人生にゲームをプラスするメディア

ハイスコアガール、著作権問題で一時休載に ― 販売中止及び自主回収も

その他 全般

ハイスコアガール、著作権問題で一時休載に ― 販売中止及び自主回収も
  • ハイスコアガール、著作権問題で一時休載に ― 販売中止及び自主回収も
スクウェア・エニックスは、月刊ビッグガンガンの公式サイト上にて、「ハイスコアガール」のコミックス、ファンブック、電子書籍の販売中止及び、自主回収をすると発表しました。また、「ハイスコアガール」の連載は一時休載になるとのことです。

■読者の皆様へ
本誌連載作品「ハイスコアガール」の一部内容について、著作権法違反の疑いがあるとして、弊社は、2014年8月5日に警察当局による家宅捜査を受けました。

 現在、警察による捜査が行われているため、本件に関する詳細の公表は控えさせていただきますが、弊社としましては、捜査に対して全面的に協力していく所存です。

弊社としましては、今回の刑事告発がなされたことを真摯に受け止め、法的判断が明らかになるまで販売を差し控えるべきとの判断をし、過去に出版された「ハイスコアガール」のコミックスおよびファンブックの回収、ならびに電子書籍の配信停止をしました。
 また、月刊ビッグガンガン誌上での「ハイスコアガール」の連載についても諸般の事情を鑑み、一時休載とさせていただきます。

「ハイスコアガール」連載再開の時期が決まり次第、月刊ビッグガンガン誌上とビッグガンガン公式HPにてご報告させていただきますので、再開までお待ちくださいますようお願い申し上げます。

楽しみにされている読者の皆様には、上記のような事態となりましたことを、深くお詫び申し上げます。

月刊ビッグガンガン編集部 編集長 中野崇



「ハイスコアガール」は、1990年代に登場した『ストリートファイターII』を通じて知り合った少年と少女の成長の変革を、ゲームを交えて描いているラブコメ漫画。その青春劇の模様が、ゲームユーザーを中心に反響を呼び、人気を誇っています。

ですが8月6日に、『THE KING OF FIGHTERS』で知られるSNKプレイモアは、当社が著作権を有する多数のゲームプログラムのキャラクターを複製使用した」としてスクウェア・エニックスを著作権侵害で刑事告訴。それが、今回の結果へと結びつきました。なお、決定していたアニメ化については触れられていません。
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』新ステージ公開、絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AI、『FGO』新章「亜種特異点I」は2月24日19時から…など(2/22)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』新ステージ公開、絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AI、『FGO』新章「亜種特異点I」は2月24日19時から…など(2/22)

  4. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  5. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  6. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  7. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  8. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  9. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  10. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

アクセスランキングをもっと見る