人生にゲームをプラスするメディア

現代的でGBA風な『蒼き雷霆 ガンヴォルト』をレビュー

任天堂 3DS



『ロックマンゼロ』や『ぎゃる☆がん』を手がけたインティ・クリエイツと、comceptの代表である稲船敬二氏による2Dアクションゲーム『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト』の配信が8月20日から開始しています。

『蒼き雷霆 ガンヴォルト』は、カプコン在籍時代に『ロックマンX2』や『ロックマン7』を開発した津田祥寿氏が温めていたもので、稲船氏がアクション部分を監修。テーマは「ハイスピード、ハイテンション、そしてライトノベルのような世界観」です。



発表された当時に一度プレイする機会がありましたが、その時は「アクションが苦手な方でも得意な方でも楽しめるアクションゲーム」という表現をしていました。そんな本作の完成版を最後までプレイする事ができましたので、レビューをお届けします。

◆蘇るゲームボーイアドバンス時代



前回プレイしたのは、最初のチュートリアル面でしたが、今ラスボスを倒して振り返ると、様々な苦労が蘇ります。もしかしたら、2Dの横スクロール型のACTが苦手な方は、そうとう苦労するかもしれません。とはいえこの苦労は、悪い意味ではなく、繰り返しプレイすることで攻略の糸口が見えるという意味。「無理だ無理だ」と言いながらも何度も挑戦して、ある時サクっとクリアできる時が来る、あの感覚が味わえるのです。



それはまさしく、ゲームボーイアドバンス時代のACTをプレイしているようで、特に『ロックマンゼロ』がそれに近いと感じました。

◆クリアするだけなら、誰でもできる…するだけなら




実際、3Dゲームばかりプレイしている筆者は、あるボスに大苦戦。そこで私を救ってくれたのが、「電磁結界(カゲロウ)」という能力です。これは、特殊能力を利用するためのエネルギー「EPゲージ」がなくならない限り、敵の攻撃を無効化するというもの。



「EPゲージ」は、下ボタンを2回押すだけで回復しますので、下ボタンを連打しておけば、死ぬことはそうありません。ただし、一度ダメージを食らってしまうと、コンボポイントが0になってしまうため、自ずとクリア評価は低いものになります。

◆高評価を狙うためのスピード感



高評価を狙うポイントは、「敵の攻撃に当らずに、素早く、複数体を同時に倒す」です。『蒼き雷霆 ガンヴォルト』は、敵を撃って倒していくスタイルがベースにありつつも、敵に避雷針を当てて雷撃を流し込み、ゲージを回復するという1クッションが入っていますので、ダッシュ・攻撃・チャージの切り替えが重要になってきます。



ですので、最初はごり押しでなんとかクリアするも、「もっと綺麗な戦い方があるに違いない」とあれやこれやと戦い方を模索する楽しみが味わえます。そして、頭で思い描いた「綺麗な戦い方」が実際のプレイで出来たときの爽快感とスピード感、そして緊張感は、本作の醍醐味といえます。

◆「電撃を操る」というアイデアと世界観




またステージにも一工夫されており、「電撃を操る」という1つのアイデアが様なギミックを生み出しており、1ボタンでできることの幅の広さには驚きました。そのアイデアは、「第七波動(セブンス)」という設定に結びついており、ライトノベルで多く見られる中二設定が満載です。


なおストーリーは、アクションパートと同時に進行。会話文はステージの上から表示されるため、アクションと一緒に楽しめる反面、ステージが見にくく感じました。特にボス戦では、画面端が会話文のUIで隠れ、誤って落下してしまうことも。会話文だけ消して、ボイスのみ流れる設定があればベストでしたが、UIを消すとボイスも消えてしまうようです。

◆やりこみ要素



先ほど触れたスコア以外にも、アイテム開発やレベル要素、クエストといったいくつかのやりこみ要素もあります。ただし、これらをあえて進める意義は薄く、新しいアイテムを装備したからといって、劇的に何かが変るわけではありませんでした。

クエスト/ショップ

クリア報酬/アイテム開発

ゲームシステムはある程度完成しているだけに、その他の部分で面白い・楽しいと思える要素がココにあれば、さらにいい作品になっていたかもしれません。ただ、ステージを周回することで隠し要素や、新たな攻略方法を発見することがありました。そして一番感動したのが、自分の上達を再びボスに挑むことで感じられたこと。そのきっかけをくれるという意味では、大切な要素です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

やりこみを抜きにしても十分に遊べ、フルボイス+ライトノベルのような世界観で今風でありながらもGBA時代のACTを感じ取れる『蒼き雷霆 ガンヴォルト』は、3DSのダウンロード専売で、価格は1,960円(税込)です。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  2. 『モンハン ストーリーズ』の3DSテーマ4種類が配信決定―キュートなアイルーからカッコいいオトモンまで

    『モンハン ストーリーズ』の3DSテーマ4種類が配信決定―キュートなアイルーからカッコいいオトモンまで

  3. 『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

    『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

  4. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  5. 『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

  6. 『スプラトゥーン』立体パズルが11月末発売決定―全部組み立てなイカ?

  7. 「ビットキャッシュ」ニンテンドープリペイド番号の取扱いを開始、6種類の価格で購入可能

  8. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  9. 【特集】インティ・クリエイツ社長に訊く『ガンヴォルト』誕生秘話…目標本数はない、だから好きに作れ

  10. 『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

アクセスランキングをもっと見る

page top