人生にゲームをプラスするメディア

今言えることは一つ、あの「ニンジャスレイヤー」がゲームになった! ─ 攻略情報は「避けろ」

ソーシャル・オンラインゲーム PCゲーム

今言えることは一つ、あの「ニンジャスレイヤー」がゲームになった! ─ 攻略情報は「避けろ」
  • 今言えることは一つ、あの「ニンジャスレイヤー」がゲームになった! ─ 攻略情報は「避けろ」
  • 今言えることは一つ、あの「ニンジャスレイヤー」がゲームになった! ─ 攻略情報は「避けろ」
  • 今言えることは一つ、あの「ニンジャスレイヤー」がゲームになった! ─ 攻略情報は「避けろ」
  • 今言えることは一つ、あの「ニンジャスレイヤー」がゲームになった! ─ 攻略情報は「避けろ」
「キルラキル」で名を馳せたアニメスタジオ「TRRIGER」がアニメ化を手がけることでも話題を呼んでいるサイバーパンクニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」。その魅力はまず小説という形で発揮され、多くの読者を虜としました。

以後、前述のアニメ化はもちろんのこと、コミカライズにfigma化と、その人気は留まるところを知らず、様々なメディアを舞台に縦横無尽の活躍ぶりを披露しています。そしてこのたび、誰でも楽しめるブラウザ上で遊べるゲームとしても登場を果たしました。



左右の方向キーで移動。ジャンプはZキー。操作はたったこれだけです。ソウカイヤに捕まったナンシー・リーを救うべく駆け抜ける本作は、タイトルもズバリ『急げ! ニンジャスレイヤー』。シンプル操作とジャンプによる踏みつけ攻撃で、迫り来る「ヤクザ」やカトン・ジツの使い手「ファイアイーター」を蹴散らしましょう。

しかし、遊んでみるとすぐに分かると思いますが、これが意外と難しかったりもします。少なくとも、ボーッとしながらでもクリアできるような難易度ではなく、ニンジャスレイヤーはヤクザの一突きで簡単に負けてしまいます。原作では強いニンジャスレイヤーがなぜあっさりやられてしまうのか。その謎は、公式Twitterが明かしています。



そう、「うまく対処している」からです。大事なのはステータスではなく見極めと集中力。それなくしては、ニンジャスレイヤーといえども勝利は覚束ないのです。そしてニンジャ第六感に目覚めることで、不意の事態にも対応できることでしょう。本当に、アクシデントは不意に訪れるのでくれぐれもご注意を!

なお本作『急げ! ニンジャスレイヤー』を作り上げたのは、ネコ忍者コア氏。以前、「ニンジャスレイヤー」のとある場面をゲーム化した『バリキジャンプ』を制作した経歴を持っており、今回の抜擢はその実績を買われた形と言えるでしょう。

レトロなドット風のグラフィックと、機敏かつ繊細なコントロールが達成感を生む『急げ! ニンジャスレイヤー』。歯応えのあるアクションを手軽に楽しみたい方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

■『急げ! ニンジャスレイヤー』URL:http://ninjaslayer.jp/game/
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. MMO『ツリーオブセイヴァー』明日からOβT開始! チーム名&キャラクター作成が可能な事前公開をいち早く実施

    MMO『ツリーオブセイヴァー』明日からOβT開始! チーム名&キャラクター作成が可能な事前公開をいち早く実施

  2. PlayStation NowのPC展開が決定!「DUALSHOCK 4」をPCに接続するアダプターも9月発売

    PlayStation NowのPC展開が決定!「DUALSHOCK 4」をPCに接続するアダプターも9月発売

  3. プラチナゲームズ最新作『ニーア オートマタ』Steam版が海外向けに発表

  4. 『FE』を手がけた加賀昭三のフリーゲーム『ヴェスタリアサーガI』が9月21日公開

  5. MMO『ツリーオブセイヴァー』“アーチャー”の更なるクラスを映像で紹介! オープンβで登場する「マスケティア」「キャノニア」の姿も

  6. MMO『ツリーオブセイヴァー』OBTは8月24日から! 7次職など新たな追加要素も公開

  7. MMO『ツリーオブセイヴァー』新たなクラス紹介映像公開、OBTで実装予定の「テンプラー」「ドラグーン」の姿も

  8. MMO『ツリーオブセイヴァー』“アーチャー”1次から4次クラスまでを映像で紹介、華麗な技の数々を見よ

  9. 【レポート】話題のMMO『ツリー・オブ・セイヴァー』を先行プレイ!ROの良さを残しつつ今風にアレンジ。システムは個性に重点を置く

アクセスランキングをもっと見る

page top