最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

オトメイト風ブラック・ジャックは必見?手塚治虫作品とオトメイトが出会ってしまった「テヅカオトメ展」

オトメイト風ブラック・ジャックは必見?手塚治虫作品とオトメイトが出会ってしまった「テヅカオトメ展」

2014年6月17日(火) 12時10分
  • オトメイト風ブラック・ジャックは必見?手塚治虫作品とオトメイトが出会ってしまった「テヅカオトメ展」の画像
    オトメイト風ブラック・ジャックは必見?手塚治虫作品とオトメイトが出会ってしまった「テヅカオトメ展」

日本の漫画史を大きく変えるターニングポイントを作り出し、またアニメの歴史を語る上でも決して外せない巨匠、手塚治虫氏。「鉄腕アトム」に「ジャングル大帝」、「ブラック・ジャック」など、記憶に残る名作を多々生み出した、まさしく「漫画の神様」です。

手塚氏の影響はもちろんゲームの分野にも及んでおり、往年のゲームファンであればファミコンソフト『火の鳥』を遊んだ方や、GBA『鉄腕アトム』に熱中した方もいるのではないでしょうか。ゲームとも決して無縁ではない手塚作品ですが、このたび更なる刺激的な展開と言える、オトメイトとのコラボレーションが決定しました。

女性向け恋愛ゲームのブランド「オトメイト」は、2005年にPS2で幕を上げ、PS3やPSPなどにプラットフォームを変更しつつも、乙女の夢を叶える恋愛物語を積極的にリリースしてきました。遊んだことがなくとも、『薄桜鬼』シリーズなどの名前を聞いたことがある人も多いことでしょう。

そんなオトメイトと手塚氏の作品が夢のコラボを果たす、「テヅカオトメ展」が手塚治虫記念館で開催されます。企画展のキービジュアルとなる、花邑まい氏による「アムネシア」×「ブラック・ジャック」が開催に先立って公開されており、オトメイトな作風で描かれる天才外科医の風貌は一見の価値ありと言えます。

◆宝塚市立手塚治虫記念館20周年記念 オトメイト×テヅカオサム 「テヅカオトメ展」


【開催場所】:宝塚市立手塚治虫記念館 2F企画展示室
開催期間】:2014年7月4日(金) ~ 10月27日(金)
【主催】:宝塚市・宝塚市教育委員会
【後援】:Kiss FM KOBE・エフエム宝塚
【協力】:アイディアファクトリー・デザインファクトリー

◆コラボタイトル掲載(敬称略)


オトメイトタイトルと手塚治虫作品のコラボレーションイラストを、人気イラストレーター達が手掛けます。

■『アムネシア』×「ブラック・ジャック」:illstrated by 花邑まい
■『薄桜鬼』×「ブッダ」:illstrated by 四季咲組
■『レンドフルール』×「どろろ」:illstrated by 薄葉カゲロー
■『ワンド オブ フォーチュン』×「リボンの騎士」:illstrated by 薄葉カゲロー
■『NORN9 ノルン+ノネット』×「メトロポリス」:illstrated by 悌太
■『CLOCK ZERO ~終焉の一秒~』×「鉄腕アトム」:illstrated by 夏目ウタ
■『猛獣使いと王子様』×「ジャングル大帝」:illstrated by miko
■『グラスハートプリンセス』×「ふしぎなメルモ」:illstrated by きなみ由希
■『白華の檻 ~緋色の欠片4~』×「火の鳥」:illstrated by いけ
■『SNOW BOUND LAND』×「ユニコ」:illstrated by 紫あや
■『忍び、恋うつつ』×「リボンの騎士」:illstrated by 中村龍徳
■『恋花デイズ』×「ふしぎなメルモ」:illstrated by 平野克幸

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


なお、コラボレーションイラストを使用したオリジナル商品開発も進行中とのことなので、今後発表される続報などにも期待しながら、7月4日から始まるテヅカオトメ展を楽しみにしておきましょう。

(C)TEZUKA PRODUCTIONS. All right reseved.

(Article written by 臥待 弦(ふしまち ゆずる))

その他アクセスランキング