人生にゲームをプラスするメディア

必要なものは知恵とスキル!地底探索摩訶不思議アクション『クニットアンダーグラウンド』Wii Uに登場

任天堂 Wii U

地底探索摩訶不思議アクション『クニットアンダーグラウンド』が日本で登場
  • 地底探索摩訶不思議アクション『クニットアンダーグラウンド』が日本で登場
  • クニット(小人)の「ミィ」を操作して広大な地底世界を冒険
  • ボール状態に変身すれば・・・
  • 「サンダーロープ」で移動範囲も広がる
  • バウンドを利用して高い場所にも移動可能
  • さまざまな場所を探索、探索!
  • 待ち受ける仕掛けを突破した先に待ち受けるものは・・・
  • Wii U GamePadにはマップを表示
フライハイワークスは、Wii Uダウンロードソフト『クニットアンダーグラウンド』を配信すると発表しました。

『クニットアンダーグラウンド』は、知恵とスキルで超広大な地下空間を探索する「地底探索摩訶不思議アクション」ゲームです。スプライトと呼ばれる種族が地下に住まう世界を舞台に、世界の崩壊を止めるべく、選ばれしクニットである主人公「ミィ」が世界に散らばる6つの鐘を鳴らす冒険に旅立ちます。


◆ボール状態に変身して道を切り拓く

スウェーデン語で小人という意味をさす「クニット」の「ミィ」は、自分のカタチを一時的に「ボール状態」にすることができます。ボール状態時は、高くバウンドすることができるため、通常では届かないような場所へ移動することが可能となります。

ボール状態のときは、「赤ロボット」に対して「サンダーロープ」を発動することで、振り子のようにスイングすることが可能です。うまく慣性を付けてスイングすれば、さらに普通のバウンドではいけないような場所へ移動することができます。


◆超広大な地底空間と探し尽きないヒミツ実績

「ミィ」を待ち受けているのは、最終的に1500画面分を超える広大な地底空間と、数々の「ヒミツ実績」たち。「なるほど!」と納得いくものから「こんなのわかるかい!」と理不尽ないうものまで、さまざまなヒミツが隠されているようです。ゲーム自体が一つの大きなパズルのように、プレイヤーの探求心とチャレンジ精神に挑んで来ます。それに受けて立つかはプレイヤー次第です。


◆ゲーム紹介映像

YouTubeやニコニコ動画では、本作の紹介映像が公開されています。独特で不思議な世界観と、スピーディでパズル要素も色濃いアクションに注目です。

■【WiiU】クニットアンダーグラウンド【ダウンロードソフト】

YouTube 動画URL:http://youtu.be/obnucCWeLY4
ニコニコ動画 動画URL:http://www.nicovideo.jp/watch/1407425889

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『クニットアンダーグラウンド』は、2014年8月20日配信開始予定で価格は1,200円(税込)です。

Knytt Underground (C) 2013 Nifflas’ Games. Published by Ripstone Ltd and developed by MP2 Games/Nifflas’ Games.
“Knytt Underground” is a trademark of Nifflas’ Games. All rights reserved. Japan version published by Flyhigh Works.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  2. 【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

    【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  5. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  6. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  7. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  8. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top