人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2014】インサイドとGame*Sparkによる「E3 Japan Award 2014」の受賞作品を発表・・・大賞は『スマブラ for Wii U』

その他 全般

【E3 2014】インサイドとGame*Sparkによる「E3 Japan Award 2014」の受賞作品を発表・・・大賞は『スマブラ for Wii U』
  • 【E3 2014】インサイドとGame*Sparkによる「E3 Japan Award 2014」の受賞作品を発表・・・大賞は『スマブラ for Wii U』
  • 【E3 2014】インサイドとGame*Sparkによる「E3 Japan Award 2014」の受賞作品を発表・・・大賞は『スマブラ for Wii U』
  • 【E3 2014】インサイドとGame*Sparkによる「E3 Japan Award 2014」の受賞作品を発表・・・大賞は『スマブラ for Wii U』
  • 【E3 2014】インサイドとGame*Sparkによる「E3 Japan Award 2014」の受賞作品を発表・・・大賞は『スマブラ for Wii U』
  • 【E3 2014】インサイドとGame*Sparkによる「E3 Japan Award 2014」の受賞作品を発表・・・大賞は『スマブラ for Wii U』
  • 【E3 2014】インサイドとGame*Sparkによる「E3 Japan Award 2014」の受賞作品を発表・・・大賞は『スマブラ for Wii U』
  • 【E3 2014】インサイドとGame*Sparkによる「E3 Japan Award 2014」の受賞作品を発表・・・大賞は『スマブラ for Wii U』
  • 【E3 2014】インサイドとGame*Sparkによる「E3 Japan Award 2014」の受賞作品を発表・・・大賞は『スマブラ for Wii U』
インサイドとGame*Sparkでは共同で、E3出展タイトルの中から日本のゲーム編集者、ライターが選んだベストゲームを選出する「E3 Japan Award 2014」を初開催し、現地時間12日に受賞作品を発表しました。

アワードでは総合大賞に相当するBest of Showを1作品、任天堂、ソニー、マイクロソフト、PC、インディーズ、モバイル/ソーシャル、新規IP、ハードウェアの各部門では3作品ずつを「E3 Japan Award 2014」の受賞タイトルとして決定いたしました。

■Best of Show(総合大賞)



『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』 (任天堂)
任天堂から年内発売予定のスマブラ最新作。ブースでは常に人だかりができ、対戦は途切れる事がありませんでした。投票でも圧倒的な支持を受け、Best of Showに選ばれました。

■Best of PlayStation(プレイステーションプラットフォーム)



『ブラッドボーン』(ソニー・コンピューターエンタテインメント)
ソニーとフロム・ソフトウェアが共同開発が進行する新作が高い注目を集めました。歯応えのあるゲームプレイでゲーマーを楽しませてくれる日が待ち遠しいです。



『バットマン: アーカムナイト』(ワーナー・ブラザーズ)
定番となりつつある「バットマン」シリーズ。最新作は次世代機に限定することでゲームプレイを大幅に刷新。よりバットマンになりきり、クールに世界を体験できるように。



『The Order: 1886』(ソニー・コンピューターエンタテインメント)
もうひとつの歴史を描いたアクションアドベンチャー。ある出来事によって生まれた、現実とは異なる"ビクトリア朝ロンドン"。そこで繰り広げられる物語とは。

■Best of Nintendo(任天堂プラットフォーム)



『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』 (任天堂)
総合大賞に続いて部門賞も獲得。今年冬の発売予定で、Wii U普及に向けて最大の切り札として大いに期待されます。



『ゼルダの伝説新作』 (任天堂)
オープンワールドになって登場する初のゼルダ。今回のE3ではトレイラーのみの公開となりましたが高い注目。リンクと冒険に出るのが今から楽しみでなりません。



『スプラトゥーン』 (任天堂)
任天堂の開発する完全新作。サードパーソンシューターの4対4のバトルを任天堂流に作ったらこうなった。カラフルな世界で繰り広げられる熱いバトルに注目です。

■Best of Xbox(Xboxプラットフォーム)



『Sunset Overdrive』 (マイクロソフト)
数々の名作を手がけてきたインソムニアックゲームスがマイクロソフトとタッグを組んで開発するオープンワールドのアクションゲーム。眩しいカラフルな世界でダイナミックなアクション、遊んでみたいと思わせる作品です。



『EVOLVE』 (2K GAMES)
2K GAMES、今年のイチオシはTurtle Rock Studiosが手がけるマルチプレイ・サバイバルアクション。ハンターたちがチームを組みモンスターたちを"狩り"に出発!



『アサシンクリード ユニティ』 (ユービーアイソフト)
シリーズ最新作ではゲーム本編でマルチプレイの要素が大胆に導入。18世紀、フランス革命の時代を舞台に、次世代のアサシンクリードがスタートします。

■Best of PC



『グランド・セフト・オート5』 (ロックスター・ゲームス)
家庭用ゲーム機で発売された本作がいよいよPCでも発売。広大なロス・サントスの街を舞台に起こるドラマとアクションは必見です。



『RainbowSix Siege』 (ユービーアイソフト)
レインボーシックスに待望の新作が発表。包囲作戦をテーマに、次世代機で実現した圧倒的な表現力でプレイヤーを楽しませてくれそうです。



『バトルフィールド ハードライン』 (エレクトロニック・アーツ)
シリーズの全く新しい作品が登場。今作では警察と強盗による過激な多人数マルチプレイが繰り広げられます。早速開始されたクローズドテストで是非チェックを。

■Best of New IP(新規IP)



『サイコブレイク』 (ベセスダ)
三上真司氏が開発する新作サバイバルホラー。新規IPでありながらも、強く確立された世界観でプレイヤーの注目を集めています。襲い掛かる恐怖を打ち破れ!



