人生にゲームをプラスするメディア

「進撃の巨人展」チケット詳細と展示内容を公開、1/1超大型巨人や「立体機動装置」を体感できる3Dシアターなど

その他 全般

「進撃の巨人展」ビジュアル
  • 「進撃の巨人展」ビジュアル
  • 「進撃の巨人展」チケット詳細と展示内容を公開、1/1超大型巨人や「立体機動装置」を体感できる3Dシアターなど
  • 「進撃の巨人展」チケット詳細と展示内容を公開、1/1超大型巨人や「立体機動装置」を体感できる3Dシアターなど
  • 「進撃の巨人展」チケット詳細と展示内容を公開、1/1超大型巨人や「立体機動装置」を体感できる3Dシアターなど
  • 「進撃の巨人展」チケット詳細と展示内容を公開、1/1超大型巨人や「立体機動装置」を体感できる3Dシアターなど
アンティルは、「進撃の巨人展」のチケット情報の詳細と、展示内容の一部を公開しました。

「進撃の巨人展」は、11月28日より、上野の森美術館にて開催される漫画「進撃の巨人」の世界を体感できる展示会です。今回、チケットの先行販売を行うにあたり、チケット販売の詳細な情報と現在公開可能な展示内容について公開されました。また、これまでベールに包まれていた「進撃の巨人展」の詳しい展示内容が、スペシャルサイトにて一部公開されています。

本展示は、漫画「進撃の巨人」の原画はもちろん、絶望と恐怖に彩られた物語の世界観や、巨人との戦闘で沸き立つスピード感を体感できる、造形や立体映像をも融合させた総合展示です。漫画という平面世界から立ち上がり、観る人の五感をゆさぶる迫力を全身で堪能することができます。

チケットは8月9日14:00より、ローソンチケットにて先行抽選販売がスタートします(一般販売は8月30日10:00より)。チケットは全日日時指定制で、11月28日~11月30日の先行公開日に入場する為のチケットです。会期は前期 12月1日~12月31日、後期 1月1日~1月25日と分かれており、それぞれの一般販売開始は9月27日10:00~となっています。

◆進撃の巨人展


・会期:2014年11月28日~2015年1月25日
・先行公開日程:11月28日・29日・30日
・前期日程:12月1日~12月31日※休館日無し(年末・年始も開催)
・後期日程:1月1日~1月25日※休館日無し(年末・年始も開催)
・会場:上野の森美術館(住所 東京都台東区上野公園1-2 TEL:03-3833-4191)
・主催:「進撃の巨人展」製作委員会
・開催時間:平日|10:00~17:00 / 土日祝 10:00~20:00(12/30、12/31、1/1、1/2は祝日扱い)

■入館時間
来場される方の鑑賞環境を考慮し、会期中は「全日・日時指定」での入場となります。各回退館時間の指定はありません。それに伴い、前売りチケット・当日チケット共に、日時指定券のみの販売となります。また、グッズを購入の際には、展覧会チケットが必要となります。

・1回目入場開始時間(最終入場時間):10:00 ~(11:30)
・2回目入場開始時間(最終入場時間):12:00 ~(13:30)
・3回目入場開始時間(最終入場時間):14:00 ~(15:30)
・4回目入場開始時間(最終入場時間):16:00 ~(17:30) ※土日祝のみ
・5回目入場開始時間(最終入場時間):18:00 ~(19:30) ※土日祝のみ
※3歳以下は、入館無料です(但し、保護者同伴)。なお、団体割引、高齢者割引等の各種割引はありません。

混雑状況により、待ち時間が発生してしまう場合があります。また、内容や演出に一部過激な表現があります。お子様の入場の際は、ご注意下さい。小学生以下入場可能ですが、高校生以上の同伴者が必要です。

◆チケット販売概要


「進撃の巨人展」は、日時指定チケットのみの販売です(各回退館時間の指定はありません)、チケットは、ローソンチケットにて販売します。また、グッズを購入の際には、展覧会チケットが必要となります。

■先行抽選販売
・先行公開日程:11月28日~11月30日入場分
・Lコード:30111
・抽選販売期間:8月9日14:00~8月24日23:59
※先行抽選販売は、ローソンチケットでの受付となります。

■一般販売
「先行公開日程:11月28日・29日・30日」
・Lコード:30111
・一般発売:8月30日10:00

「前期日程:12月1日~12月31日」
・Lコード:30112
・一般発売:9月27日10:00

「後期日程:2015年1月1日~1月25日」
・Lコード:30101
・一般発売:9月27日10:00

■チケット料金
・前売りチケット(入場券):一般・大学生 1900円 / 中学・高校生 1400円 / 4歳から小学生以下 900円
・当日チケット(入場券):一般・大学生 2000円 / 中学・高校生 1500円 / 4歳から小学生以下 1000円
・当日チケット(360°体感シアター「哮」):600円
・巨人展ツアー音声ガイド(前売・当日共に):800円

