人生にゲームをプラスするメディア

『ゼルダ無双』はどのように生まれ、その道のりに何があったのか…宮本氏や「モー娘。」飯窪さんが登壇した完成発表会レポ

任天堂 Wii U

『ゼルダ無双』はどのように生まれ、その道のりに何があったのか…宮本氏や「モー娘。」飯窪さんが登壇した完成発表会レポ
  • 『ゼルダ無双』はどのように生まれ、その道のりに何があったのか…宮本氏や「モー娘。」飯窪さんが登壇した完成発表会レポ
  • コーエーテクモゲームス・代表取締役社長「襟川 陽一氏」
  • 任天堂・専務取締役「宮本 茂氏」
  • プロデューサー・「鯉沼 久史氏」
  • 開発プロデューサー「早矢仕 洋介氏」とスーパーバイザー「青沼 英二氏」
  • トークコーナー
  • 限定版の特典
  • モーニング娘。'14「飯窪 春菜さん」
コーエーテクモゲームスは、Wii Uソフト『ゼルダ無双』の完成発表会を本日行いました。

国内外に多くのファンを持つ『ゼルダの伝説』シリーズと、一騎当千な活躍ぶりを楽しめる『無双』シリーズによる驚きのコラボレーションが実現した『ゼルダ無双』。昨年末の発表から既に大きな話題を呼んでいましたが、参戦キャラクターの数々や爽快感が伝わるプレイ動画が公開されるたびに、本作に寄せる関心や期待は更に増すばかりでした。

そして来月の発売を前に、本作の完成発表会が実施。またリアルタイムとなる、ニコニコ生放送での中継も行われました。開始前からニコ生のコメントは期待感に満ちていましたが、英語での書き込みが散見されたのも印象的でした。

発表会が始まると、コーエーテクモゲームスの代表取締役社長・襟川陽一氏が登壇。ユーザーの方々に日頃の愛顧を感謝し、3年がかりの開発となった『ゼルダ無双』が完成を迎えて感無量との想いを述べます。

次に、『ゼルダの伝説』の生みの親でもある、任天堂の専務取締役・宮本茂氏が登場。「簡単な操作で、『スカイウォードソード』の最終面に近いような爽快感がある、面白い仕上がり。ボリュームもかなりあります」と、本作の魅力を強くアピールしました。

そして発表会開始の挨拶を最後に締めくくったのは、『ゼルダ無双』総合プロデューサー・鯉沼久史氏。本作の完成を喜びながら、「今までにないゼルダゲームに仕上がっていると思います」と、新たな刺激やプレイ体験が用意されている自信を露わとしました。

挨拶が終わった後は、『ゼルダ無双』スーパーバイザー・青沼英二氏と、開発プロデューサー・早矢仕洋介氏による本作の紹介が始まります。まずは、「ゼルダの世界で一騎当千」というコンセプトのもとに、オリジナルストーリーの展開や、『時のオカリナ』『トワイライトプリンセス』『スカイウォ-ドソード』の3作品がステージのモチーフとなったことなど要素を明かしつつ、デモプレイを交えながらの解説へと移りました。

デモプレイのローディング画面には懐かしのドット絵をあしらうなど、今の『ゼルダ』シリーズだけでなく、懐かしの『ゼルダ』のテイストも随所に見られる本作。プレイ中にも、シリーズお馴染みの効果音で宝箱を開けたり、草も切れるお約束なども披露。その反面、リアルタイムにレベルアップして攻撃力や体力が増えていくといった、『ゼルダ』シリーズにはなかった要素も飛び出しました。またデモプレイ解説の後には、特別な限定版に付属するマフラーや宝箱型小物なども登場し、ファン心をくすぐるアイテムのお披露目が行われました。

ここからは、青沼氏、鯉沼氏、早矢仕氏の3人によるトークセッションがスタート。『ゼルダの伝説』と『無双』のコラボレーションを実現する自信はあったかと問われると、鯉沼氏は「様々なコラボレーションを行ってきた実績はあった。しかし、社内一丸になってやらないと無理だろうとも思った」と語り、それぞれ多くの代表作を持つ開発チーム「オメガフォースチーム」と「チームニンジャ」から、本作の開発メンバーを再編したことを明かします。ゲーム内容だけでなく、開発に関しても社内コラボレーションが行われていました。

続いて、印象に残っていることを問われた早矢仕氏は、『ゼルダ』が好きな開発者が多かったため、それだけに「大好きなんだけど怖じ気づいてしまう」というジレンマへと陥り、「こんなに変えていいのか、変えちゃいけないんじゃないかと、(ゲーム性が)どんどん『ゼルダ』シリーズに寄っていってしまう」と告白しました。そんな時には「青沼さんに、「そうじゃないんだ」と壊していただきました」との流れがあったとのこと。新しい『ゼルダ』への挑戦を青沼氏自身も強く望んでいたことが改めて伝わるエピソードと言えます。

