人生にゲームをプラスするメディア

『真 流行り神』限界まで拘ったその恐怖表現、Z区分に

ソニー PS3

『真 流行り神』限界まで拘ったその恐怖表現、Z区分に
  • 『真 流行り神』限界まで拘ったその恐怖表現、Z区分に
  • 『真 流行り神』限界まで拘ったその恐怖表現、Z区分に
日本一ソフトウェアは、PS3/PS Vitaソフト『真 流行り神』のレーティングがZ区分になったことを発表しました。

PS2やPSPを中心に展開してきた『流行り神』シリーズですが、その最新作となる『真 流行り神』が、PSP『流行り神3 警視庁怪異事件ファイル』から数えて5年ぶりに、PS3及びPS Vitaソフトとしてリリースされます。

この『真 流行り神』は登場人物などを一新し、「推理ロジック」や「カリッジポイント」、「F.O.A.F.データベース」などこれまでのシリーズに搭載されていたシステムを継承するとともに、「ライアーズアート」という新システムを追加。また物語の構成も、各話独立のオムニバス形式から、1つのメインストーリーから様々に分岐していくスタイルへと変更し、意欲的に挑戦する姿勢も伺わせています。

そして、本作の更なる挑戦の成果がひとつ、このたび明らかとなりました。公式サイトでは以前よりカウントダウンページを公開していましたが、そちらが本日更新され、大きく記された「Z」の文字とディレクター・高須和也氏のコメントが公開されました。

◆『真 流行り神』ディレクター 高須和也氏 コメント


『真 流行り神』のレーティングがZ区分(18歳以上のみ対象)となりました。
想定を超えた結果ではあるのですが、これは『真 流行り神』のコンセプトでもある“恐怖”を妥協せず本気で追求した結果であること、残虐なシーンもギリギリまでリアルな表現・描写にこだわったからです。
ユーザーの方々に「より強くホラーを体感してもらいたい」という溢れる想いを感じ取っていただけると嬉しいです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


前作に当たる『流行り神3』での区分は「C」。Dすらも飛び越えて、一気に表現の限界まで達したことが今回の発表で明らかになりました。高須氏のコメントを踏まえると、本作が秘めるその“恐怖”は、類を見ないほどの出来映えになっているようです。今から、楽しみと恐ろしさで身が震える思いですね。

『真 流行り神』は、2014年8月7日発売予定。価格は、PS3のパッケージ版が7,344円(税込)、ダウンロード版が6,171円(税込)。PS Vitaのパッケージ版が6,264円(税込)、ダウンロード版が5,143円(税込)です。

(C)2014 Nippon Ichi Software, Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PSVRの更なる再販、早くも売り切れに─抽選販売ならば受付中の通販サイトも

    PSVRの更なる再販、早くも売り切れに─抽選販売ならば受付中の通販サイトも

  2. 『BLUE REFLECTION』最新情報公開!バトルテクニックや新たな原種の情報をお届け

    『BLUE REFLECTION』最新情報公開!バトルテクニックや新たな原種の情報をお届け

  3. 『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

    『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

  4. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  5. PS Vita『死印』発売日決定! ”死”へのカウントダウンは6月1日から─恐怖が忍び寄る第1弾PVもお披露目

  6. PS4『Rewrite』3月23日に発売延期、PS4 Proへの対応に時間を要したため─早送りや早戻しの高速化といった恩恵も

  7. 発売迫る『Horizon Zero Dawn』海外向けローンチトレイラー!

  8. 【PS Vita DL販売ランキング】『東京新世録 オペレーションバベル』2週連続首位、『かまいたちの夜 輪廻彩声』初登場ランクイン(2/24)

  9. 『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』が配信未定に

  10. ソニーストア、PlayStation VRを2月25日8時30分より再販

アクセスランキングをもっと見る