人生にゲームをプラスするメディア

『スマブラ for 3DS / Wii U』「むらびと」や「ルフレ」は色替えの同キャラと判明、しかし「ルキナ」はこだわりの単体キャラ

任天堂 Wii U

『スマブラ for 3DS / Wii U』「むらびと」や「ルフレ」は色替えの同キャラと判明、しかし「ルキナ」はこだわりの単体キャラ
  • 『スマブラ for 3DS / Wii U』「むらびと」や「ルフレ」は色替えの同キャラと判明、しかし「ルキナ」はこだわりの単体キャラ
任天堂は、Wii U/3DSソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U』の登場キャラクターに関する最新情報を公開しました。

先日の発表で、シリーズを通してお馴染みとなる「キャプテン・ファルコン」や、『ファイアーエムブレム 覚醒』の「ルフレ」「ルキナ」の参戦が告知され、本作を待ち望むユーザーに驚きと喜びがもたらされました。

特にルフレに関しては、男性バージョンだけでなく女性バージョンも存在。原作となる『FE 覚醒』でも男女選択が可能だったキャラなので、両バージョンが用意されているという発表は、原作ファンにとって紛れもない朗報と言えるでしょう。

多彩なキャラクターも魅力のひとつと言える『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS / Wii U』ですが、その更なる情報が公式Twitterで明らかとなりました。



ルフレと共に参戦が決定したルキナですが、その体術は伝説の英雄王マルスと同じものになるとのこと。その「縁」に関しては、『FE 覚醒』をプレイした方ならばよくご存じのことでしょう。ですが、剣撃の威力面などで異なっているようです。

また前述のルフレも含め、Wii Fitトレーナー男女や村人4人、ピンクスウェット姿なども飛び出したリトルマックなど、姿形や性別が異なるキャラクターが数多く発表されていましたが、彼らは性能上では同じため、色替えのバリエーションとしての切り替えという対応になることも判明しました。

そして同時に、「わずかにでも性能差があるものは別枠」であることも明かされ、ルキナは単体として使用できるとのことです。細部に至るまでこだわりを持って作られていることが伝わってくる情報公開となりました。

そんなこだわりがよく分かる画像もお披露目されているので、最後にこちらを紹介します。


ゲーム中に見る機会はないだろうとしながらも、聖痕までデザインに反映するこの制作姿勢は、「神は細部に宿る」との言葉を想起させる徹底具合と言えます。

『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS』は2014年9月13日発売予定。価格は5,200円(税抜)です。『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』は2014年冬発売予定。価格は未定です。

(C)2014 Nintendo
Original Game: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Poke'mon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Games Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  3. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  4. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 【レポート】レベルファイブ新作発表会「LEVEL5 VISION 2016」発表内容まとめ

  7. キデイランドにて「カービィのプププなサマーキャンペーン」8月27日開催、キュートすぎる新グッズが登場

  8. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  9. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  10. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

アクセスランキングをもっと見る

page top