人生にゲームをプラスするメディア

松山洋氏、アイスバケツチャレンジに挑み、締めくくりも鮮やか!

その他 全般

松山洋氏、アイスバケツチャレンジに挑み、締めくくりも鮮やか!
  • 松山洋氏、アイスバケツチャレンジに挑み、締めくくりも鮮やか!
  • 松山洋氏、アイスバケツチャレンジに挑み、締めくくりも鮮やか!
サイバーコネクトツーの代表取締役社長であり、様々なタイトルのプロデュースにも携わりゲームクリエイターとしての活躍もめざましい松山洋氏に、アイスバケツチャレンジの指名が回ってきました。

著名人から一般の方まで、幅広く広まっているアイスバケツチャレンジ。「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」とう難病を数多くの人に知ってもらい、また寄付を募るこの企画は、ネット上でも様々な人がチャレンジし各ニュース媒体でも大きく取り上げられています。

日本のゲームクリエイターとしては、須田剛一氏なども既にチャレンジ済みですが、このたび松山洋氏も氷水を被り、その模様を動画に収めてブログにアップしました。動画にて松山氏は、この企画の目的などを説明した後に、自社のロゴを貼ったバケツに並々と注いだ氷水を豪快に浴びます。更に、まだ足りないと言わんばかりにおかわりもかぶり、最後に「少しも…」から始まるあの有名なフレーズらしき言葉で締めくくりました。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=5Vgd804NB5o

松山氏自身はバケツチャレンジに関して、「いいも、悪いも、無い」との見解も述べ、賛否分かれるこの企画に対し、それぞれの判断で捉えればいいというスタンスを示しました。なおアイスバケツチャレンジに挑みながらも、別途100ドルの寄付も行ったとのことです。また松山氏は、次にチャレンジする3人をこのように発表しています。


《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 初代『ドラクエ』の「竜王」「ラダトームの城周辺マップ」がナノブロックに登場―ドット絵みたいだ!

    初代『ドラクエ』の「竜王」「ラダトームの城周辺マップ」がナノブロックに登場―ドット絵みたいだ!

  2. なんでもあり!「多様性」で世界と戦う東京ゲームショウ【オールゲームニッポン】

    なんでもあり!「多様性」で世界と戦う東京ゲームショウ【オールゲームニッポン】

  3. 赤青メガネを用意せよ!TGS美人コンパニオンの魅力を懐かしの3Dでお届け

    赤青メガネを用意せよ!TGS美人コンパニオンの魅力を懐かしの3Dでお届け

  4. “手塚治虫タッチの初音ミク”公式イラストが公開!手塚アニメ楽曲の初CD化も決定

  5. 【昨日のまとめ】映画「君の名は。」がLINEスタンプに、「PS Plus」10月フリープレイに『バイオハザード HD』登場、CGアニメ「RWBY」の魅力とは…など(9/29)

  6. 【特集】「男が惚れる漢ゲームキャラ」10選

  7. 奥さんとの青春を記したレトロゲーム恋愛小説「モノクローム・サイダー」書籍化決定!文体はエッセイ調に変更

  8. 『テイルズ オブ ベルセリア』主人公ベルベット・クラウが1/8フィギュア化!

  9. 【特集】CGアニメ「RWBY」の魅力とは ― 凛々しく可愛い少女の成長を爽快アクションで

  10. 【オトナの乙女ゲーム道】第18回:乙女ゲー主人公の「変化」について ― 自己投影の対象から1人のキャラクターへ

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top