です。

(C)Poke'mon.
(C)Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
(C)BANDAI NAMCO Games Inc.
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

    【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

  2. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

    【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

  3. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到、「PlayStation VR」二次予約受付…各店舗の状況は?、『Project Sonic』海外発表…など(7/23)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到、「PlayStation VR」二次予約受付…各店舗の状況は?、『Project Sonic』海外発表…など(7/23)

  4. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  5. 弓矢でサバゲー! レジャー施設「CROSPO」に導入された“セーフアーチェリー”、矢がスポンジ製の安心設計

  6. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  7. 【昨日のまとめ】待望の国内配信がスタートした『ポケモンGO』、お役立ち情報からサーバーダウンまで話題一色…(7/22)

  8. 劇場版「遊戯王」が4DX/MX4Dに!今秋上映決定

  9. 素材サイト「いらすとや」がVRイラストを公開…プレイ姿を見守る母親の姿も

  10. 「ディズィー」実戦的基本コンボをムービーで紹介 / ゲームをするしないは、小学生の学力に殆ど影響しない / 35年ぶりのアニメ化「タイガーマスクW」・・・編集部員も見るべきまとめ(7/22)

アクセスランキングをもっと見る

page top