人生にゲームをプラスするメディア

PS Vita『ラブライブ! スクールアイドルパラダイス』ゲームの流れを初公開

ソニー PSV

PS Vita『ラブライブ! スクールアイドルパラダイス』ゲームの流れを初公開
  • PS Vita『ラブライブ! スクールアイドルパラダイス』ゲームの流れを初公開
角川ゲームスは、PlayStation Vitaソフト『ラブライブ! スクールアイドルパラダイス』の公式サイトを更新し、ゲームの流れを公開しました。

学校を救うべく結成した美少女スクールアイドルグループ「μ's」の活躍を描く「ラブライブ!」は、ゲームにアニメにとその活躍の場を多彩に拡げるとともに、絶大な人気と支持を得ており、今も多くのファンに愛されている一大コンテンツへと成長しました。

そんな「μ's」たちが行う3日間のライブを盛り上げ、成功へと導くことが目的となる『ラブライブ! スクールアイドルパラダイス』は、ライブクリエイトアクションが存分に楽しめる注目の一作となります。先日、発売日が延期となる残念な発表もありましたが、8月28日の発売日に向けて、本作のゲーム内容に迫る情報が公式サイトで公開されたので、こちらで紹介させていただきます。

◆ゲームの流れ


各ユニットごとのメンバーが登場するメニュー画面から各モードへと移動することで、ストーリーモードなどが楽しめます。ストーリーモードは、μ'sメンバーたちが登場し、彼女たちが会話しているシーンを楽しむことができるだけでなく、読み進めていくとライブパートへと突入します。

【ライブパート】
■ディスカッションパート
ライブパートに入ると、楽曲や衣装を選択する「ディスカッションパート」に入ります。このパートでは、μ'sのメンバーと相談しながら、楽曲、衣装、ステージを決めていきます。選択した項目次第でライブ中の会場のテンションが変化します。

■リズムアクションパート
ライブがスタートすると、楽曲に合わせてターゲットが流れてくるので、重なった時にボタンを押しましょう。リズムアクションを成功させると「ギミックゲージ」が溜まっていきます。一定以上溜まると、雪を降らせる「ラヴスノウ」などのギミックを発動させることができるようになります。

さらにギミック発動中にリズムアクションを成功させると、今度は「フィーチャーゲージ」が溜まります。このゲージが溜まると今度は、指定したメンバーがアピールする「フィーチャーモード」を楽しめます。

ライブが終わるとリザルト画面が表示された後にアドベンチャー画面に戻り、ストーリーが進行します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


この夏登場する『ラブライブ! スクールアイドルパラダイス』は、その暑さに負けない熱気と活力を多くのユーザーに与えてくれることでしょう。その本質が、発売日に向けて少しずつ明らかとなってきました。今後も過熱していくであろう本作の続報に、今後もご期待ください。

『ラブライブ! スクールアイドルパラダイス』は「Vol.1 Printemps unit」と「Vol.2 BiBi unit」と「Vol.3 lily white unit」の3バージョンを展開し、2014年8月28日に発売予定。価格はそれぞれ、通常版が6,480円(税抜)、限定版が9,980円(税抜)です。

(C) 2013 プロジェクトラブライブ! (C) 2013 ASCII MEDIA WORKS Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS Plus4月提供おすすめコンテンツ公開―フリプ『ドローン・トゥ・デス』『MXGP2』など!

    PS Plus4月提供おすすめコンテンツ公開―フリプ『ドローン・トゥ・デス』『MXGP2』など!

  2. 【インタビュー】『無双☆スターズ』ウィリアムやオプーナたちはなぜ選ばれたのか、古澤Pに訊く…シリーズ初の試みは「30人のキャラを活かすため」

    【インタビュー】『無双☆スターズ』ウィリアムやオプーナたちはなぜ選ばれたのか、古澤Pに訊く…シリーズ初の試みは「30人のキャラを活かすため」

  3. 『ニーア オートマタ』パッチ1.06を配信―主に進行不可のバグの修正

    『ニーア オートマタ』パッチ1.06を配信―主に進行不可のバグの修正

  4. 『ダンジョントラベラーズ2-2』第2弾PVをお披露目! 新ヒロイン&闇堕ちヒロインやゲームシステムをチェック

  5. 【PS4 DL販売ランキング】『GOD OF WAR III Remastered』首位、『Until Dawn -惨劇の山荘-』2位へ(3/29)

  6. 【プレイレポ】『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』作品全体を包む「透明感」が心地よく、そしてフェティシズムを刺激する

  7. 『フォトカノ』『レコラヴ』の将来は心配不要 ─ ディンゴ営業停止に対し杉山Pがコメント

  8. 【レポート】『FFXV』コラボも明らかに!『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』完成発表会

  9. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  10. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

アクセスランキングをもっと見る