またこのトーク中に、請われる形で宮本さんが登壇。本作への感想を問われると、「遊んでいて、悩むゼルダではなく、汗をかくゼルダ」と、その違いを分かりやすく述べた上で、「色んなキャラが遊べるのが嬉しい、まずはインパで遊んでしまった」と、本作ならではの要素に魅力を感じた様子がうかがえます。

トークセッションが終わると、スペシャルゲストとなる飯窪春菜さん(モーニング娘。'14)がステージに姿を現します。なんと保育園児の頃から遊んでいたという、かなりの『ゼルダ』ファンぶりが判明。本シリーズの魅力について聞かれると、「アイテムが増えていくと、出来ることの幅が増えて楽しい」と答えますが、その返答に青沼氏が「まさにその通り」と、飯窪さんのコメント内容を強く支持。本シリーズの魅力を確かに感じ取ってくれた飯窪さんに対し、満面の笑みを浮かべる青沼氏が印象的でした。

『ムジュラの仮面』や『神々のトライフォオース2』なども遊んだ飯窪さん。しかし、一番思い入れがあるのは『時のオカリナ』とのこと。当時は幼かったため謎解きが難しく、「すぐナビィに頼ったり、不安になるとオカリナを吹いてサリアと話してました」と、アイドルとしてではなく一人のユーザーとして、本シリーズを愛してきた生の声がこぼれます。

「リッスンって聞くと、テンション上がります(笑)」とも語る飯窪さんが、直接ゲームプレイに挑戦。『無双』シリーズは初体験と話していましたが、ゲーム慣れしているのか、『ゼルダ無双』初プレイながらも敵をスムーズに撃破。塞がれた岩もバクダンで難なく壊し、『ゼルダ』のお約束が染みついたプレイで魅せてくれます。また本作に登場する妖精の「リッスン!」を聞くと、「声が違いますね」と鋭く指摘。『時のオカリナ』のナビィとは別の妖精なので当然声も異なるわけですが、その違いを一発で見抜くあたり流石の一言です。

プレイを終えた飯窪さんは、「素敵な時間を過ごせて光栄です」と笑顔で語り、「大好きなキャラたちで今までとは違う遊び方ができる、夢のような時間でした。たくさんの人に『ゼルダ無双』を愛して欲しいです」と、自分が感じたばかりの楽しさをこのような言葉で表現しました。

続いて、早矢仕氏からは「コラボレーションタイトルであると同時に、お祭りソフトでもあります。様々なアイデアが満載なので、この夏にじっくりと楽しんでください」とのコメントが寄せられ、また青沼氏は「ゼルダファンが喜ぶことをどんどんやってくれた。それを、皆さん隅々まで楽しんでください」と、本作の出来に対して太鼓判を押します。

そして最後に鯉沼氏が「『ゼルダ無双』、完成しました。こんなキャラも動かせるんだという楽しさや、ゼルダ無双じゃないと味わえないストーリーなど、ぜひご期待ください」と述べ、多くの方が待ち望んだ本作の完成発表会が締めくくられました。

本作の発売日は、8月14日。今から約2週間後となりますが、待ちきれないという方も多いでしょう。そんな方は、TV放映よりも一足早く公開されたCMを閲覧しながらお待ちください。馴染み深い、それでいてまったく新たな冒険の幕開けは、もうすぐです。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=tTvSOtpV7Lk

『ゼルダ無双』は、2014年8月14日発売予定。価格は、パッケージ版が7,389円(税抜)、ダウンロード版が6,463円(税抜)、プレミアムBOXが10,800円(税抜)、TREASURE BOXが13,800円(税抜)です。

(C)Nintendo
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.Licensed by Nintendo
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

    【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  2. 『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』発表! 3DSにシリーズ初登場…「まったく新しいパワプロ」

    『実況パワフルプロ野球 ヒーローズ』発表! 3DSにシリーズ初登場…「まったく新しいパワプロ」

  3. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

    【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  4. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  5. 『ポケモン』「イーブイ」のぬいぐるみ型PCクッションが登場、ぎゅっと抱きしめながら快適な作業が可能

  6. 任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表

  7. 【3DS DL販売ランキング】『蒼き雷霆 ガンヴォルト 爪』初登場9位、『ルーンファクトリー4』ランキング浮上(8/25)

  8. 任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

  9. ゲーム作成&配信可能な3DS『RPGツクール フェス』発表! 配信されたゲームは『ツクールプレイヤー』でプレイ可能

  10. 『ゼルダの伝説』30周年記念画集「ハイラルグラフィックス」8月26日発売、歴代アート2,000点以上を収録

アクセスランキングをもっと見る

page top