人生にゲームをプラスするメディア

『討鬼伝 極』武器アクションから鬼の挙動まで、多岐に渡るアクション要素の改善点を公開

ソニー PSV

『討鬼伝 極』武器アクションから鬼の挙動まで、多岐に渡るアクション要素の改善点を公開
  • 『討鬼伝 極』武器アクションから鬼の挙動まで、多岐に渡るアクション要素の改善点を公開
  • 『討鬼伝 極』武器アクションから鬼の挙動まで、多岐に渡るアクション要素の改善点を公開
コーエーテクゲームスは、PS Vita/PSPソフト『討鬼伝 極』のアクション要素に関する改善点を発表しました。

来月末の発売日に向け、着々と制作が進行している『討鬼伝 極』。前作の物語を収録し、さらにその後の物語や新武器種の追加などボリュームたっぷりの内容が、多くのユーザーを待ち受けています。

もちろんパワーアップされているのはボリュームだけではありません。先日配信されたアクション体験版に対して寄せられたアンケートを元に開発チームが検討を重ね、アクション面においても様々な改善が行われました。その詳細が公式サイトでこのたび発表されたので、こちらでもその一部を紹介させていただきます。

◆アクション要素の改善点・武器


【共通】
■納刀モーションの追加
納刀状態の回避や抜刀攻撃などを追加し、納刀状態と抜刀状態の棲み分けを行いました。

【太刀】
■影残心の追加
影残心を追加しました。○ボタン長押しで発動します。
残心より気力消費量が増加しますが、刀傷が付きやすくなります。

■真空斬の派生追加
真空斬から□ボタンによる追撃を追加しました。

■速攻撃4、強攻撃3の攻撃力調整
速攻撃4、強攻撃3の攻撃力を上昇させました。

■残心解放の攻撃力調整
残心解放時の攻撃力を上昇させました。

■鬼千切の攻撃方向調整
鬼千切の攻撃方向を横から斜めに変更し、高い部位や狙いの部位に当たりやすくなるようにしました。

■残心中の鬼千切の気力消費量調整
残心中、鬼千切を発動している間は気力を消費しないようにしました。

■残心中の翻身斬の気力消費量調整
残心中の翻身斬の気力消費量を低下させました。

【双刀】
■飛燕のバリエーション追加
飛燕を真下にも出せるようにしました。 空中状態で、↓+△ボタン長押しで発動します。

■走りからの地襲連携
走りから地襲を出せるようにしました。

■疾駆からの地襲連携
疾駆から地襲を出せるようにしました。

■鬼千切の挙動調整
鬼千切後の硬直時間を減らし、ヒット後はすぐに動けるように調整しました。

【槍】
■槍衾の派生追加
槍衾成功時に□ボタンで烈塵突に派生するようにしました。
突き攻撃と同様に、溜めに応じて烈塵突の攻撃回数が増えます。

■槍衾の強化
1段階でも溜めればすべての突進を止められるようにしました。

【手甲】
■赤熱打撃5の追加
赤熱打撃5を追加しました。殴打攻撃4の後に△ボタンで発動します。
殴打攻撃1~4が全て好連係だと、赤熱化の効果が上昇します。

■百烈拳の赤熱爆破の追加
百烈拳のフィニッシュを赤熱状態の部位に当てると爆発し、追加ダメージが発生するようにしました。

■好連係の調整
好連係の効果を攻撃力上昇に変更することにより、会心と効果を重ねることができるようにしました。

【鎖鎌】
■空中瞬迅印の追加
空中での瞬迅印発動、瞬迅印解放を追加しました。

■鬼千切の当たり判定調整
鬼千切の当たり判定を延長しました。

■分銅攻撃の複数部位ヒット化
分銅攻撃が複数部位にヒットするようにしました。

■分銅射出の攻撃力調整
溜めによる攻撃力の上昇量を増加させました。

■瞬迅印中の鬼千切の気力消費量調整
瞬迅印中、鬼千切を発動している間は気力を消費しないようにしました。

■瞬迅印中の飛び退き打ちの気力消費量調整
瞬迅印中の飛び退き打ちの気力消費量を、通常時から一定量減らした値となるよう調整しました。

【弓】
■専心の追加
専心を追加しました。○ボタンで発動します。
徐々に気力を消費し移動できなくなりますが、攻撃速度が大幅に上昇し、溜め時間を大幅に短縮します。専心中は、一矢射ち、番え射ち、印矢のみ射てます。

