人生にゲームをプラスするメディア

EA、Xbox Oneのロンチタイトルとして『タイタンフォール』など4タイトルを発表

マイクロソフト Xbox One

タイタンフォール
  • タイタンフォール
  • バトルフィールド 4
  • ニード・フォー・スピード ライバルズ
  • プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェア
エレクトロニック・アーツは、2014年9月4日に予定される日本マイクロソフトのXbox One国内発売に合わせ、海外では既に高い人気となっている『タイタンフォール』『バトルフィールド 4』『ニード・フォー・スピード ライバルズ』『プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェア』の4タイトルをローンチタイトルに決定、全国の小売・量販店およびオンラインショップにて予約受付を開始しました。各タイトルの概要は下記の通りです。

◆タイタンフォール(Titanfall)

・価格:7,300円(税抜)
・公式サイト:http://www.titanfall.com/jp
・Xbox One版『タイタンフォール』は最先端のハイペースなオンラインアクションとキャンペーンモードを合体させたマルチプレーヤー体験が特長のファーストパーソンシューティングゲームです。世界の端の、遠く離れたフロンティアを舞台とし、プレーヤーは、Intersteller Manufacturing Corporation(IMC)とミリシアの紛争の渦中へと放り込まれます。そこでは、パルクールスタイルのウォールランニングや、長距離ダブルジャンプ、ヘビーアーマータイタンへの搭乗など、スピーディで多彩なアクションが楽しめます。プレーヤーはパイロットとタイタン操作を自由に切り替えられるため、その場で戦術を変更し、攻撃や撤退を臨機応変に行うことで、全く新しいアクションを体験できます。

◆バトルフィールド 4(Battlefield 4)

・価格:7,300円(税抜)
・公式サイト:http://www.battlefield.com/jp/battlefield-4
・Xbox One版『バトルフィールド 4』は次世代ゲームエンジンFrostbite 3によってビジュアル、オーディオの忠実性、キャラクターアニメーションを向上させ、さらにダイナミックなマップ環境を実現したファーストパーソンシューティングゲームです。毎回異なる戦場体験を提供する「Levolution」というコンセプトは、プレイの状況に応じてフィールドの環境を動的に変化させ、同じ風景・環境がもたらすマンネリ感を打ち破り、プレーヤーに毎回新鮮な体験をもたらします。最大64人のオンライン対戦に対応し、敵を守る建物をガンボートの機銃によって破壊したり、航空兵器によって敵を先制するなど、広大な戦場でプレーヤーたちは独自の戦術を駆使し、自軍を勝利に導きます。

◆ニード・フォー・スピード ライバルズ(Need for Speed Rivals)

・価格:7,300円(税抜)
・公式サイト:http://www.needforspeed.com/ja_JP
・Xbox One版『ニード・フォー・スピード ライバルズ』はプレーヤーが追う立場の警察と逃げる立場のレーサーどちらかの側に立ち、互いに相容れない熾烈な競争を繰り広げるアクション・レースゲームです。本作はFrostbite 3によって高い再現度を誇る車のモデリング、刻一刻と変わる天候の変化を含む、驚異のビジュアルをプレーヤーに提供します。シングルプレイとマルチプレイの境界をなくした次世代レーシングの画期的な新機能「AllDrive」によって、シリーズ史上最高のオンライン環境を実現します。フレンド登録されたプレーヤーや世界中のプレーヤーとシームレスにつながることで、誰にも予測できないレースやチェイスを楽しむことができます。

◆プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェア(Plants vs. Zombies Garden Warfare)

・価格:3,800円(税抜)
・公式サイト:http://www.ea.com/jp/garden-warfare
・Xbox One版『プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェア』はプラント(植物)やゾンビなど愉快なキャラクターが登場するアクション満載の三人称視点マルチプレイヤーシューターです。Frostbite 3エンジンの採用により、本作は色鮮やかな花が咲きユニークな景色が広がる、魅力的な3D世界を表現することが出来ました。プレーヤーがプラントかゾンビを選択し10以上のマップで12対12人で行う対戦モードと、押し寄せるゾンビの攻撃を撃退する協力モードがあります。Xbox One版では分割画面での協力プレイができるモードとBoss Modeの2つのエクストラモードがあります(※本作は、Xbox 360版も同時に販売開始します)。

(C) 2014 Electronic Arts Inc. Trademarks belong to their respective owners. All rights reserved.
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

マイクロソフト アクセスランキング

  1. 【TGS2016】『ハッピーダンジョン』まさに“桁違い”のダメージを叩き出すハック&スラッシュRPGは、「みんなでわちゃわちゃと楽しめる」一作に

    【TGS2016】『ハッピーダンジョン』まさに“桁違い”のダメージを叩き出すハック&スラッシュRPGは、「みんなでわちゃわちゃと楽しめる」一作に

  2. 【レポート】9年振りの新作『雷電V』ファーストインプレッション ― 「クラウド機能」を体験してみた

    【レポート】9年振りの新作『雷電V』ファーストインプレッション ― 「クラウド機能」を体験してみた

  3. 【E3 2015】最大200体のキャラクターが入り乱れるゴチャキャラRPG シリーズ第二弾『ハッピーダンジョン』について制作者に聞いてみた

    【E3 2015】最大200体のキャラクターが入り乱れるゴチャキャラRPG シリーズ第二弾『ハッピーダンジョン』について制作者に聞いてみた

  4. 【E3 2015】4人同時プレイ対応のXbox One新作ハクスラ『ハッピーダンジョン』発表

  5. 『悪魔城ドラキュラ Harmony of Despair』、追加ステージ「美貌と欲望と絶望と」配信開始

アクセスランキングをもっと見る

page top