人生にゲームをプラスするメディア

ハウステンボスで、ゲームの過去と未来を体験! 入場無料の「ゲームミュージアム」この夏始動

その他 全般

ハウステンボスで、ゲームの過去と未来を体験! 入場無料の「ゲームミュージアム」この夏始動
  • ハウステンボスで、ゲームの過去と未来を体験! 入場無料の「ゲームミュージアム」この夏始動
ハウステンボスは、2014年7月5日に本格始動する「ゲームの王国」のコンテンツとなる「ゲームミュージアム」の詳細を発表しました。

「ゲームをリアル世界へ」をコンセプトに掲げる「ゲームの王国」。すでに、脱出成功率1%を謳う「恐竜の森」や大人の雰囲気が楽しめる「アミューズメントカジノ」などがオープンしていますが、7月5日の本格始動に向け、親子で楽しめるサバイバルゲーム「レンジャーブートキャンプ ASOBIBA in ハウステンボス」などの準備も着々と進行しています。

その中でもゲームファンにとって見逃せないコンテンツと言えるのが、ゲーム会社10数社が結束し、ゲームの過去から未来まで体験できる「ゲームミュージアム」でしょう。開催場所はハウステンボス内のハーバータウン、そして入場は無料(館内有料施設あり)なので気軽に立ち寄れる嬉しいスポットでもあります。

◆ゲームミュージアム


■ゲームの今を全身で楽しもう! キャラクタースタジオ
巨大ゲームでプレイするパズルゲームから身体を思いっきり動かして遊ぶゲームプレイゾーン、ゲームの中に入り込んだような写真が撮れるスポットまで。全身でゲームの世界に飛び込もう。ミュージアムの外にはパックマンプレイランドも。

■ミライのゲームを先取りプレイ! ゲームフューチャー
目の前に広がるのはヴァーチャル!? それともリアル!?
仮想世界での乗馬レース「ハシラス」や未発売ゲームの試遊など、最先端技術が叶える驚きのゲーム体験を満喫してください。

■あの頃のゲームで遊べる! UFOゲーム喫茶&懐かしのゲームセンター
懐かしいゲーム機が並ぶこの一角は、まるで70年代・80年代のゲームセンター。テーブルゲームで遊びながらレモンスカッシュなどを飲めば、まるであの頃にタイムスリップした気分に!?

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


この他にも、1972年から2014年までの家庭用ゲーム機が約60台も揃う「ゲーム機ヒストリー」や、天井まで届くツリー状のモニュメントにモニターが並びゲームの歴史を一望できる「ゲームツリー」などもあり、ゲームファンによって見どころばかりと言えるこの「ゲームミュージアム」。ここでしか手に入らないオリジナルアイテムやレアなグッズも販売されるので、興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

(C) HUIS TEN BOSCH Co,.Ltd. All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』全世界7,500万DL達成、『艦これ』飲食施設「酒保伊良湖」7月28日オープン、『龍が如く6 命の詩。』桐生一馬の伝説が最終章に…など(7/26)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』全世界7,500万DL達成、『艦これ』飲食施設「酒保伊良湖」7月28日オープン、『龍が如く6 命の詩。』桐生一馬の伝説が最終章に…など(7/26)

  2. 劇場版「アクセル・ワールド」 絶好調スタート!舞台挨拶も大盛況

    劇場版「アクセル・ワールド」 絶好調スタート!舞台挨拶も大盛況

  3. 『ポケモンGO』のプレイに便利なウェアラブルディスプレイ「Vufine」、ポケモンカラー(?)なバリエーションが登場

    『ポケモンGO』のプレイに便利なウェアラブルディスプレイ「Vufine」、ポケモンカラー(?)なバリエーションが登場

  4. 『艦これ』公式飲食施設「酒保伊良湖」が7月28日オープン!島風モチーフの限定メニューも

  5. 「マクロスΔ」フレイヤ役・鈴木みのりが劇中歌3曲を熱唱…ワンフェスステージレポ

  6. 休刊した「ゲームサイド」が精神的後継誌「ゲーム・ジーン」として再起!第1号は8月26日発売予定

  7. ワンフェス2016[夏]コトブキヤブースへ…島田フカミネデザイン新作「メガミデバイス」出展

  8. 【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

  9. 冨田勲×初音ミク「ドクター・コッペリウス」公演情報とメインビジュアル公開

  10. 『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

アクセスランキングをもっと見る

page top