人生にゲームをプラスするメディア

Xbox Liveで友人とゲーム中に強盗乱入、ボイスチャットに気付かずまもなく犯人逮捕

マイクロソフト Xbox360

今年4月にイギリス南部イーストサセックス州のイーストボーンで発生した強盗事件。犯人の1人を逮捕へと導いたのは、事件の一部始終を音声配信していたXbox Liveのボイスチャット機能でした。わずか2時間のスピード逮捕劇の顛末を、複数の海外メディアが報じています。

4月1日午後5時、19歳のJay Georgiouは仲間1人と共にイーストボーン郊外テンターテン・クローズのアパートへ侵入。持参したモデルガンと台所にあった包丁で3人の住人を脅し、金銭と薬物を要求しました。さらに、保護観察中であった犯人は大胆にも犯行中に監察官からの電話に応答。予定されていた面会へ出席できない旨を伝えています。その後、犯人グループは被害者宅のラップトップと携帯電話、ゲーム機を盗んで逃走しました。

しかし、犯人の1人、Georgiouはわずか2時間足らずで逮捕。その決め手となったのは、被害者が事件直前にXbox Liveでプレイしていた『Call of Duty: Black Ops 2』でした。オンライン状態が維持されていたボイスチャットを通して犯行の一部始終が音声配信され、それを聞いていた同州ブライトン在住の友人が直ちに警察へと通報。友人の説明から即座に位置を特定した警察官によってまもなく逮捕されました。

今月11日、ブライトン裁判所の有罪判決により、Georgiou被告には懲役8年と120英ポンドの罰金が科せられています。しかし、もう1人の強盗犯は依然逃走中。20歳から25歳くらいの赤毛の白人男性と思われ、犯行当時スキーマスクか目出し帽のようなものを被っていたとのことです。現在、捜査中。
《河合 律子》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. 『メタルウルフカオス』海外パブリッシャーが復活を熱望、フロムへラブコール

    『メタルウルフカオス』海外パブリッシャーが復活を熱望、フロムへラブコール

アクセスランキングをもっと見る

page top