■呪矢の凝視追加
呪矢に凝視を追加しました。呪矢構え中にRボタンを押すことで、注視範囲が狭まる代わりに1つの部位に注視できる上限がなくなります。

■番え足しの追加
番え射ち構え中および構え移動中に△ボタンを押すと番え足すようにしました。
番え足しを行うには、Rボタンで構えを継続している必要があります。

■印矢の飛距離調整
印矢を上方向に射つことで、より遠くへ飛ばせるようにしました。

■抜刀時のダメージ調整
抜刀状態中は“鬼”から受けるダメージが増加するようにしました。

【金砕棒】
■タマフリ構えによる豪腕状態の維持
タマフリ構え中は豪腕状態を維持できるようにしました。

■発止の移動追加
発止の溜め中に移動できるようにしました。

■発止の当たり判定、無敵時間の調整
発止が当たりやすくなるように当たり判定を調整し、溜めに応じて無敵時間が延長するように調整しました。

■振り回し攻撃の当たり判定調整
振り回し攻撃を調整し、豪打が狙いやすくなるようにしました。

■抜刀攻撃の速度調整
抜刀攻撃の攻撃速度を上昇させました。

【薙刀】
■タマフリ構えによる連舞状態の維持
タマフリ構え中は連舞状態を維持できるようにしました。

【銃】
■時限弾の公開
時限弾の情報を公開します。
時限弾は低速で進み、一定時間後に爆発し、霊脈へのダメージが高い性質を持っています。
爆弾を撃ち抜くと、爆弾が時限弾に変化し、爆弾を時限弾にぶつけると時限弾を強制的に爆発させます。霊弾射撃は、爆発までの時間が長くなりますが、威力の高い爆発を起こします。

■装填の操作調整
装填の操作方法を調整しました。
装填準備中、□、△、○ボタンを押すごとに、それぞれに割り当てられた弾種を装填します。連打、長押しにより、気力を消費する代わりに装填速度が上昇します。

■装填の循環追加
装填に循環を追加しました。装填準備中にRボタンを押すことで、装填中の弾を順送りします。
例:「狙散貫貫散散」→「散貫貫散散狙」

■装填表示の位置調整
装填中の弾種表示位置を画面中央から画面右下に変更しました。

■気力消費による装填速度の調整
気力消費による装填速度をさらに上昇させました。

■狙撃弾の霊弾射撃調整
狙撃弾の霊弾射撃の攻撃力を上昇させ、連続で射てないようにしました。

■抜刀時のダメージ調整
抜刀状態中は“鬼”から受けるダメージが増加するようにしました。

◆アクション要素の改善点・“鬼”、その他


【“鬼”】
■小型“鬼”の調整
挙動の全面的な調整を行いました。また、体力を低くし、攻撃を高めることで小型“鬼”戦におけるテンポアップを図りました。

■大型“鬼”の調整
挙動、能力値の全面的な調整を行いました。

【味方の行動】
■回避行動の強化
回避行動を強化しました。

■隠スタイルの挙動調整
隠スタイルで隠形の使用頻度を調整し、適切に使用するように調整しました。

■癒スタイルの挙動調整
癒スタイルで女神ノ社の使用頻度を調整し、適切に使用するように調整しました。

■「集合」時の挙動調整
「集合」時の挙動を調整しました。

【共闘要素】
■連携システムの追加
鬼祓いによる浄化を複数人で行うことにより、共闘ゲージが増加するようにしました。
また、タマフリによる共闘ゲージ増加の機会を増やしました。

