人生にゲームをプラスするメディア

ゲームクリエイターの松山洋と原田勝弘、なぜかスク水フィギュアデビュー!? コトブキヤの本気は恐ろしい…

その他 全般

ゲームクリエイターの松山洋と原田勝弘、なぜかスク水フィギュアデビュー!? コトブキヤの本気は恐ろしい…
  • ゲームクリエイターの松山洋と原田勝弘、なぜかスク水フィギュアデビュー!? コトブキヤの本気は恐ろしい…
ゲームクリエイターと言っても、様々なタイプがいるのはご承知の通り。昨今は、開発陣が直接ゲームタイトルの説明や実演を行う傾向が増し、その実績と共に露出の増えている方も少なくありません。

そんなクリエイターの方々の中でも、自身の行動力や発言のユニークさなどで注目を浴びやすいのが、『鉄拳』シリーズのプロデューサー・原田勝弘氏と、サイバーコネクトツーの代表取締役社長でありプロデュースにも携わる松山洋氏。制作に関わるゲームの広報活動のみならず、Twitterでの発言などで話題をさらう事も少なくありません。

5月にも、『CV ~キャスティングボイス~』の重量が80kgになるという誤表記がきっかけとなり、「俺を同梱してくれ」と名乗りを挙げる両名。しかもこの展開は、『スマブラ』最新作が待望されている桜井政博氏まで巻き込み、壮絶な「俺同梱合戦」へと発展しました。

この他にも、例えば松山氏は贈られたスクール水着を躊躇せず着込み、その画像をTwitterで惜しげもなく公開。原田氏も、『鉄拳』プロジェクトに発令していた「乳揺れ禁止令」に関するコメントを明かすなど、刺激的な動向が止まらないお二人です。

そんな両名にこのたび目を付けたのは、なんとホビーメーカーのコトブキヤでした。まずは細かい説明より先に、公式Twitterで明かされた衝撃的なつぶやきをご覧ください。




なんとコトブキヤが、その技術力の高さを活かし、松山氏と原田氏のスク水フィギュアを制作。コトブキヤ製のスクール水着フィギュアをはじめ、その技術力の高さを集結「させてしまった」一品が、お二人の元へと届けられました。限定パーツを使用して手も繋がせるなど、そのこだわりには脱帽の言葉以外出てきません。

スク水を着用したネタがまさかこんな顛末になるとは、数々のゲームを手がけてきたお二人にも想像のつかない出来事だったと思われます。しかし動じることなく、見事にポーズを決めた写真も公開されています。




完成度が高すぎるフィギュアを手に、ポーズを限りなく忠実に再現。共に支えるフィギュアが、握りあう手に匹敵する信頼感の証であると感じさせます。また同時に、思わぬネタを展開していくネットの底力を思い知らされる一幕でもありました。ジョークもとことん本気で向き合うゲームクリエイターや、コトブキヤの行動力に感服するばかりです。

なおこの顛末は、ハッシュタグ「#ふたりのスク水フィギュア」にて、更なる詳細を追いかけることができます。くれぐれも自己責任でご覧ください……!

(C) KOTOBUKIYA
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  2. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  3. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  4. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  5. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  6. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  7. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  8. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  9. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  10. 『遊☆戯☆王』第6作目タイトルは「VRAINS」に決定、舞台はVR空間

アクセスランキングをもっと見る