人生にゲームをプラスするメディア

秋葉原に「あきばサンダル」専門店がオープン…そもそも“あきばサンダル”ってなに?

その他 全般

仮面女子:アリス・プロジェクト
  • 仮面女子:アリス・プロジェクト
  • あきばサンダル
  • あきばサンダル
  • 奥田民生と仮面女子:アリス・プロジェクト
  • 大橋卓弥と仮面女子:アリス・プロジェクト
  • ORANGE RANGEと仮面女子:アリス・プロジェクト
 東京・秋葉原といえばオタクの聖地。最近、秋葉原を盛り上げているのが“地下アイドル”と呼ばれるアイドルだ。地下アイドルのひとつ「仮面女子:アリス・プロジェクト」グッズとして注目されていた「あきばサンダル」の専門店がこのほどオープンした。

 地下アイドルとは、ファンとの距離が近いライブスペースで、歌を中心に活動を続けているアイドルたちをさす。そういったライブスペースは地下にあることが多いことから、「地下アイドル」と呼ばれるようになった。ほぼ1年365日ライブを行っている地下アイドルも多く、かつチケットもそれほど高くないということで、地下アイドルのライブにはは幅広いファン層が訪れる。

 最近勢いがある地下アイドルユニットのひとつが「仮面女子:アリス・プロジェクト」だ。150名以上が所属し、日々、秋葉原カラオケパセラに常設されている劇場「パームス」にてライブを開催している。

●あきばサンダル専門店がオープン

 その仮面女子がイメージガールを務め、ライブ会場で販売するグッズのひとつに、「あきばサンダル」と呼ばれるサンダルがある。いわゆる“きゅっきゅサンダル”だ。

 恐竜の足のようなデザインで、幼児向けサンダルと同じように歩くたびに「キュピキュピ」「ピコピコ」、音が鳴る。サイズはM(23~25cm)とL(25~28cm)で、けして子ども向けではない。カラーバリエーションはラベンダー、オレンジ、ブルー、イエロー、グリーン、ピンク、ブラック、レッドが用意されている。価格は1足1,500円。

 秋葉原で「キュピキュピ」が聞こえると「あ、仮面女子のファンだな」とわかる。ファンのほとんどがこれを購入、着用してライブに臨む。

 ライブに足を運ぶファンに支持されていたあきばサンダルだが、8月14日には「あきばサンダル専門店」がオープンした。秋葉原パームス劇場から100mほど離れた、昌平橋近くにある「アイドル物販学園」1階が店舗だ。あきばサンダルの購入がより簡単になった。

●芸能界でも徐々に浸透中

 地下アイドルの仮面女子ではあるが、秋葉原から外に出たときには積極的にあきばサンダルをアピールしている。例えば音楽フェスに参戦するたびに、共演アーティストにあきばサンダルを渡している。奥田民生やスキマスイッチの大橋卓弥、ORANGE RANGEなど大物アーティストにあきばサンダルを渡したことが報告されている。Twitterによると、元AKB48の前田敦子にもロッキンジャパンで渡せた模様。

地下アイドルのファンが履くピコピコサンダル……秋葉原に専門店

《編集部@RBB TODAY》

その他 アクセスランキング

  1. 集英社が「矢吹健太朗漫画賞」を創設!「To LOVEる」作者が審査委員長を務める

    集英社が「矢吹健太朗漫画賞」を創設!「To LOVEる」作者が審査委員長を務める

  2. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  3. 『NINJA GAIDEN』新プロジェクト始動か…作曲家・山岸継司がツイート、新情報は7月

    『NINJA GAIDEN』新プロジェクト始動か…作曲家・山岸継司がツイート、新情報は7月

  4. 『Fate/Grand Order』の「ギルガメッシュ」がfigmaに!霊基再臨の三段階目の姿も再現可能

  5. AC『ディシディア FF』に「ケフカ」参戦!登場は6月30日から

  6. 【e-Sportsの裏側】「Eスポーツは意識してない」日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来とは

  7. ハリウッド映画版『マインクラフト』海外で2019年5月に公開決定

  8. 「ゴジラ対エヴァンゲリオン」を村上隆が描く!コラボビジュアル第3弾公開

  9. ゲームのスチールケースを使ったインテリアが話題に

  10. 【昨日のまとめ】話題のアプリ『ひとりぼっち惑星』人気のあまりサーバーダウン、日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来、アプリ『SAO メモリー・デフラグ』発表…など(6/27)

アクセスランキングをもっと見る

page top