人生にゲームをプラスするメディア

SNK、著作権侵害で「ハイスコアガール」出版元のスクウェア・エニックスを刑事告訴

その他 全般

SNK、著作権侵害で「ハイスコアガール」出版元のスクウェア・エニックスを刑事告訴
  • SNK、著作権侵害で「ハイスコアガール」出版元のスクウェア・エニックスを刑事告訴
  • SNK、著作権侵害で「ハイスコアガール」出版元のスクウェア・エニックスを刑事告訴
SNKプレイモアは、スクウェア・エニックス及び同社出版部門の関係者を刑事告訴したと発表しました。

問題となっているのは、スクウェア・エニックスが発行している「月刊ビッグガンガン」にて連載中の「ハイスコアガール」。1990年代に登場した『ストリートファイターII』を通じて知り合った少年と少女の成長の変革を、ゲームを交えて描いているラブコメ漫画。その青春劇の模様が、ゲームユーザーを中心に反響を呼び、アニメ化が決定したほどの人気を誇っています。

その「ハイスコアガール」の内容に対し、SNKプレイモアは「当社が著作権を有する多数のゲームプログラムのキャラクターを複製使用した」との見解を露わとし、スクウェア・エニックスに対して違法行為を厳重抗議すると共に、同作品の電子書籍、単行本、月刊誌その他の販売の即時停止を再三申し入れたとのこと。しかし誠意ある対応がなされなかったため、今回の刑事告訴に踏み切ったと述べています。

当時のゲーム事情を下地としている「ハイスコアガール」には、SNKプレイモアのみならず、セガやコナミをはじめ、他社のゲームも多数登場しています。タイトーは現在、スクウェア・エニックスの子会社となっているため、問題はありません。またカプコンは公式なコラボレーションを多数行っていることから、こちらも権利関係をクリアしている見通しが高いものと思われます。ですが現段階では、権利問題がどこまでクリアされているのか、はっきりとした情報はありません。

なお単行本の巻末には、登場したゲームをリリースした各企業のクレジットが掲載されており、許諾を得たような形として表記されています。SNKプレイモアの主張が正しければ、無断使用のみならず、誤解を招いた表現も大きな問題となりそうです。

SNKプレイモアの訴えが如何なる展開を迎えるのかは今後の動向を待つこととなりますが、もしメーカーによって権利取得にばらつきがあるとすれば、今回の問題がもたらす影響はこれからなお広がるものと思われます。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

    【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

  2. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

    ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  3. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

    【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

  4. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到、「PlayStation VR」二次予約受付…各店舗の状況は?、『Project Sonic』海外発表…など(7/23)

  5. 弓矢でサバゲー! レジャー施設「CROSPO」に導入された“セーフアーチェリー”、矢がスポンジ製の安心設計

  6. 【昨日のまとめ】待望の国内配信がスタートした『ポケモンGO』、お役立ち情報からサーバーダウンまで話題一色…(7/22)

  7. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  8. 劇場版「遊戯王」が4DX/MX4Dに!今秋上映決定

  9. 【昨日のまとめ】マクドナルドが『ポケモンGO』とコラボ、『ポケモン サン・ムーン』ばけのかわポケモン公開、『ポケモンGO』データ通信料1年間無料サービス…など(7/20)

  10. USJ、今年も“やり過ぎ”なホラーイベント実施…「生きた虫」やVR映像を駆使する最恐アトラクションも

アクセスランキングをもっと見る

page top