人生にゲームをプラスするメディア

『トニホ』で知られるNeversoftが閉鎖へ、ロゴを焼却処分して最後のお別れ

ゲームビジネス 開発

『トニホ』で知られるNeversoftが閉鎖へ、ロゴを焼却処分して最後のお別れ
  • 『トニホ』で知られるNeversoftが閉鎖へ、ロゴを焼却処分して最後のお別れ
『Tony Hawk's Pro Skater』や『Guitar Hero』シリーズなどを手掛けてきたNeversoftが、本日(2014年7月11日)を以って正式に閉鎖されました。同社オフィスやTwitterなどで、同スタジオのこれまでの活動が労われています。


同スタジオは今年5月にInfinity Wardとの合併を発表しており、そのブランドの15年以上にも渡る歴史に幕を閉じることが伝えられていました。Twitter公式アカウントでは同社の特徴的なロゴである目玉を焼却処分している写真を公開しており、ファンからは「私達にはもう水はいらないんだ」と、寂しさを伝える返信などが投稿されています。




そして、トニー・ホーク氏のTwitterアカウントに対しても「お会い出来て良かったです、トニー・ホークさん!お元気で!」と別れの挨拶を投稿。Facebookでは同社スタッフの愛に溢れた「Love Wall」の写真も公開されています。また、創設者のJoel Jewett氏は同スタジオを離れることを5月に発表しており、残ったスタッフはInfinity Wardの一部としてゲーム開発を継続していくとのことです。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

    ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  3. gumiの第3四半期はQonQで減収減益…2015年度のカギを握るタイトルラインナップも明らかに

    gumiの第3四半期はQonQで減収減益…2015年度のカギを握るタイトルラインナップも明らかに

  4. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  5. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  6. 【CEDEC 2014】できるゲームクリエイターに共通するただ1つのこと、スクエニ塩川氏が明かす

  7. 自分のファンを大事にしたゲーム開発で劇的な広告収益を実現・・・『俺の農園と弁当屋』のAlchemister

  8. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  9. 【特集】2016年を人気&注目記事で振り返る「1年間のまとめ」上半期編…『ドラクエXI』発売時期のコメントや任天堂のスマホ展開に関心集まる

  10. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

アクセスランキングをもっと見る