人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が「EVO 2014」のスポンサーに

任天堂 その他

任天堂が「EVO 2014」のスポンサーに
  • 任天堂が「EVO 2014」のスポンサーに
任天堂が、米国で毎年行われている格闘ゲームイベント「EVO 2014」のスポンサーになっていたことが明らかになりました。

昨年行われた「EVO 2013」では、『大乱闘スマッシュブラザーズDX』のストリーミング配信が任天堂の意向により直前に中止。 しかし、ファンからの強い抗議が殺到し、最終的に同社が配信を認めるという結果に落ち着きました。

そのため、任天堂は自社のゲームが「EVO」の種目として採用されることに対しあまりいい印象を持っていないのではないかという憶測も出ていましたが、そんな杞憂を払拭し、今年はスポンサーとして名乗り出ています。


確認したところ、たしかに「EVO 2014」公式サイトスポンサー欄に、任天堂のロゴが。


なお、今年も競技種目に採用された『大乱闘スマッシュブラザーズDX』ですが、昨年の決勝戦のストリーミング配信は10万人の同時アクセスを達成。歴史上最も多くの人が観戦した格闘ゲームとなりました。

任天堂の全面バックアップを得て、今年も熱い戦いが期待できそうです。
《菜種》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開【追記あり】

    ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開【追記あり】

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  3. 今週発売の新作ゲーム『Nintendo Switch+Joy-Con(L)/(R)』『Horizon Zero Dawn』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『1-2-Switch』他

    今週発売の新作ゲーム『Nintendo Switch+Joy-Con(L)/(R)』『Horizon Zero Dawn』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『1-2-Switch』他

  4. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  5. ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

  6. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  7. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  8. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  9. 【特集】『ポケモン』20年の進化を“今と昔”でチェック!(前編)今やポケモンの種類は???体ほどに!?

  10. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

アクセスランキングをもっと見る