『ブラッドボーン』 (ソニー・コンピューターエンタテインメント)
人間が獣になる「獣病」に呪われた街、ヤーナム。そこで行われる獣を狩る獣狩。「未知の探索」や「バトルの死闘感」、そして「オンライン」をテーマに掲げたソニーとフロムの最新作です。



『Sunset Overdrive』 (マイクロソフト)
アクションを得意とするインソムニアックが作る完全新作。街を占拠したミュータントたちに戦いを挑む!

■Best of Indies



『No Man's Sky』 (Hello Games)
プレイステーション4での発売も決定したSFアドベンチャー。本物の宇宙と同じ広さを持つという超広大な世界を舞台に、宇宙や惑星の探査を行っていく。4人で開発を進めているというザ・インディーな作品。



『Inside』 (Playdead Studios)
あの『Limbo』を開発したPlaydead StudiosがXbox One向けに発表した横スクロールアクション。デビュートレイラーではスリルあるギミックやダークな演出が見られました。



『Starbound』 (Chucklefish)
『テラリア』の開発チームたちが独立して手がける2Dサンドボックスアドベンチャー。こちらはプレイステーション4での発売が決定しています。

■Best of Mobile/Social



『Just Dance Now』 (ユービーアイソフト)
シリーズが初めてスマートフォンに登場。遠く離れたユーザーと同時にダンスを楽しめる、リアルタイムマルチプレイダンスゲーム。リリース日は未定ながら無料で配信予定。



『World of Tanks Blitz』 (Wargaming)
世界で遊ばれる戦車ゲー、『World of Tanks』がモバイルになって登場。最大7vs7の対戦が楽しめる。まずはiPadで配信、今後スマートフォンでも遊べるようになる予定。



『FINAL FANTASY VII G-BIKE』 (スクウェア・エニックス)
『FF VII』で遊べたミニゲームの1つであるGバイクがスマートフォンで登場。蘇ったバイクアクションと、収集や育成などの要素が融合。完全新作となって登場です。

■Best of Hardware



「amiibo」 (任天堂)
NFCを使ったフィギュアでゲームに新しい体験を。『大乱闘スマッシュブラザーズ』や『マリオカート8』などで対応予定。



「プレイステーション4 グレイシャー・ホワイト」 (ソニー・コンピューターエンタテインメント)
プレイステーション4の初のカラーバリエーションとして純白のホワイトが登場。さらなる普及に拍車が期待されます。



「PlayStation TV」 (ソニー・コンピューターエンタテインメント)
PlayStation Vita TVが欧米市場でも登場。クラウドゲーミングサービス「PlayStation Now」にも対応予定。

受賞された方、おめでとうございます。また、本アワードのメダルをE3会場で配布し、一部のブースにて掲示いただきました。ご協力いただきましたメーカーの皆様、ありがとうございました。









《土本学》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

特集

その他 アクセスランキング

  1. リオ五輪閉会式「安倍マリオ」は海外ゲーマーからも大好評…「総理がマリオになるとかマジでヤバい」

    リオ五輪閉会式「安倍マリオ」は海外ゲーマーからも大好評…「総理がマリオになるとかマジでヤバい」

  2. 【昨日のまとめ】100万経験値獲得挑戦中の『ポケモンGO』ユーザーがBAN、『ポケモンGO』アップデート実施、『オーバーウォッチ』新マップに『DARK SOULS』シリーズおなじみのアレが…など(8/23)

    【昨日のまとめ】100万経験値獲得挑戦中の『ポケモンGO』ユーザーがBAN、『ポケモンGO』アップデート実施、『オーバーウォッチ』新マップに『DARK SOULS』シリーズおなじみのアレが…など(8/23)

  3. 映画「アサシン クリード」予告編が公開…アサシンたちの流麗なアクションを見よ

    映画「アサシン クリード」予告編が公開…アサシンたちの流麗なアクションを見よ

  4. バルタン星人やアッガイの“腕”がクッションに!「ひとやすみ腕枕クッションシリーズ」第1弾予約開始

  5. 『鉄拳7FR』と『太鼓の達人』がコラボ、鉄拳キャラが“立つドン”Tシャツを身に纏う!?

  6. 新宿・渋谷に幻の存在「食パンをくわえて走る女子」出現…!新作リアル脱出ゲーム開催記念イベントで

  7. 『Fate/Grand Order』マシュが“ねんどろいど”に…戦闘顔に微笑み顔、仮想宝具や使用時エフェクトも付属

  8. タイトー、ゲームセンター初となるVR動画視聴サービス「VR THEATER」の運営を開始…8月26日より柏店にて

  9. 「planetarian」全5話無料配信決定!9月2日には前夜祭の開催も

  10. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

アクセスランキングをもっと見る

page top