人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2014】Alienwareが投入するSteam専用ゲームPC「Alienware Alpha」を触ってみた

ソーシャル・オンラインゲーム PCゲーム

【E3 2014】Alienwareが投入するSteam専用ゲームPC「Alienware Alpha」を触ってみた
  • 【E3 2014】Alienwareが投入するSteam専用ゲームPC「Alienware Alpha」を触ってみた
  • 【E3 2014】Alienwareが投入するSteam専用ゲームPC「Alienware Alpha」を触ってみた
  • 【E3 2014】Alienwareが投入するSteam専用ゲームPC「Alienware Alpha」を触ってみた
  • 【E3 2014】Alienwareが投入するSteam専用ゲームPC「Alienware Alpha」を触ってみた
  • 【E3 2014】Alienwareが投入するSteam専用ゲームPC「Alienware Alpha」を触ってみた
  • 【E3 2014】Alienwareが投入するSteam専用ゲームPC「Alienware Alpha」を触ってみた
ゲーム専用PCやアクセサリ類などで日本でも知名度を向上させているAlienwareはE3 2014で、リビングルームのテレビに接続して使用する、Steam専用ゲームPC「Alienware Alpha」のコンセプトモデルを発表しました。キーボードとマウスは付属せず、Xbox 360用のワイヤレスコントローラが同梱される予定です。

大きさはWii Uと同程度で、本体の前面に電源スイッチとUSBポート、背面にUSBポートとHDMI端子、電源コネクタ、イーサネット端子などが配置されています。担当者によれば「コンセプトモデル」とのことですが、549ドルで年末商戦に発売される予定とのことで、スペック的には最終仕様に近いようです。公式サイトでは予約に向けてユーザー登録も受けつけ中です。

形状からゲームPCの性能としてはミッドサイズとなりますが、会場では『ポータル2』などの人気タイトルをストレスなく遊ぶことができました。インディーズゲームで急増中の2Dゲームであれば、まったく問題なくプレイできます。

リビングルームにゲームPCを持ち込むという発想は昔から存在しますが、これまでニッチな存在に留まっていました。ゲームをプレイするには不要な機能が多すぎて、快適さに欠けていたからです。そこでPCという発想を捨てて、「Direct Xを持ち込む」という考え方で初めて成功したのが初代Xboxだったといえるでしょう。結果として家庭用ゲーム機となりましたが・・・。

しかしバルブ社が展開するPCゲーム向けデジタル流通プラットフォームのSteamが世界的な成功を収めたことで、状況が変わりつつあります。Steam自体もLinuxベースのSteam OSを搭載した「Steam Box」のリリースを準備しているほどです(こちらもプロトタイプがGDCで発表されました)。Alienware Alphaもこの波に乗ろうとしています。

Alienware AlphaではHDMI端子でテレビに接続することで、Steamをビッグピクチャーモードモードで起動させ、コントローラを使ってプレイすることを可能にしています。ゲームのダウンロードや購入はSteamから行います。OSはWindows8.1が搭載されていますが、メトロ画面を見ることなく、ゲーム機と同じ感覚で使用することが可能です。

独自コントローラで明後日の操作感を志向するSteam Boxと比べて、既存の高品質なコントローラをそのまま使用するAlienware Alphaの戦略は、ある意味で潔いとも言えます。ブースでは「Steamではコントローラをサポートしたゲームだけで500種類以上もある」と説明がありました。また必要ならUSBマウスやキーボードも使えるといいます。

ブースではRTSやMMORPGなどの用途に、キーボードとマウスが一体化されたUSBデバイスのコンセプトモデルも展示されていました。ビッグピクチャーモード以外の起動も可能で、通常のPCと同じように使用することもできます。今後SteamからSteam OSがリリースされたら、ユーザーが任意にインストールして、完全なSteam Boxマシンにすることも可能とのことです。

このほかWindows8.1ベースなので、EAが運営するORIGINなどのように、他のデジタル流通プラットフォームからゲームを購入し、インストールして遊ぶこともできると説明されました。公式サイトには「アルファには『最初』『始まり』の意味に加えて、星座で最も明るく輝く星の意味もある」と記されています。ゲーム業界という星座での輝きぶりに期待しましょう。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 『FFXIV』×『妖怪ウォッチ3』コラボ!エオルゼアの地にジバニャンあらわる

    『FFXIV』×『妖怪ウォッチ3』コラボ!エオルゼアの地にジバニャンあらわる

  2. 話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

    話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

  3. 『ダークソウルIII』を「カニ」一色にしたユーザー出現…鍛冶屋がカニを生み出す

    『ダークソウルIII』を「カニ」一色にしたユーザー出現…鍛冶屋がカニを生み出す

  4. PC版『地球防衛軍4.1』Steamで7月19日配信、オープニング・DLCセールなども実施

  5. 話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

  6. 『スカッとゴルフ パンヤ』本家韓国サービス終了…一方の日本版は3年振り新コース実装、新水着も

  7. 【レポート】フリーゲーム『ファウストの悪夢』の雰囲気が禍々しくも美しい…貴方はこの悪夢で何を見ますか?

  8. 『マインクラフト』に存在する伝説の地「ファーランド」を目指し、4年以上歩き続けているギネスプレイヤーKurt J.Macの旅とは

  9. 『ぷよぷよ』のプロスポーツ化を目指すクローンゲーム『Magical Stone』資金源の一部はRMTだった

アクセスランキングをもっと見る

page top