最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
任天堂が「EVO 2014」のスポンサーに

任天堂が「EVO 2014」のスポンサーに

2014年7月7日(月) 17時23分
  • 任天堂が「EVO 2014」のスポンサーにの画像
    任天堂が「EVO 2014」のスポンサーに

任天堂が、米国で毎年行われている格闘ゲームイベント「EVO 2014」のスポンサーになっていたことが明らかになりました。

昨年行われた「EVO 2013」では、『大乱闘スマッシュブラザーズDX』のストリーミング配信が任天堂の意向により直前に中止。 しかし、ファンからの強い抗議が殺到し、最終的に同社が配信を認めるという結果に落ち着きました。

そのため、任天堂は自社のゲームが「EVO」の種目として採用されることに対しあまりいい印象を持っていないのではないかという憶測も出ていましたが、そんな杞憂を払拭し、今年はスポンサーとして名乗り出ています。


確認したところ、たしかに「EVO 2014」公式サイトスポンサー欄に、任天堂のロゴが。


なお、今年も競技種目に採用された『大乱闘スマッシュブラザーズDX』ですが、昨年の決勝戦のストリーミング配信は10万人の同時アクセスを達成。歴史上最も多くの人が観戦した格闘ゲームとなりました。

任天堂の全面バックアップを得て、今年も熱い戦いが期待できそうです。

(Article written by 菜種)
評価の高いコメント
  • 2014年7月25日 19:29:00 ID: znWp2XlXCTT8
    5 13002484-8さん
    通報する

    今度のスマブラはDXの流れを汲んで欲しいな
    Xがクソゲー過ぎる

  • 2014年7月15日 01:37:35 ID: IaiS0ravu2kJ
    4 なまえがありませんさん
    通報する

    上の人の通り、許可をとってなかったのは配信側だったはず。
    大事な部分なので誤解を受ける書き方は変えた方がよいと思います。

  • 2014年7月10日 14:48:01 ID: MQoFmnyeopUK
    3 なまえがありませんさん
    通報する

    >昨年の決勝戦のストリーミング配信は10万人の同時アクセスを達成。歴史上最も多くの人が観戦した格闘ゲームとなりました。

    昨年の最高視聴者数はアルカプ決勝のジャスティンvsフロッカーです
    修正されたほうが良いのでは

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

任天堂アクセスランキング


パッケージ画像
機種 GC
ジャンル ACT
発売元 任天堂
開発元 任天堂
HAL研究所
ダイス
発売日 2001年11月21日
プレイ人数 1〜4人プレイ対応