最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
NINTENDO 64、6月23日で発売から18年「ゲームが変わる、64が変える」

NINTENDO 64、6月23日で発売から18年「ゲームが変わる、64が変える」

2014年6月23日(月) 21時36分

6月23日は、1996年にNINTENDO 64が発売されてから18回目の誕生日となります。「ゲームが変わる、64が変える」という印象的なキャッチフレーズで本格的な3D時代の幕開けを告げました。

NINTENDO 64は総合開発本部の竹田玄洋氏の指揮のもと、当時最先端のワークステーションクラスの映像表現を家庭で実現することを目指し、シリコングラフィックス社が開発に全面協力。同社製のGPUと、MIPS社製のCPUを搭載していました。

64ビットCPUを搭載したことから正式名称は「NINTENDO 64」と命名。ネーミングはコピーライターの糸井重里氏と言われます。現実世界をゲームで再現しようと、プロジェクト名称は「Project Reality」とされ、巷では「ウルトラファミコン」とも呼ばれました。海外向けの名称は一時「Ultra 64」とされていました。

任天堂は少数精鋭を掲げ、自社と有力な親密デベロッパーを「ドリームチーム」と呼称、ラインナップ充実を測りましたが、当初より開発の難しさが指摘され、プレイステーションが急速に普及したことにも押され、タイトルの不足が続きました。任天堂によれば累計販売台数は国内で554万台、全世界で3293万台でした。

(Article written by 土本学)
評価の高いコメント
  • 2014年6月24日 00:17:45 ID: cPh8wpQL6lWI
    1 なまえがありませんさん
    通報する

    今思えば、マリオ64からマリオカートまでの半年間でソフト10本しか出ないって、ものすごいソフト日照りだな。
    それでも一定の成功を収めるあたりが任天堂のすごさ。

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

任天堂アクセスランキング