人生にゲームをプラスするメディア

「MMDAgent」とプロジェクターで「ダメ男製造機」を三次元に!自室で『艦これ』の雷と会話できる堕落システム完成

その他 全般

「MMDAgent」とプロジェクターで「ダメ男製造機」を三次元に!自室で『艦これ』の雷と会話できる堕落システム完成
  • 「MMDAgent」とプロジェクターで「ダメ男製造機」を三次元に!自室で『艦これ』の雷と会話できる堕落システム完成
  • 「MMDAgent」とプロジェクターで「ダメ男製造機」を三次元に!自室で『艦これ』の雷と会話できる堕落システム完成
名古屋工業大学国際音声技術研究所により開発された音声インタラクションシステム構築ツール「MMDAgent」。これは画面内のMMDキャラクターと対話を楽しむことが出来るとあって人気のオープンソースキットです。

今、このMMDAgentを用いた「ダメ男製造機」が話題となっています。kouji氏が作成したこの「ダメ男製造機」はMMDAgentとプロジェクターを組み合わせたシステムで、まるで実際にMMDキャラクターが部屋にいるような演出が特徴となっています。



用いられているキャラクターは、ファンからは「ダメ男製造機」とも呼ばれている『艦隊これくしょん-艦これ-』の駆逐艦「雷」。辛い時に励ましてもらうのが目的なのだとか。動画では、実際に雷と音声による会話を楽しんでいる様子を確認することができます。

雷とは音声認識の他、テキスト入力での会話も可能とのこと。プロジェクターで画面を部屋の壁に投影しているだけなのでブラウザを開けば『艦これ』もそのままプレイ可能です。出撃中にも雷がそばに居てくれ、秘書艦が映らない場面でも寂しくありません。

また、動画の後半ではボイスロイドの「結月ゆかり」を用いたデモンストレーションの様子も公開されており、MMDAgentを使った新たな試みは、まだまだ可能性に溢れていそうです。
《ひびき》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  4. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  5. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  6. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  7. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  8. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  9. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  10. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

アクセスランキングをもっと見る