人生にゲームをプラスするメディア

【あぴゅレビュ!】第69回 W杯の裏で『こんなフリーキックはイヤだ』にハマってしまいました

モバイル・スマートフォン iPhone

【あぴゅレビュ!】第69回 W杯の裏で『こんなフリーキックはイヤだ』にハマってしまいました
  • 【あぴゅレビュ!】第69回 W杯の裏で『こんなフリーキックはイヤだ』にハマってしまいました
  • 【あぴゅレビュ!】第69回 W杯の裏で『こんなフリーキックはイヤだ』にハマってしまいました
  • 【あぴゅレビュ!】第69回 W杯の裏で『こんなフリーキックはイヤだ』にハマってしまいました
  • 【あぴゅレビュ!】第69回 W杯の裏で『こんなフリーキックはイヤだ』にハマってしまいました
  • 【あぴゅレビュ!】第69回 W杯の裏で『こんなフリーキックはイヤだ』にハマってしまいました
  • 【あぴゅレビュ!】第69回 W杯の裏で『こんなフリーキックはイヤだ』にハマってしまいました
  • 【あぴゅレビュ!】第69回 W杯の裏で『こんなフリーキックはイヤだ』にハマってしまいました
  • 【あぴゅレビュ!】第69回 W杯の裏で『こんなフリーキックはイヤだ』にハマってしまいました
ワールドカップ観ない勢の筆者(恐縮)ですが、『こんなフリーキックはイヤだ』にハマってしまいました。

本作はありえないシチュエーションでフリーキックが楽しめるゲーム。基本操作はドラッグでボールの起動を決め、指を離してシュートを打ちこむだけと大変シンプルです。しかし、通常の試合であれば真剣勝負で行われるフリーキックも、本作では選手がゴールそのものをえいしゃおらと動かしていたりとマジでカオスです。

■出題者のセンスがスゴイ
本作は1ステージにつき、4問のフリーキックで構成されています。2回まで間違えることができますが、4問すべてでシュートを決めないと次のステージにはいけません。とはいえ、トンデモシチュエーションのオンパレードなので、初見殺しとよばれるような設問もあり状況を観察することが大事なってきます。

たとえば、普通のフリーキックかと思ったら人間の指が介入してきてゴールを動かしてしまったり、選手が忍者となって隠れ蓑術を使用してきたりと……でも、本作は制限時間がないので少し様子を伺ったり、ドットがおかしくないか観察することで回避できます。

失敗しても「ええぇ!?」と笑ってしまえるのが本作のいいところ。効果音もしっかりしているので「ズバンッ!」と1発でシュート決められた時の爽快感もニヤリとできます。

■「おもしろディフェンス」はむしろクイズ
時折、パロディネタの設問があったりもします。ゴールを守るのは選手の役目だったハズがビートルズが出てきたり、マトリックスの面々が出てきたり。これらは元ネタを知っているとカンタンにクリアできるので、もはやアクション的なゲームというよりはクイズゲームとして楽しめるシチュエーションも多々出てきます。

「ボールをゴールにシュートするだけ」という本作ですが、エンターテイメント性溢れる作品になっておりますのでサッカーに興味がなくてもいろんな人に触ってみて欲しい作品ですね。むしろ、サッカーに興味ない人へのキッカケづくりにもいいと思います。

制作会社であるハップは、他にも発想のナナメを行く作品を多数配信していて、そのサムネやタイトルは見るだけで笑えるものばかり。気になったかたはすべて遊んでみては?

なまえ:こんなフリーキックはイヤだ
ぶんるい:おもしろディフェンス
1回のプレイ時間:5分
対応OS:iOS/Android
ねだん:無料
ひとにつたえたい度:5(5点満点中)

今日の一言「設定(笑)」

それではまた来週!!

(C)Copyright hap Inc. All Rights Reserved.
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到し問題に…市当局の取った対応とは

    『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到し問題に…市当局の取った対応とは

  2. 世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

    世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

  3. 【ネタバレ注意】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達…Bot利用のデータ確認目的で

    【ネタバレ注意】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達…Bot利用のデータ確認目的で

  4. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  5. 【レポート】『オルタナティブガールズ』は3Dバトルあり、サスペンスあり、VRありの美少女RPGだった

  6. 『スマッシュドラグーン』サービス終了、『ソウルサクリファイス』チームが開発したアクションRPGが閉幕

  7. 『Ingress』で広島の平和公園に巨大折り鶴が描かれる ─ 8月6日の平和記念式典に向け

  8. 「ポケモンGO Plus」発売延期、準備に遅れが生じる

  9. 『ポケモンGO』広島市が平和記念公園の「ジム」「ポケストップ」削除要請…プレイ自体は禁止せず

  10. 『夢色キャスト』×『アイ★チュウ』コラボ決定!それぞれのアプリでコラボストーリー展開

アクセスランキングをもっと見る

page top