人生にゲームをプラスするメディア

ドラえもんとコロ助も共演!『藤子・F・不二雄キャラクターズ 大集合!SFドタバタパーティー!!』ティザー映像公開

任天堂 Wii U

「ドラえもん」や「パーマン」など藤子・F・不二雄キャラがたくさん登場
  • 「ドラえもん」や「パーマン」など藤子・F・不二雄キャラがたくさん登場
  • ペンで描かれるのは藤子氏のトレードマークであるベレー帽
  • 主役・脇役問わず大集合の予感!
  • Wii Uと3DSで発売。気になるゲーム内容は…?
  • 『藤子・F・不二雄キャラクターズ 大集合!SFドタバタパーティー!!』タイトルロゴ
  • 藤子・F・不二雄 生誕80周年記念 ロゴ
バンダイナムコゲームスは、Wii U/ニンテンドー3DSソフト『藤子・F・不二雄キャラクターズ 大集合!SFドタバタパーティー!!』のティザーイメージ映像を公開しました。

『藤子・F・不二雄キャラクターズ 大集合!SF(すこし・ふしぎな)ドタバタパーティー!!』は、「ドラえもん」などを手掛けた漫画家、藤子・F・不二雄氏の生誕80周年を記念して制作されるゲームタイトルです。藤子・F・不二雄氏が生み出したキャラクターたちが繰り広げる「ドタバタパーティーゲーム」とされており、おなじみのキャラクターが様々なマップを駆け巡る内容となるようです。

本作のティザーイメージ映像が公開されています。藤子・F・不二雄氏のトレードマークであるベレー帽から、おなじみ「ドラえもん」が登場。そのあとに続いて、藤子・F・不二雄氏の漫画のキャラクターが漫画の中からドンドン登場するといった内容になっています。観ているだけでワクワクするティザーイメージ映像を、ぜひ実際にご覧ください

■【ティザーイメージ映像】藤子・F・不二雄キャラクターズ 大集合!SFドタバタパーティー!!

YouTube 動画URL:http://youtu.be/EZZFgZKW96w

タイトルロゴ上部に描かれたシルエットのキャラクターは、左から順に「チンプイ」より「チンプイ」、「エスパー魔美」より「佐倉魔美」、「キテレツ大百科」より「コロ助」、「ドラえもん」より「ドラえもん」、「21エモン」より「21エモン」、「パーマン」より「パーマン1号」となっており、これらの作品に登場するそのほかのキャラクターたちもティザーイメージ映像中に確認することができます。また、ここに挙げた作品以外では「ウメ星デンカ」のキャラクターも映像中に確認できるので、ゲームに何らかの形で登場する可能性は非常に高そうです。

気になるゲーム内容はまだ明らかになっていませんが、藤子・F・不二雄氏のファンなら登場キャラクターたちの共演だけでも感涙モノ。続報をどうぞお楽しみに。

『藤子・F・不二雄キャラクターズ 大集合!SFドタバタパーティー!!』は、今冬発売予定で価格は未定です。

(C)Fujiko-Pro (C)BANDAI NAMCO Games Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【3DS DL販売ランキング】『スーパーマリオメーカー for 3DS』3位、VC『ライブ・ア・ライブ』初登場ランクイン(12/1)

    【3DS DL販売ランキング】『スーパーマリオメーカー for 3DS』3位、VC『ライブ・ア・ライブ』初登場ランクイン(12/1)

  2. 濱口エグゼクティブがポケモンをとったどー!「ゲームセンターDX」今回は『ポケモン サン・ムーン』に挑戦

    濱口エグゼクティブがポケモンをとったどー!「ゲームセンターDX」今回は『ポケモン サン・ムーン』に挑戦

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 【TGA 16】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』新プレイ映像!未見エリアを探索

  5. 『ミートピア』主人公も仲間も大魔王も“Mii”で配役! 「みんなのMii」機能で手軽に楽しむことも…最新映像で魅力に迫る

  6. 『とびだせ どうぶつの森』アプデで『スプラトゥーン』『ゼルダ』『モンハン ストーリーズ』のamiiboコラボが実施!

  7. 『とびだせ どうぶつの森』アプデで「パネポン」「無人島脱出ゲーム」が追加!

  8. 『ポケモン サン・ムーン』新たなウルトラビーストは折り紙&かぐや姫!?新動画が公開

  9. 『とびだせ どうぶつの森』が「フエキのり」とコラボ!“あのノリ”の配信アイテムが登場

  10. 「Wii」発売10周年!名作『FOREVER BLUE』に思いを馳せる

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top