人生にゲームをプラスするメディア

『フリーダムウォーズ』プロデューサーが、有料DLCの予定を示唆 ─ 「今後の運用を維持するため」

ソニー PSV

『フリーダムウォーズ』プロデューサーが、有料DLCの予定を示唆 ─ 「今後の運用を維持するため」
  • 『フリーダムウォーズ』プロデューサーが、有料DLCの予定を示唆 ─ 「今後の運用を維持するため」
  • 『フリーダムウォーズ』プロデューサーが、有料DLCの予定を示唆 ─ 「今後の運用を維持するため」
SCEJAは、PS Vitaソフト『フリーダムウォーズ』のダウンロードコンテンツに関する情報を公開しました。

多くのユーザーが心待ちにしていた発売日を迎え、自由や権利のため、貢献とボランティアへの参加に励んでいる姿が目に浮かぶようです。また、本作独特のオンラインイベントに向けてその準備を進めている人もいるのではないでしょうか。

また本作は、今後のアップデートにて、「8人同時対戦」や「インフラストラクチャモード」への対応を予定しており、これが実施されれば全国のユーザーと共闘や対戦を楽しめることになります。こちらの実装を心待ちにしているユーザーも数多いことでしょう。

ですが、本作の新たな刺激はこれだけではありません。公式ブログにてプロデューサー・吉澤純一氏が、本作の魅力や書籍情報を交えつつ、有料サービスに関する発表を行いました。まずは、所属する都市国家を移動できる「所属パノプティコン転属」。これは、ランキングバトルが行われる都市国家対戦に大きく関わる要素となっており、所属都市を選び直したい方や他の都市の手助けをしたいと思う人向けのサービスです。なお価格は540円(税込)です。

加えて『フリーダムウォーズ』では今後、有料アイテムの販売を予定しているとのこと。これは、本作の都市国家対戦やオンラインサービスなど、今後の運用体制維持のために行われると明かし理解を求めるとともに、「今後の『フリーダムウォーズ』の都市国家対戦や、販売されるアイテムを楽しみにして頂けると嬉しいです」とのコメントを記しています。

また、雑誌媒体などでDLCを展開していきますが、現在予定されている内容はデカールが中心となっており、ゲームの進行に影響を及ぼしたり、都市国家対戦のバランスを崩すようなものではありません。本作の魅力のひとつであるバディカスタマイズをより多くの方に知って頂くためとしており、「権利的に問題のないものは一定の期間をおいてダウンロードコンテンツとして配信することも検討している」とのことなので、雑誌の購入予定がない方は気長に待つのもひとつの手と言えそうです。

PS Vitaブームを生み出すべく立ち上げられた『フリーダムウォーズ』。その目的が達成できるか、本作がどのようにユーザーに受け止められるのか。その本質が問われるのはこれからとなりますが、意欲的なアクションが見られるであろう本作の動向には、これからも注目が集まりそうです。

『フリーダムウォーズ』』は、好評発売中。価格は、パッケージ版が5,800円(税抜)、ダウンロード版が4,800円(税抜)です。

(C)Sony Computer Entertainment Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『FGO』のマシュとVRで会える! PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表

    『FGO』のマシュとVRで会える! PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表

  2. 【PS Vita DL販売ランキング】『ニューダンガンロンパV3』首位、『東京新世録オペレーションアビス』2位ランクイン(1/20)

    【PS Vita DL販売ランキング】『ニューダンガンロンパV3』首位、『東京新世録オペレーションアビス』2位ランクイン(1/20)

  3. 『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

    『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

  4. 『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

  5. 『GOD WARS』PS4向けの新たな体験版を2月9日に配信! 独特な世界観を鮮やかに表現する最新映像もお披露目

  6. 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』最大16人のマルチプレイが可能!特典情報も公開

  7. PS4『仁王』最終体験版のプレイムービーが公開―ウィリアムが雑魚に苦戦…!?

  8. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  9. 『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に

  10. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

アクセスランキングをもっと見る