最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
PS Home参入会社が、その思い出を公開 ― 2011年から現在までの歩み

PS Home参入会社が、その思い出を公開 ― 2011年から現在までの歩み

2014年8月25日(月) 12時30分
  • PS Home参入会社が、その思い出を公開 ― 2011年から現在までの歩みの画像
    PS Home参入会社が、その思い出を公開 ― 2011年から現在までの歩み

2015年3月末に日本とアジア地域でのコンテンツ販売とサービス展開を終了する予定のPlayStation Homeですが、グランゼーラは、PS Homeの思い出を公式サイトで公開しました。

ゲームクリエイター九条一馬氏らがアイレムから独立し、グランゼーラを立ち上げた2011年から現在までの軌跡が綴られており、今まで手がけてきたPS Homeのコンテンツが紹介されています。ネタ色が強い独自の路線でラウンジ、ミニゲーム、コスチュームなどを作ってきた同社、これから北米地域でしか見られないと思うと寂しくなってしまいます。尚、YoutubeではグランゼーラによるPS Home エンディングムービーが公開されていますので、気になる方はチェックしてみましょう。

アイレム時代からのファンとしては、今後のグランゼーラの動きを注目したいところ。『絶体絶命都市』シリーズや『ポンコツ浪漫大活劇バンピートロット』シリーズなどのリブート作品がリリースされる日はくるのでしょうか。

記事提供元: Game*Spark

(Article written by Game*Spark)

ソニーアクセスランキング