最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
SFC版『タクティクスオウガ』の裏コマンドを残した意図を松野泰己氏が披露

SFC版『タクティクスオウガ』の裏コマンドを残した意図を松野泰己氏が披露

2014年6月2日(月) 17時48分
  • 発売から19年がたった今でもまだ大事に持っているファンが多そうな、SFC版のパッケージの画像
    発売から19年がたった今でもまだ大事に持っているファンが多そうな、SFC版のパッケージ
  • 主人公の名前を「M」にすると、サウンドテストモードに入れる裏技もこの一環だったのでしょうかの画像
    主人公の名前を「M」にすると、サウンドテストモードに入れる裏技もこの一環だったのでしょうか

実に発売から19年もの間、その存在が判明しなかったSFCソフト『タクティクスオウガ』の裏コマンド。(詳細はこちらの記事にて)同作のディレクター・シナリオを手がけた松野泰己氏が、作中に登場する各民族からの評価――カオスフレーム――を表示するそのコマンドにまつわる裏話を、自身のTwitterでさらに開かしてくれました。




松野氏が「紛失した」と言及されておられたメモは個人用のものであり、開発資料には記載が残っているかもしれないことや、製品版にも裏コマンドの仕様が残っているのは時期を見て公開する意図によるものであったことなど、ファン垂涎のこぼれ話が披露されています。

デバッグ用に用意された長く複雑な裏コマンドを見るとなんとなくFC版『ドルアーガの塔』のステージセレクトのコマンドを思い出しますが、結局はどちらのコマンドもこうして世に出たのだと思うと、ゲーマーの情熱おそるべしという感じですね。

2010年にPSPで発売されたリメイク作『タクティクスオウガ 運命の輪』も高評価だった『タクティクスオウガ』。今回の裏コマンドによる「カオスフレーム表示機能」が楽しめるSFC版は、今ならWiiかWii Uのバーチャルコンソールで手軽に楽しむことができます。

(Article written by 蚩尤)

任天堂アクセスランキング