人生にゲームをプラスするメディア

【GTMF 2014】「Photonネットワークエンジン」がリニューアルされ、新たにチャットやクラウドセーブなどが可能に!

ゲームビジネス 開発

【GTMF 2014】「Photonネットワークエンジン」がリニューアルされ、新たにチャットやクラウドセーブなどが可能に!
  • 【GTMF 2014】「Photonネットワークエンジン」がリニューアルされ、新たにチャットやクラウドセーブなどが可能に!
  • 【GTMF 2014】「Photonネットワークエンジン」がリニューアルされ、新たにチャットやクラウドセーブなどが可能に!
  • 【GTMF 2014】「Photonネットワークエンジン」がリニューアルされ、新たにチャットやクラウドセーブなどが可能に!
  • 【GTMF 2014】「Photonネットワークエンジン」がリニューアルされ、新たにチャットやクラウドセーブなどが可能に!
  • 【GTMF 2014】「Photonネットワークエンジン」がリニューアルされ、新たにチャットやクラウドセーブなどが可能に!
  • 【GTMF 2014】「Photonネットワークエンジン」がリニューアルされ、新たにチャットやクラウドセーブなどが可能に!
  • 【GTMF 2014】「Photonネットワークエンジン」がリニューアルされ、新たにチャットやクラウドセーブなどが可能に!
  • 【GTMF 2014】「Photonネットワークエンジン」がリニューアルされ、新たにチャットやクラウドセーブなどが可能に!
GTMF2014大阪でGMOクラウドは「Photonネットワークエンジン」がリニューアルされ、新たに「Photon Tunrbased」と「Photon Chat」が加わったと発表しました。その後、ゲームのデモを作成するなどして、簡単に組み込めることをアピールしました。

Photonネットワークエンジンはゲーム向けにリアルタイム通信を行うためのサーバシステムと、クライアントフレームワークを提供するエンジンです。開発元は独ハンブルクのExitGamesで、自社開発のブラウザゴルフゲーム『World Golf Tour』をベースにエンジンの開発が行われました。Unityやcocos-2dxといったゲームエンジンから、iOS、Androidといったプラットフォームにまで幅広くSDKを提供しています。

ひらたくいえば「オンラインゲームを手軽に作るためのミドルウェア」と捉えれば良いでしょう。価格体系も柔軟で、小規模なオンラインゲームなら無料で使用できます。

これまでPhotonネットワークエンジンには、GMOクラウドが提供するクラウドサーバとセットになった「Photon Cloud」と、利用者が自分でサーバを立てて、ミドルウェア的に使用できる「Photon SERVER」の二種類が存在しました。講演ではこれが新たに「Photon Realtime」「Photon UNITY NETWORKING」「Photon TURNBASED」「Photon CHAT」「Photon SERVER」の5種類にラインアップされることが公表されました。

なお、このうち「Photon Realtime」は従来の「Photon Cloud」と同じで、「Photon SERVER」も継続商品となります。また「Photon UNITY NETWORKING」はUnity向けのクラウド型リアルタイム通信サービスで、中身は「Photon Cloud」と同じですので、実質的に新しく加わったのは「Photon TURNBASED」「Photon CHAT」の2種類となります。

「Photon TURNBASED」はボードゲームやカードゲームなど、ターンベースのゲームにあわせたクラウド型サービスです。「Photon Realtime」の全機能に加えて、新たに「クラウドセーブ」「Webhooks」「WebRpc」が加わりました。

クラウドセーブはルームのプロパティを一時的にセーブできる機能です。ターンベースのゲームは一般的に時間がかかるものが多く、モバイル環境では回線が途切れる危険性があります。クラウドセーブを使えば、一時的に切断されてもルームに復帰することができるのです。全員の回線が中断されても、設定した時間まではルームの状態を保存しておくことができます。

Webhooksはイベントが発生した時、WebRpcはプログラムで任意に指定したタイミングでウェブサービスを呼び出して、外部と連携できる機能です。Webhooksを使用すると、マッチメイキングのカスタマイズやイベントの制御など、これまで「Photon SERVER」を使用し、自社でサーバを立ててカスタマイズする必要があった仕様でも、クラウド型サービスだけで実現できるようになります。

一方WebRpcではクライアントプログラム側から指定したメソッドをウェブサーバ経由で呼び出せる機能です。ガチャやNPCの制御、ポイント管理などでの活用が考えられます。これも従来はクライアントからPhotonとは別のサーバシステムに通信させる必要がありましたが、これからはPhotonと通信するだけで対応可能になります。クライアントのネットワーク実装がより簡単になることが期待されます。

「Photon CHAT」はチャット機能に特化したクラウド型サービスです。1ルームで1000人から2000人のチャットを実装することができます。チャネルの概念があり、ギルドチャットやプライベートチャットなども可能です。メッセージをサーバ側でバッファしておき、後から参照したり、特定のプレイヤーに再送することもできます。チャットに特化しているため、低価格で使うことができ、Photonの他のサービスと併用することもできます。

「Photon TURNBASED」と「Photon CHAT」は現在、パブリックベータが公開中で、正式版も間もなく公開される見込みです。また「Photon SERVER」もバージョンアップが予定されており、HTTPのサポートやプラグイン形式でのカスタマイズが可能になるとのこと。中でも「Photon CHAT」はシンプルな機能で、既存ゲームへの追加も容易なので、ぜひ試してみて欲しいとアピールしていました。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

    VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  2. 「Oculus Rift」DRM機能からハードウェアチェックが削除…今後も使用しないと明言

    「Oculus Rift」DRM機能からハードウェアチェックが削除…今後も使用しないと明言

  3. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会ではなくエコシステム

    【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会ではなくエコシステム

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  6. 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

  7. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

  8. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  9. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  10. 『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

アクセスランキングをもっと見る

page top