最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
SNK、著作権侵害で「ハイスコアガール」出版元のスクウェア・エニックスを刑事告訴

SNK、著作権侵害で「ハイスコアガール」出版元のスクウェア・エニックスを刑事告訴

2014年8月6日(水) 12時12分
  • SNK、著作権侵害で「ハイスコアガール」出版元のスクウェア・エニックスを刑事告訴の画像
    SNK、著作権侵害で「ハイスコアガール」出版元のスクウェア・エニックスを刑事告訴
  • SNK、著作権侵害で「ハイスコアガール」出版元のスクウェア・エニックスを刑事告訴の画像
    SNK、著作権侵害で「ハイスコアガール」出版元のスクウェア・エニックスを刑事告訴

SNKプレイモアは、スクウェア・エニックス及び同社出版部門の関係者を刑事告訴したと発表しました。

問題となっているのは、スクウェア・エニックスが発行している「月刊ビッグガンガン」にて連載中の「ハイスコアガール」。1990年代に登場した『ストリートファイターII』を通じて知り合った少年と少女の成長の変革を、ゲームを交えて描いているラブコメ漫画。その青春劇の模様が、ゲームユーザーを中心に反響を呼び、アニメ化が決定したほどの人気を誇っています。

その「ハイスコアガール」の内容に対し、SNKプレイモアは「当社が著作権を有する多数のゲームプログラムのキャラクターを複製使用した」との見解を露わとし、スクウェア・エニックスに対して違法行為を厳重抗議すると共に、同作品の電子書籍、単行本、月刊誌その他の販売の即時停止を再三申し入れたとのこと。しかし誠意ある対応がなされなかったため、今回の刑事告訴に踏み切ったと述べています。

当時のゲーム事情を下地としている「ハイスコアガール」には、SNKプレイモアのみならず、セガやコナミをはじめ、他社のゲームも多数登場しています。タイトーは現在、スクウェア・エニックスの子会社となっているため、問題はありません。またカプコンは公式なコラボレーションを多数行っていることから、こちらも権利関係をクリアしている見通しが高いものと思われます。ですが現段階では、権利問題がどこまでクリアされているのか、はっきりとした情報はありません。

なお単行本の巻末には、登場したゲームをリリースした各企業のクレジットが掲載されており、許諾を得たような形として表記されています。SNKプレイモアの主張が正しければ、無断使用のみならず、誤解を招いた表現も大きな問題となりそうです。

SNKプレイモアの訴えが如何なる展開を迎えるのかは今後の動向を待つこととなりますが、もしメーカーによって権利取得にばらつきがあるとすれば、今回の問題がもたらす影響はこれからなお広がるものと思われます。

(Article written by 臥待 弦(ふしまち ゆずる))

その他アクセスランキング