最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
メガネショップ「Zoff」にて「ポケモン・サングラス」が発売決定、モンスターボール型のケースやピカチュウポーチも付属

メガネショップ「Zoff」にて「ポケモン・サングラス」が発売決定、モンスターボール型のケースやピカチュウポーチも付属

2014年6月26日(木) 21時30分
  • ピカチュウモデルの画像
    ピカチュウモデル
  • メガリザードンYモデルの画像
    メガリザードンYモデル
  • メガリザードンXモデルの画像
    メガリザードンXモデル
  • ピカチュウ・ハリマロン・フォッコ・ケロマツモデル Aの画像
    ピカチュウ・ハリマロン・フォッコ・ケロマツモデル A
  • ピカチュウ・ハリマロン・フォッコ・ケロマツモデル Bの画像
    ピカチュウ・ハリマロン・フォッコ・ケロマツモデル B
  • イーブイ&フレンズモデルの画像
    イーブイ&フレンズモデル
  • 6つに乗りたたんでコンパクトにの画像
    6つに乗りたたんでコンパクトに
  • モンスターボール型ケースの画像
    モンスターボール型ケース
  • モンスターボール型ケースの画像
    モンスターボール型ケース
  • マスターボール型ケースの画像
    マスターボール型ケース
  • モンスターボールとマスターボールの画像
    モンスターボールとマスターボール
  • 3点セットの画像
    3点セット
  • 3点セット(メガリザードン)の画像
    3点セット(メガリザードン)
  • サングラスピカチュウの画像
    サングラスピカチュウ

メガネショップ「Zoff(ゾフ)」を運営するインターメスティックは、『ポケットモンスター』のキャラクターをモチーフとしたKIDS向けアイウエア商品の開発を開始しました。

今回、この取り組みの第1弾として、「POKEMON SUNGLASSES for KIDS(ポケモン・サングラス・フォー・キッズ)」、通称「ポケグラ」が2014年7月19日(土)より全国のZoff店舗及びオンラインストアにて発売されます。

モチーフとなるキャラクターは、「ピカチュウ」「メガリザードンX・Y」「ハリマロン」「フォッコ」「ケロマツ」「イーブイ」。デザインは全5種類で、モンスターボール型のケース、ピカチュウデザインのオリジナルポーチ(メガネ拭き素材)がセットで付属します。また、メガリザードンモデルは特別に、マスターボール型ケースが付きます。

レンズは全てUV400の紫外線カット率99.9%。サングラスは軽量かつ柔軟性に優れたTR-90素材なので、わんぱくな子供の活動を妨げない仕様に。また、サングラスは6つ折りにしてモンスターボール型ケースに収納することができ、どこへ持ち歩くにも便利です。

◆商品概要


商品名:POKEMON SUNGLASSES for KIDS(ポケモン・サングラス・フォー・キッズ)
発売日:2014年7月19日(土)
価格:3,500円(税別)
対象年齢:3歳~10歳(幼稚園~小学生中学年まで)
セット内容 :
・サングラス
・モンスターボール型ケース(メガリザードンモデルは、マスターボール型)
・ピカチュウデザインのオリジナルポーチ(メガネ拭き素材)
モデル種類:1型全5モデル
お取り扱い店舗:
・Zoff全店(アウトレット店除く、中国含む)
・Zoffオンラインストア
※数量限定商品になりますので売り切れの際はご了承ください。
※商品のご予約、お取り置きは出来かねます。


◆商品ラインナップ


■ピカチュウモデル
どのピカチュウが一番好きかな?いろんなポーズのピカチュウが愛らしい、元気あふれるモデル。

■メガリザードンモデル
飛び出してきそうな両サイドのメガリザードンがクール。躍動感あふれる最強モデル。

■ピカチュウ・ハリマロン・フォッコ・ケロマツモデル A
ピカチュウと仲間のハリマロン、フォッコ、ケロマツが賑やかに登場。いつも仲間と一緒、楽しさいっぱいのモデル。

■ピカチュウ・ハリマロン・フォッコ・ケロマツモデル B
モノトーンのピカチュウ、ハリマロン、フォッコ、ケロマツがちょっぴり大人っぽく爽やかなモデル。

■イーブイ&フレンズモデル
キュートなイーブイアンドフレンズが大集合!かけるだけでイーブイのパワーがもらえる華やかなモデル。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

さらに、店舗購入者限定で、先着5000名にピカチュウがメガネをかけたデザインのオリジナルサンバイザーがプレゼントされますのでこちらも是非ゲットしてみてください。

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon

(Article written by ひびき)

任天堂アクセスランキング