人生にゲームをプラスするメディア

店舗特典盛りだくさんのPS Vita『フリーダムウォーズ』をレッツ開封!

ソニー PSV

『フリーダムウォーズ』店舗特典
  • 『フリーダムウォーズ』店舗特典
  • 「プロパくん」のぬいぐるみ
  • 後姿も可愛い!
  • 帽子の手触りが絶妙です
  • 手も自由に動きますよ
  • 「PT法暗記促進機能付きマグカップ」
  • 内側の底にもマークが
  • 市民運搬は迅速かつ丁寧に
SCEJAより発売となったPS Vitaソフト『フリーダムウォーズ』。今回は「エビテン限定セット」とエディオンのオリジナル特典が届いたのでレッツ開封してみました。

まずはエビテン限定セットより、超高機能汎用窓口係「プロパくん」のぬいぐるみです。商品企画部が、かつて失われた「ぬいぐるみ化技術」を復活させたことで誕生。帽子まで含めた高さは約33センチと、パッケージの倍ほどあります。手触りはほどよい弾力が心地よく、特に帽子部分の絶妙な柔らかさはずっと触っていたくなるほど。手も自由に動かせますよ。

続いて「PT法広報宣伝活動用資源(プロパガンダセット)」の「PT法暗記促進機能付きマグカップ」です。表面にはボランティアへの、とくに市民運搬に関する注意事項が書かれており、ここではPT法 第356495条における「第44項・市民の破損」「第50項・市民の取り扱い」「第85項・市民の上下保全」「第102項・市民の踏みつけ」が解説されています。

簡単に説明すると、壊れやすく脆い市民の運搬には細心の注意を払うこと、資源価値を損なわないよう丁寧に取り扱うこと、脳を圧迫しないよう上下を正しく守ること、健康維持および精神衛生のため市民を踏みつけないことが挙げられています。なお、全ての責任は搬送者となるので、ボランティア中の市民運搬には気をつけましょう。決して逃げる市民を遠距離武器で撃って怯ませてはいけませんし、運搬中に障害物へ激突して市民を地面に落としてもいけません。このような行為はPT法に抵触していることを忘れずに。

このほか、24時間あなたを監視し続けるクリアファイル2種セットと「Z.Y.L.マグネットシート」も。マグネットシートのポーズは、ストーリーを進めることで「なるほど」と判明するのでお楽しみに。また「ロウストリート」もじっくり見てみると面白いかもしれませんよ。

さらに開発局 芸術部長である渡邊氏が描き下ろした、A3クリアポスター3種セットも同梱。心強い仲間達や、本作のヒロインであるベアトリーチェの笑顔、不思議な雰囲気のアリエスがデザインされています。このエビテン限定セットには「ニンジャスレイヤーコラボデカールセット」も付属するので、ゲーム内でも楽しめる内容となっています。

店舗別オリジナル特典には、自由帳やトートバッグ、壁紙などたくさんの種類が登場。筆者はエディオンの「スマートフォンスタンド」を選んでみました。こうした特典に加え、早期購入者向けにはフォーマルウェアや武器、デカールなども数量限定で用意されています。すでに早期特典や店舗別特典が終了したものもありますので、購入時にはきちんと確認ししましょう。


『フリーダムウォーズ』は、好評発売中。価格は、パッケージ版が5,800円(税抜)、ダウンロード版が4,800円(税抜)です。

(C)Sony Computer Entertainment Inc.
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『FGO』のマシュとVRで会える! PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表

    『FGO』のマシュとVRで会える! PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表

  2. 【PS Vita DL販売ランキング】『ニューダンガンロンパV3』首位、『東京新世録オペレーションアビス』2位ランクイン(1/20)

    【PS Vita DL販売ランキング】『ニューダンガンロンパV3』首位、『東京新世録オペレーションアビス』2位ランクイン(1/20)

  3. 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』最大16人のマルチプレイが可能!特典情報も公開

    『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』最大16人のマルチプレイが可能!特典情報も公開

  4. 『GOD WARS』PS4向けの新たな体験版を2月9日に配信! 独特な世界観を鮮やかに表現する最新映像もお披露目

  5. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  6. PS4『仁王』最終体験版のプレイムービーが公開―ウィリアムが雑魚に苦戦…!?

  7. 『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

  8. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

  9. 『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

  10. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

アクセスランキングをもっと見る