人生にゲームをプラスするメディア

子供の好きなキャラランキング ― 「妖怪ウォッチ」が初登場2位で、1位の「アンパンマン」に迫る

その他 全般

ジバニャン
  • ジバニャン
  • ジバニャンのひゃくれつ肉球
子どもたちに人気のキャラクター1位は「アンパンマン」、そして2位は今回初登場の「妖怪ウォッチ」だった。玩具大手のバンダイは、「お子さまの好きなキャラクターに関する意識調査」の結果を公表した。
調査は毎年実施している。今年は5月16日から18日まで、0歳から12歳までの子供を持つ親800人を対象に実施した。

1位となったのテレビアニメでもお馴染みの『それいけ!アンパンマン』である。今回で13年連続1位と安定した強さを見せている。
一方で、注目すべきは、新しい大型タイトルの躍進である。アニメやマンガで人気の『妖怪ウォッチ』が、初登場で2位になっている。リアルタイムでの人気の反映したかたちだ。すでに2013年、2014年の大ヒット作とも呼ばれており、人気はさらに広がりそうだ。

また、『妖怪ウォッチ』は男子だけに限れば1位だった。また、女子の1位も2012年から世に出ている『アイカツ!』である。こちらも2013年に急激に認知度上げた作品である。
総合1位の『それいけ!アンパンマン』は、男女別ではが共に2位となっている。男女を問わない人気が長年のヒットの秘密かもしれない。

『それいけ!アンパンマン』には、分かりやすいストーリー展開とキャラクターの多さに対する好意的な意見が多かった。バンダイでは接点の多さが人気の要因ではないかと分析している。
また『妖怪ウォッチ』は「いろんな妖怪が出てきて面白いから」、「学校で流行って話題になっている」など、コンテンツの面白さから流行につながっている。『アイカツ!』は「キャラクターが着ている衣装が可愛いから」、「歌と踊りが好きだから」など、可愛いファッション・歌・ダンスが人気の要因として見える。

個別のキャラクター以外での質問では、好きなキャラクターのために使った年間金額の平均が10852円となった。内訳は「キャラクターの出ているテレビ番組の視聴」が49.6%、次いで「おもちゃ」(41.3%)、「食品」(37.8%)、「本」(34.0%)、「文具」(27.8%)、「服飾・装飾品」(22.9%)、「日用品」(21.4%)である。
なお平均金額は昨年より1901円減少している。その要因としてバンダイは、カードゲームなど 100円から200円の低単価な玩具の流行があると読んでいる。日常生活でキャラクターとの接点を持ちやすく、お小遣いの範囲で手に取りやすいことがポイントになるそうだ。
[真狩祐志]

バンダイ
http://www.bandai.co.jp/

「アンパンマン」が13年連続1位、「妖怪ウォッチ」2位で初登場 子供の好きなキャラをバンダイ調査 

《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』関連の交通死亡事故2件目が発生と報道、直接の原因はスマホ充電

    『ポケモンGO』関連の交通死亡事故2件目が発生と報道、直接の原因はスマホ充電

  2. 「新世紀エヴァンゲリオン」NHKBSプレミアムにて放送決定、HDリマスターでの放送は初

    「新世紀エヴァンゲリオン」NHKBSプレミアムにて放送決定、HDリマスターでの放送は初

  3. リオ五輪閉会式「安倍マリオ」は海外ゲーマーからも大好評…「総理がマリオになるとかマジでヤバい」

    リオ五輪閉会式「安倍マリオ」は海外ゲーマーからも大好評…「総理がマリオになるとかマジでヤバい」

  4. 【特集】『ペルソナ5』プレイ前にシリーズ作を遊ぼう! でも、どれを選べば……悩む貴方にお勧めバージョンを紹介

  5. バンダイ、「宇宙刑事ギャバン」のレーザーブレードを商品化…バードニウムエネルギー注入を再現!

  6. スマホで楽しめるVR体験機「BotsNew VR」8月下旬発売、ジェスチャーで操作が可能

  7. 島本和彦の同人誌が「サンデーうぇぶり」で公開! 「シン・ゴジラ」への想いをホノオが熱弁

  8. 声優・森川智之、アニメ「クレしん」野原ひろし役・藤原啓治の代役に…「一日もはやい復帰を願い」

  9. 「Re:ゼロから始める異世界生活」ゲーム化決定、ティザーサイトが公開

  10. 【昨日のまとめ】『ポケモン』イーブイのぬいぐるみ型PCクッション、『テイルズ オブ ベルセリア』DLC「カタログNo.02」配信、『ガンヴォルト 爪』の魅力を総まとめ…など(8/25)

アクセスランキングをもっと見る

page top