人生にゲームをプラスするメディア

『トニホ』で知られるNeversoftが閉鎖へ、ロゴを焼却処分して最後のお別れ

ゲームビジネス 開発

『トニホ』で知られるNeversoftが閉鎖へ、ロゴを焼却処分して最後のお別れ
  • 『トニホ』で知られるNeversoftが閉鎖へ、ロゴを焼却処分して最後のお別れ
『Tony Hawk's Pro Skater』や『Guitar Hero』シリーズなどを手掛けてきたNeversoftが、本日(2014年7月11日)を以って正式に閉鎖されました。同社オフィスやTwitterなどで、同スタジオのこれまでの活動が労われています。


同スタジオは今年5月にInfinity Wardとの合併を発表しており、そのブランドの15年以上にも渡る歴史に幕を閉じることが伝えられていました。Twitter公式アカウントでは同社の特徴的なロゴである目玉を焼却処分している写真を公開しており、ファンからは「私達にはもう水はいらないんだ」と、寂しさを伝える返信などが投稿されています。




そして、トニー・ホーク氏のTwitterアカウントに対しても「お会い出来て良かったです、トニー・ホークさん!お元気で!」と別れの挨拶を投稿。Facebookでは同社スタッフの愛に溢れた「Love Wall」の写真も公開されています。また、創設者のJoel Jewett氏は同スタジオを離れることを5月に発表しており、残ったスタッフはInfinity Wardの一部としてゲーム開発を継続していくとのことです。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  2. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

    【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  3. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

    VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  4. 『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

  5. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  6. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  7. 【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も

  8. 【CEDEC 2014】触覚を遠隔地に伝える技術、「医療ロボットに学ぶバーチャルリアリティのUI」

  9. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

  10. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

アクセスランキングをもっと見る

page top