■販売方法
・店頭:全国のローソン / ミニストップ設置のLoppi
・電話:24時間対応自動音声対応 0570-084-003 (要Lコード) / オペレーター予約 0570-000-777(10時~20時)
・インターネット:ローソンチケット
・チケットに関する問い合わせ:ローソンチケット 0570-000-777 または-407(10時~20時オペレーター対応)

◆主要展覧会展示内容


コミック累計発行部数4000万部を超える漫画「進撃の巨人」。今や日本で最も読まれている漫画と言っても過言ではない「進撃の巨人」の魅力は、作者・諫山創の描き出す物語世界にあります。人類を捕食する謎多き「巨人」という存在、巨人の侵入を阻む高い「壁」に囲まれた街、巨人に対抗するために開発された「立体機動装置」。原画の展示はもちろん、本物の「巨人」かのような立体造形、音や衝撃を駆使した大型映像、最新の映像技術による立体映像体験など、原作から生まれた平面世界にとどまらない迫力を全身で味わうことができます。なお、音声ガイドと360°体感シアター「哮」は、入場料と別に料金がかかります。

■リアルスケール超大型巨人
原画展史上空前の造形展示。1分の1リアルスケールで「超大型巨人」を立体造形化し、まるで物語の世界に足を踏み入れ、本物の巨人に遭遇したかのような恐怖を演出します。立体的なオブジェクトだけが訴え得る迫りくる恐怖は、美術館を離れた後もいっそう印象深く、物語にリアリティーを与え続けます。

■生原画 + 諫山創 特別描き下ろし原画展示
諫山創の作品世界が生まれるプロセスにふれることができる、生原画の展示を行います。「進撃の巨人」の原画の展示は、本展が初となります。また、本展のために特別に描き下ろした画も同時公開します。

■オープニングシアター「上野、陥落の日」
入館後、一気に「進撃の巨人」の物語世界へと誘う、全身体感型オープニングシアター。一人の「人類」である観覧者は、そこで初めて巨人と遭遇し、その恐怖と絶望を体験することになります。映像、音声、振動などのギミックが観る人を刺激し、シアターを超えた体験を提供します。

■アニメ声優による音声ガイド
館内の展示をより深く楽しんでいただくために、アニメ版「進撃の巨人」の声優陣録り下しの音声ガイドを用意しています。出演は、エレン、ミカサ、アルミン、リヴァイ、ハンジの5人(予定)。人気のキャラクターと一緒に展示を回遊するような感覚が味わえる、マニア必携のガイドです。

■360°体感シアター「哮」
バーチャルに兵団の一員となって「立体機動装置」の浮遊感が体験できる、「Oculus Rift」による 360°の3Dシアターです。最新の映像技術が「進撃の巨人」の物語空間を出現させ、実際にその場にいるような圧倒的な没入感を味わえます。現在の映像技術ではこれ以上ない、「進撃の巨人」の仮想現実空間です。

※Oculus Rift(オキュラス・リフト)
アメリカのオキュラス社が開発・製造したバーチャルリアリティー(以下 VR)のヘッドセット端末。広範な視野にわたって 3D 映像が映し出され、頭部の動きや傾きに応じてVR光景が変化します。まるで仮想空間の中に居るような錯覚を感じることで、世界で注目されています。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』第2世代ポケモンが今週実装か?、『どこでもいっしょ』などがスマホ向けに展開、PS Plusの12月配信のコンテンツを紹介…など(12/7)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』第2世代ポケモンが今週実装か?、『どこでもいっしょ』などがスマホ向けに展開、PS Plusの12月配信のコンテンツを紹介…など(12/7)

  2. インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

    インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

  3. P.A.WORKSのお仕事アニメ「サクラクエスト」 2017年4月放送スタート

    P.A.WORKSのお仕事アニメ「サクラクエスト」 2017年4月放送スタート

  4. クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

  5. 「君の名は。」興行収入200億円突破!IMAX上映も決定

  6. 「ブックオフオンライン年間ランキング」ゲーム部門1位は『ドラクエIX』! 旧ハードの作品がずらり

  7. 【昨日のまとめ】『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ、クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」、『妖怪ウォッチ』人気投票の1位は「3兆円」…など(12/6)

  8. 株式会社カラー10周年記念冊子の通販開始…本体価格は無料! 送料162円のみでお届け

  9. セガ、「セガフェス」チャリティの売上金額を発表―お金は被災地支援NPOに全額寄付

  10. 【特集】『たけしの挑戦状2015』の“作りこみが半端ない”ので、エンディングまで攻略してみた

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top