人生にゲームをプラスするメディア

アニメ「ポケモン」がインドで大人気!5710万人が視聴し、その半分が子ども。視聴枠首位も保つ

任天堂 その他

アニメ「ポケモン」がインドで大人気!5710万人が視聴し、その半分が子ども。視聴枠首位も保つ
  • アニメ「ポケモン」がインドで大人気!5710万人が視聴し、その半分が子ども。視聴枠首位も保つ
  • アニメ「ポケモン」がインドで大人気!5710万人が視聴し、その半分が子ども。視聴枠首位も保つ
インドでライセンスエージェント事業を手掛けるドリームシアターは、インドでのポケモンアニメ放送が非常に好調である旨を発表しました。

インドではハンガマTV(ディズニーチャンネルネットワークのキッズチャンネル)で今年5月19日にはじまったポケモンアニメですが、綿密な編成と宣伝戦略によりこれまでインド全域で5710万人、うち子供は2420万人がポケモンアニメ放送を視聴し、放送開始より毎週プライムタイム枠(夜の看板番組放送)で視聴枠首位を保っているとのこと。

ドリームシアターはハンガマTVへの番組販売だけでなく、インド・南アジアでのポケモンのライセンス・商品化も手掛ける予定で、2015年1月より玩具・ぬいぐるみ・アパレル・学用品などの投入を進めています。

また、ドリームシアターのCEO・創始者のジギー・ジョージ氏、ディズニー・インディア、メディアネットワーク局編成ディレクターのデビカ・プラブ氏、株式会社ポケモンの専務執行役員 伊藤憲二郎氏のコメントも掲載されています。

■ドリームシアターのCEO・創始者のジギー・ジョージ氏
「ポケモンに対する興奮と情熱を共有するハンガマ TVと取り組めて大変嬉しい。この取組みによりポケモンは新たな人気を獲得するだろう。インドのライセンス領域においてポケモン現象を再び起こし、長く愛されるプロパティに育てることにワクワクしている」

■ディズニー・インディア、メディアネットワーク局編成ディレクター、デビカ・プラブ氏
「楽しさ、冒険、スポーツマンシップ、友情など、子供たちが大好きな要素が詰まったポケモンは、ハンガマTVが求めるテーマそのものです。ポケモンシリーズに対する視聴者の反応は驚異的で、その成功は面白い要素が詰まった素晴らしいコンテンツは今日の子供たちを興奮させるに足る、ということを証明しています。この世界的な人気シリーズを我々のチャンネルにもたらしたドリームシアターと協業できて嬉しい」

■株式会社ポケモンの専務執行役員 伊藤憲二郎氏
「我々はポケモンの再ローンチに際し、インド市場を熟知し、チャレンジ精神に富むパートナーとして、ドリームシアターを選んだ。彼らがハンガマTVと共にブランド再構築に向けたステップを順調に踏み、子供たちの心を捉えることできて非常に嬉しい。彼らと共に、インドにおけるブランドの価値をしっかり確立したい」


(C)2014 Poke'mon. c1995-2014 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・ Poke'monは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
《すしし》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  5. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  8. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  9. ポケモン×イングレスな『Pokemon GO』発表会 リアルタイムレポート(更新終了)

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top