人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uバーチャルコンソール8月20日配信タイトル ― 『FE外伝』『ストリートファイターZERO2』『ミスタードリラー2』の3本

任天堂 Wii U

ファイアーエムブレム 外伝
  • ファイアーエムブレム 外伝
  • 2人の主人公が活躍するシリーズ第2作
  • ストリートファイターZERO2
  • スーファミの限界に挑戦した対戦格闘
  • ミスタードリラー2
  • 穴掘りアクションの人気を決定付けたシリーズ第2作
任天堂は、8月20日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

8月20日よりニンテンドーeショップにて配信開始となるWii Uバーチャルコンソールタイトルは、ファミコンソフト『ファイアーエムブレム 外伝』、スーパーファミコンソフト『ストリートファイターZERO2』、ゲームボーイアドバンスソフト『ミスタードリラー2』の3作品です。

初のバーチャルコンソール化となる『ストリートファイターZERO2』は、スーパーファミコンで唯一発売された『ストリートファイターZERO』シリーズで、すでに主流になりつつあった当時の次世代機であるPlayStationやセガサターンの同ソフトよりも後発という異例の形での発売になりました。容量の都合上、オリジナル版からカットされた部分も多いものの、スーパーファミコンソフトとしての限界に挑戦した評価されるべきソフトとも言われています。


◆ファイアーエムブレム 外伝


配信予定日:2014年8月20日
価格:514円(税込)

オリジナル版ハード:ファミコン
オリジナル版発売日:1992年3月14日
発売元:任天堂
ジャンル:シミュレーションRPG

『ファイアーエムブレム 外伝』は、1992年に任天堂よりファミコンソフトとして発売されたシミュレーションRPGで、『ファイアーエムブレム』シリーズの第2弾です。「バレンシア大陸」で起こった戦乱を機に立ち上がった2人の主人公「アルム」と「セリカ」が、それぞれの部隊を率いて戦いに挑みます。2つの部隊をプレイヤーの好きなペースで進軍させることができます。

「村人」「傭兵」「魔道士」などのユニットに指示を出して勝利を目指す本作。戦闘での勝利へのカギはユニットの特長を理解して活かすことにあります。遠距離攻撃ができるユニットによる先制攻撃などで戦いを有利に進めましょう。ゲームを進行するとユニットのクラスチェンジが可能となり、より強力なユニットへとパワーアップさせることも可能です。

(C)1991 Nintendo/INTELLIGENT SYSTEMS


◆ストリートファイターZERO2


配信予定日:2014年8月20日
価格:823円(税込)

オリジナル版ハード:スーパーファミコン
オリジナル版発売日:1996年12月20日
発売元:カプコン
ジャンル:対戦格闘

『ストリートファイターZERO2』は、1996年にアーケードに登場し、同年カプコンよりスーパーファミコンソフトとして発売された対戦格闘ゲームで、『ストリートファイターZERO』シリーズのひとつです(スーパーファミコンで同シリーズは本作のみしか発売されていません)。『ストリートファイター』シリーズの人気キャラクター「さくら」は本作が初登場作品です。

『ストリートファイター』シリーズの基本的なアクションに加えて、強力な必殺技「スーパーコンボ」や、一定時間高速になる「オリジナルコンボ」などを爽快な技を繰り出せる要素を搭載。「空中ガード」や「ダウン回避」、「ZEROカウンター」などにより戦略性も飛躍的にアップし、格闘ゲームとして大きく進化を遂げています。

(C)CAPCOM U.S.A., INC. 1996, 2014 ALL RIGHTS RESERVED.


◆ミスタードリラー2


配信予定日:2014年8月20日
価格:702円(税込)

オリジナル版ハード:ゲームボーイアドバンス
オリジナル版発売日:2001年3月21日
発売元:ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)
ジャンル:穴掘りアクション

『ミスタードリラー2』は、2000年にアーケードに登場し、2001年にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)より発売された「穴掘りアクションゲーム」で、『ミスタードリラー』シリーズの第2作です(第1作はゲームボーイアドバンスでは発売されていません)。主人公「ホリ・ススム」を操作して、色分けされた地面のブロックをひたすら掘り、地下のゴールを目指します。

むやみに壊して崩れてきたブロックに潰されたり、「エア」がなくなったりするとミスになります。頭上の状況やエアの残量を気にして、時には「エアカプセル」で補給を取りながら掘り進みましょう。パズル要素も強く、同色のブロックを4つ以上くっつけて消滅させることも攻略のポイントです。

(C)2001 BANDAI NAMCO Games Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  2. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  6. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  7. 3DS/スマホ『レディレイトン』発表!シリーズ最新作は“レイトン教授の娘”の物語

  8. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  9. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  10. 【3DS DL販売ランキング】『妖怪ウォッチ3 スシ』連続首位、電子コミック『デジコロ』続々ランクイン(7/28)

アクセスランキングをもっと見る

page top