■共闘ゲージ増加量の調整
共闘ゲージの増加量を調整しました。

■共闘ゲージの見やすさ調整
視認性を上げるため、共闘ゲージを見やすくなるように調整しました。

【その他】
■朧から入手できるミタマの獲得確率調整
朧から入手できるミタマの獲得確率を大幅に上昇させました。

■タマフリ使用回数の戦場ボーナス
主ミタマの時代区分と出撃する戦場の時代区分が一致した場合、タマフリ使用回数が増加するようにしました。

■好相性エフェクトの追加
武器属性と相性の良い部位を攻撃した時に、専用のエフェクトを表示するようにしました。

■緑の地祇石を再使用可に
緑の地祇石が時間経過で再使用可能になるように変更しました。

■武器合成の条件緩和
ミタマと武器の合成において、ミタマのレベルと武器の馴染み度にかかわらず、合成できるようにしました。

■馴染み度の調整
馴染み度が上がりやすくなるように調整しました。

■地図情報の追加
地図に以下のタマフリの位置情報を追加しました。
不動金縛、女神ノ社、祓殿、虚空ノ顎、隠形

■地図の合図追加
戦闘メニュー表示中に□ボタンを押すことで、地図上に合図を出せるようにしました。

【各種設定】
■注視カメラ上下追従の追加
カメラ設定に「注視カメラ上下追従」を追加しました。
ONにすると、上下の動きについても注視を行います。

■同行者気力表示の追加
システム設定に「同行者気力表示」を追加しました。
ONにすると、同行者の気力が体力の下に表示されます。

■PS Vita TVへのボタン割り振りの追加
PS Vita TVでの操作として、ワイヤレスコントローラーへのボタンの割り振りを追加しました。L2ボタンで作戦を出し、R2ボタンで伝達文を送ることができます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


公式サイトではこの他にも、「戦闘スタイル」や「スキル」の改善点などを明かしており、どちらも多岐に渡る内容を記載しています。威力の上昇といったバランス調整も多く含まれていますが、激しい戦いを勝ち抜くためにはいずれも重要な要素となっているので、発売日に向けての予習も兼ねて、時間のある時にチェックしておきましょう。

『討鬼伝 極』は、2014年8月28日発売予定。PS Vitaのパッケージ版の価格が5,800円(税別)、ダウンロード版が 5,143円(税別)。PSPのパッケージ版の価格が4,800円(税別)、ダウンロード版が 4,286円(税別)です。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【PSX 16】『パラッパラッパー』がPS4に登場!『パタポン』と『ロコロコ』もリリース予定

    【PSX 16】『パラッパラッパー』がPS4に登場!『パタポン』と『ロコロコ』もリリース予定

  2. 【PSX 16】Decimaは出島!『デス・ストランディング』パネル映像―Guerrilla Gamesとの強固な絆も明らかに

    【PSX 16】Decimaは出島!『デス・ストランディング』パネル映像―Guerrilla Gamesとの強固な絆も明らかに

  3. PS4『パラッパラッパー』2017年国内発売決定!12月5日からは体験版の配信も

    PS4『パラッパラッパー』2017年国内発売決定!12月5日からは体験版の配信も

  4. 【PSX 16】リマスター版『クラッシュ・バンディクー』の映像が初披露!

  5. 『Marvel vs Capcom: Infinite』海外向けゲームプレイ映像がお披露目!リュウとアイアンマンが激突

  6. 『GRAVITY DAZE 2』クロウが主役のDLCを2017年3月に無料配信!

  7. 【PSX 16】『ACE COMBAT 7』最新トレイラーお披露目!空の激戦描かれる

  8. 【PSX 16】『デス・ストランディング』新ティーザー「Low Roar」バージョン!―日本語歌詞付き

  9. 『ストリートファイターV』に「豪鬼」と新キャラクター5人を含む新たなシーズンパスが登場!

  10. 【PSX 16】SUDA51新作『LET IT DIE』トレイラー!海外で無料リリース開始

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top