人生にゲームをプラスするメディア

『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』約3週間で、累計出荷本数200万本を突破

任天堂 3DS

『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』約3週間で、累計出荷本数200万本を突破
  • 『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』約3週間で、累計出荷本数200万本を突破
  • 『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』約3週間で、累計出荷本数200万本を突破
レベルファイブは、3DSソフト『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』の累計出荷本数が200万本を突破したと発表しました。

シリーズ1作目となる『妖怪ウォッチ』は、その完成度が口コミで広まり、またTVアニメの好評を受けてミリオンタイトルへと成長。その続編となる『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』は、発売1ヶ月を待たずに累計出荷数がダブルミリオンを記録しました。

本作は、発売初週だけで130万本を超える売れ行きを見せ、予想を上回る好調なスタートを切りました。そして発売日の7月10日から数え、約3週間で出荷本数200万本を達成した形となりました。その人気ぶりは過熱する一方と言え、夏の活気に負けぬ勢いを放ち続けています。

前作も長く売れ続けた実績を持つだけに、本作の売れ行きもまだまだ続くと思われます。最終的にどこまでの売上を記録するのか、本作に興味を持つユーザーのみならず、業界全体が注視することでしょう。

『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』は、好評発売中。価格は、パッケージ版・ダウンロード版ともに4,968円(税込)です。

(C)2014 LEVEL-5 Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

    任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  2. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

    ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  3. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

    スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  4. 『ゼルダの伝説 BoW』amiiboを使うと何が起きるの? 入手アイテムなどを一挙紹介…“古代の素材”など気になるものも

  5. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  6. ニンテンドースイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  7. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  8. スイッチ『いっしょにチョキッと スニッパーズ』はロンチソフトに、公式サイトがオープン

  9. あの『超惑星戦記メタファイト』が復活!インティ・クリエイツ新作『ブラスターマスターゼロ』2017年春発売

  10. 2月25日・26日に大阪でニンテンドースイッチ体験会が開催、『ゼルダの伝説 BotW』『1-2-Switch』が体験可能

アクセスランキングをもっと見る