人生にゲームをプラスするメディア

店舗特典盛りだくさんのPS Vita『フリーダムウォーズ』をレッツ開封!

ソニー PSV

『フリーダムウォーズ』店舗特典
  • 『フリーダムウォーズ』店舗特典
  • 「プロパくん」のぬいぐるみ
  • 後姿も可愛い!
  • 帽子の手触りが絶妙です
  • 手も自由に動きますよ
  • 「PT法暗記促進機能付きマグカップ」
  • 内側の底にもマークが
  • 市民運搬は迅速かつ丁寧に
SCEJAより発売となったPS Vitaソフト『フリーダムウォーズ』。今回は「エビテン限定セット」とエディオンのオリジナル特典が届いたのでレッツ開封してみました。

まずはエビテン限定セットより、超高機能汎用窓口係「プロパくん」のぬいぐるみです。商品企画部が、かつて失われた「ぬいぐるみ化技術」を復活させたことで誕生。帽子まで含めた高さは約33センチと、パッケージの倍ほどあります。手触りはほどよい弾力が心地よく、特に帽子部分の絶妙な柔らかさはずっと触っていたくなるほど。手も自由に動かせますよ。

続いて「PT法広報宣伝活動用資源(プロパガンダセット)」の「PT法暗記促進機能付きマグカップ」です。表面にはボランティアへの、とくに市民運搬に関する注意事項が書かれており、ここではPT法 第356495条における「第44項・市民の破損」「第50項・市民の取り扱い」「第85項・市民の上下保全」「第102項・市民の踏みつけ」が解説されています。

簡単に説明すると、壊れやすく脆い市民の運搬には細心の注意を払うこと、資源価値を損なわないよう丁寧に取り扱うこと、脳を圧迫しないよう上下を正しく守ること、健康維持および精神衛生のため市民を踏みつけないことが挙げられています。なお、全ての責任は搬送者となるので、ボランティア中の市民運搬には気をつけましょう。決して逃げる市民を遠距離武器で撃って怯ませてはいけませんし、運搬中に障害物へ激突して市民を地面に落としてもいけません。このような行為はPT法に抵触していることを忘れずに。

このほか、24時間あなたを監視し続けるクリアファイル2種セットと「Z.Y.L.マグネットシート」も。マグネットシートのポーズは、ストーリーを進めることで「なるほど」と判明するのでお楽しみに。また「ロウストリート」もじっくり見てみると面白いかもしれませんよ。

さらに開発局 芸術部長である渡邊氏が描き下ろした、A3クリアポスター3種セットも同梱。心強い仲間達や、本作のヒロインであるベアトリーチェの笑顔、不思議な雰囲気のアリエスがデザインされています。このエビテン限定セットには「ニンジャスレイヤーコラボデカールセット」も付属するので、ゲーム内でも楽しめる内容となっています。

店舗別オリジナル特典には、自由帳やトートバッグ、壁紙などたくさんの種類が登場。筆者はエディオンの「スマートフォンスタンド」を選んでみました。こうした特典に加え、早期購入者向けにはフォーマルウェアや武器、デカールなども数量限定で用意されています。すでに早期特典や店舗別特典が終了したものもありますので、購入時にはきちんと確認ししましょう。


『フリーダムウォーズ』は、好評発売中。価格は、パッケージ版が5,800円(税抜)、ダウンロード版が4,800円(税抜)です。

(C)Sony Computer Entertainment Inc.
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4/PS Vita『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』初回特典に「PC-9800シリーズ版」を付属

    PS4/PS Vita『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』初回特典に「PC-9800シリーズ版」を付属

  2. 「PlayStation VR」二次予約受付、各店舗の状況は?―ソニーストアは販売終了

    「PlayStation VR」二次予約受付、各店舗の状況は?―ソニーストアは販売終了

  3. ソニックがLEGOの世界を走り回る!『LEGO Dimensions』最新トレイラー

    ソニックがLEGOの世界を走り回る!『LEGO Dimensions』最新トレイラー

  4. 【PS Vita DL販売ランキング】セール中『エビコレ フォトカノ Kiss』首位、『英雄伝説 空の軌跡 the 3rd Evolution』初登場5位ランクイン(7/22)

  5. レトロスタイルの2Dソニック新作『Sonic Mania』が海外発表!―シリーズの原点に回帰

  6. 『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

  7. PSVRタイトルは「ほぼ全て」DS4でプレイ可能、海外メディアが報じる

  8. 【レポート】発売が近づくPSVR、その現状と課題をSIEが語る

  9. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  10. 【インタビュー】『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』浅田プロデューサーに開発状況や変更点、そして新要素を訊いた

アクセスランキングをもっと見る

page top