最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」映画化決定!実写+CGアニメーションで

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」映画化決定!実写+CGアニメーションで

2014年6月11日(水) 10時07分
  • 「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」映画化決定!実写+CGアニメーションでの画像
    「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」映画化決定!実写+CGアニメーションで
  • 「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」映画化決定!実写+CGアニメーションでの画像
    「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」映画化決定!実写+CGアニメーションで
  • 「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」映画化決定!実写+CGアニメーションでの画像
    「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」映画化決定!実写+CGアニメーションで

マーザ・アニメーションプラネットは、米国ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(以下SPE)と共同して、セガの人気アクションゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ 』の映画化を発表しました。

映画版「ソニック・ザ・ヘッジホッグ 」は、実写+CGアニメーション映画として制作。Evan SusserとVan Robichauxの脚本のもと、プロデューサーには『ワイルド・スピード』シリーズや多くのヒット作で知られるNeal H. Moritzを筆頭に、MARZAの伊藤武志、大西美枝、またエグゼクティブプロデューサーとしてToby Ascherが参加し、SPEの制作統括はHannah MinghellaとAndrea Giannettiがつとめます。

登場キャラクターとしては、「ソニック」を主人公に、ライバルのDr.エッグマンをはじめ、ソニックシリーズでおなじみの人気キャラクターたちが、初めてスクリーンに勢揃いする予定です。

■Evan Susser&Van Robichaux/脚本
ともにロサンゼルスのUCB Theatreを卒業。
スターウォーズ登場キャラクター・チューバッカの伝記映画『Chewie』にて、製作前の脚本をハリウッドのスタジオ重役らの人気投票によってランキングする「ザ・ブラックリスト2011」で3位を獲得。現在、注目を集めている脚本家コンビである。

■Neal H. Moritz/プロデューサー
Original Film設立者。30年以上に渡り長編映画やテレビをプロデュースするベテラン。『ワイルド・スピード』シリーズをはじめ、映画『アイ・アム・レジェンド』や『トータル・リコール』、『S.W.A.T』、『バンテージ・ポイント』など40以上の作品を手掛けている。現在は全世界で200万ドルを超えるヒット作となったアクションコメディ映画『21 Jump Street』の続編である『22 Jump Street』のほか、ベストセラー原作でJack Black主演の子供向けホラー『Goosebumps』、大人気シリーズの最新作『ワイルド・スピード7』を制作中。Original Film制作作品の全世界興行収入は、合計6000億円を超える。

■MARZA/アニメーション
MARZAは、セガのCGアニメーション開発部門を原点とした、セガサミーグループのCGアニメーションスタジオ。2009年6月の会社設立以降、長編映画のCGアニメーション制作に力を入れており、自社内でオリジナルの長編CGアニメーション映画を制作できる設備と体制を整えている。日本におけるトップクラスのCGアニメーション制作技術と、アメリカ・ハリウッドを拠点としたストーリー開発を掛け合わせ、世界で通用する作品づくりを行っている。

MARZAのCG映像制作技術は国内外から非常に高い評価を受けており、昨年公開された映画『キャプテンハーロック』では、国内外の様々な賞を受賞。 現在は全世界配給・公開に向けて初の完全オリジナル長編映画「ROBODOG(原題)」を鋭意制作中である。

MARZAは、日本で唯一の“グローバル市場をターゲットに置いたCGスタジオ”として、これからも常に新しい技術や映像表現に積極的に取り組むとともに、世界を見据えた事業展開で、最高のエンタテインメントを届けていく。

(Article written by 栗本 浩大)
評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

その他アクセスランキング