人生にゲームをプラスするメディア

ついに最後のロイヤルナイツが判明!その名はジエスモン…「デジヴァイス ver.15th」に収録

その他 全般

ついに最後のロイヤルナイツが判明!その名はジエスモン…「デジヴァイス ver.15th」に収録
  • ついに最後のロイヤルナイツが判明!その名はジエスモン…「デジヴァイス ver.15th」に収録
プレミアムバンダイにて現在受注受付中の「デジヴァイス ver.15th」。八神太一カラーと石田ヤマトカラーの2種類が用意されており、既に予約済みというデジモンファンも少なくないでしょう。

そんなファンの心を更に鷲掴みにする嬉しい続報が、このたび到着しました。「デジヴァイス ver.15th」に、「セイバーハックモン」および「ジエスモン」の収録が明らかとなったのです。

PSP『デジモンアドベンチャー』にて初登場となった「ハックモン」は、いわば成長期の姿。成熟期には「バオハックモン」へと進化しますが、その完全体となる「セイバーハックモン」、そして究極体であり13体目のロイヤルナイツとなる「ジエスモン」が、「デジヴァイス ver.15th」に収録されます。

◆「セイバーハックモン」および「ジエスモン」の公式プロフィール


■セイバーハックモン
バオハックモンが、長きに渡る旅路からデジモンとの出会いや別れを繰り返し、いつくもの修羅場をくぐり抜けて進化した姿。

絶え間なく起こるデジタルワールド内の紛争に武力介入し戦闘停止を求めつつ、被害にあった現地デジモンの救済にあたってきた。その結果は全て成功とはならず、悲惨な光景を前に流した涙はセイバーハックモンを強くし、次に助けを求めるデジモンへ懸命に手を伸ばす。

両足が刃ながらに2足歩行を可能とし、両腕と尻尾に紅の刃が生まれ、全身刃の攻撃的なスタイルとなった。胸のクリスタルは努力を欠かさず力を磨き上げた証である。

■ジエスモン
セイバーハックモンの胸のクリスタルが輝き完全を超えた究極の姿となり、ネットワークセキュリティの最高位とされる「ロイヤルナイツ」の称号を得た聖騎士型デジモン。

デジタルワールド各地に起こる異変や混沌の兆しを関知する能力を備え、どのロイヤルナイツよりもいち早く駆けつける。単独で行動するよりも近くのデジモンやシスタモン達と連携し対応にあたるという、ロイヤルナイツでも稀なチームでの活動を行うのは、他者を信頼し自分への過信を行わないためである。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


またプレミアムバンダイでは、元祖「デジヴァイス」に携わった開発者へのインタビューも公開されているので、よければこちらもチェックしてみてはいかがですか。

■デジヴァイス開発者インタビュー
URL:http://p-bandai.jp/b-boys-shop/special-1000003946/

「デジヴァイス ver.15th」の受注期間は9月30日までで、お届けは12月を予定。価格は各9,990円(税込)です。

(C)本郷あきよし・東映アニメーション
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  2. 1/8フィギュア「久慈川りせ アラビアンアーマー」予約開始―りせちーセクシー!

    1/8フィギュア「久慈川りせ アラビアンアーマー」予約開始―りせちーセクシー!

  3. 「ポケモン」「妖怪ウォッチ」をデコるクリスマスケーキが登場! 妖怪メデタイメダルやモンスターボール型ルーレットなど付属

    「ポケモン」「妖怪ウォッチ」をデコるクリスマスケーキが登場! 妖怪メデタイメダルやモンスターボール型ルーレットなど付属

  4. 「ゾイド」新プロジェクトのティザーサイトが公開、デザインはアニマリアルが担当

  5. 【昨日のまとめ】狂気のホラー『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー、「ゾイド」新プロジェクトのティザーサイト、『Fate/Grand Order』「マシュ」のCV変更…など(9/26)

  6. 「Rewrite」2ndシーズンは2017年1月放送スタート、新キービジュアルも公開

  7. 『ロックマン』『ロックマン エグゼ』グッズが9月29日より多数発売!バスタオル・iPhoneケース・パスケースなど

  8. バンダイ公式による「ガシャポンマシン」にプレミアムセットが登場! 本物の硬貨が使えるリアル志向、サイズは約1/2

  9. FC/FC互換機向け新作『キラキラスターナイト DX』10月6日発売決定

  10. 「ダンガンロンパ3」BD BOX IIIにPCゲーム『霧切草』が付属…あの伝説のサウンドノベルが蘇る!?

アクセスランキングをもっと見る

page top