人生にゲームをプラスするメディア

Epic Games、E3でののアンリアル・エンジン採用タイトルを公表・・・国産では『Devil's Third』『LET IT DIE』『Scalebound』など

ゲームビジネス 開発

Devil's Third
  • Devil's Third
  • LET IT DIE
  • Scalebound
  • Mighty No. 9
Epic Gamesは公式ブログにて、E3に出展されていたタイトルで「アンリアル・エンジン」を採用している作品のリストを公開しています。

国産タイトルではヴァルハラゲームスタジオが開発していて任天堂からWii Uでの発売が決定した『Devil's Third』や、グラスホッパー・マニファクチュアが手がける『LET IT DIE』、プラチナゲームスが開発しマイクロソフトから発売される『Scalebound』などがアンリアル・エンジンを採用しているようです。リストではアンリアル・エンジンのバージョンについては明記されていませんが「4」のWii U対応はされていませんので『Devil's Third』は「3」である可能性が高そうです。

リストを眺めていると『Crackdown』『D4: Dark Dreams Don’t Die』『Fable Legends』『Scalebound』とマイクロソフトのファーストパーティタイトルでの採用も目立ちますね。

・ABZU (Giant Squid / 505 Games) PS4
・Abyss Odyssey (ACE Team / ATLUS) PS3,Xbox360,PC
・ADR1FT (Three One Zero / 505 Games) Oculus
・バットマン・アーカムナイト (Rocksteady / ワーナー) PS4,Xbox One,PC
・Borderlands: The Pre-Sequel(Gearbox Software / 2K) PS3,Xbox360,PC
・Crackdown(Cloudgine / Microsoft Studios) Xbox One
・Call of Cthulhu(Frogwares / Focus Home Interactive) PS4,Xbox One,PC
D4: Dark Dreams Don’t Die(アクセスゲームス / Microsoft Studios) Xbox One
・Dead Island 2 (YAGER / Deep Silver) PS4,Xbox One,PC
Devil’s Third(ヴァルハラゲームスタジオ / 任天堂) Wii U
・Dreadnought (YAGER / Grey Box) PC
・EVE: Valkyrie (CCP Games) Oculus,Morpheus
・Fable Legends (Lionhead Studios / Microsoft Studios) Xbox One
・Godfire: Rise of Prometheus (Platige Image / Vivid Games) iOS,Android
Guilty Gear Xrd -SIGN- (アークシステムワークス) PS4,PS3
Let It Die(グラスホッパー・マニファクチュア / ガンホー) PS4
Mighty No. 9(concept) PS4,PS4,Xbox One,Xbox360,Wii U,PSVita,3DS,Mac,PC
・Mortal Kombat X (NetherRealm Studios / ワーナー) PS4,Xbox One
・Murdered: Soul Suspect (Airtight Games / スクウェア・エニックス) PS4,Xbox One,Xbox360,PS4,PC
・Nosgoth (Psyonix / スクウェア・エニックス) PC
・Q.U.B.E.:Director's Cut (Toxic Games) Wii U,PS3,Xbox One,PC
Scalebound (プラチナゲームス / Microsoft Studios) Xbox One
・Sherlock Holmes: Crimes & Punishments (Frogwares / Focus Home Interactive) PS4,Xbox One,Xbox360,PS3
・Space Hulk: Deathwing(StreumOn Studio, Cyanide Studio / Focus Home Interactive, Games Workshop) TBA
・Styx: Master of Shadows (Cyanide Studio / Focus Home Interactive) PC
・WARMACHINE: Tactics (Whitemoon Dreams / Privateer Press) PC,Mac
・Woolfe: The Redhood Diaries (GriN) Xbox One,PC
・XING: The Land Beyond (White Lotus Interactive) Oculus

太字は国産タイトル。国内でもアンリアル・エンジンの採用が増えてきていることを伺わせます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  3. 日本初の“VR専門”教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」登場、入学金・授業料は無料

    日本初の“VR専門”教育機関「VRプロフェッショナルアカデミー」登場、入学金・授業料は無料

  4. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  5. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  6. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  7. 【レポート】2Dイラストを360度動かす「Live2D Euclid」をVRで体験!3Dでは味わえない表現がココに

  8. 日活『刺青の国』キノコホテルが歌う主題歌「流浪ギャンブル」の先行配信開始

  9. 【CEDEC 2016】アナログゲーム国内躍進のワケ―デジタルゲームと相互に影響しあう関係とは

  10. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top