人生にゲームをプラスするメディア

TGS2014、SCEがスポンサーとなりインディーコーナーの出展料金10万円が無料に

ゲームビジネス その他

公式ページより
  • 公式ページより
  • TGS2014、SCEがスポンサーとなりインディーコーナーの出展料金10万円が無料に
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、「東京ゲームショウ2014」におけるインディペンデントゲーム開発者向けの2つの企画、「インディーゲームコーナー」と「SENSE OF WONDER NIGHT 2014(センス・オブ・ワンダー ナイト 2014 / 以下、SOWN 2014)」のスペシャルスポンサーに、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCE)が決定したことを公表しました。

スペシャルスポンサーのSCEは、インディーゲームコーナーの出展料金(4日間出展=99,900円、一般公開日2日間出展=32,400円)を全額サポートし、出展料金をすべて無料にします。更に、出展作品のプラットフォームは問いません。

また、より幅広く出展を募るため、出展応募の締め切りを当初の5月30日(金)から6月11日(水)に延長しています。このコーナーの出展は、応募された作品の中から最大50ブース(予定)を、事務局による選考にて決定します。

昨年、東京ゲームショウで初めて設置したインディーゲームコーナーには、世界10カ国・地域から41のインディペンデントゲーム開発者が参加し、多くの注目を集めました。2回目の開催となる今年も、すでに多くの応募が寄せられているとのことです。

SCEは以前に、PlayStation 4インタビュー映像シリーズ「インディーズクリエイタートーク」という企画を行っていたりと、インディー開発者たちへの支援に熱心です。今回はプラットフォームを問わないとのことで、真剣さが伺えます。

◆センス・オブ・ワンダー ナイト 2014


また、ゲームのプロトタイプをはじめとした“今まで見たこともない”ゲームのアイデアをプレゼンテーションするSOWN 2014は、今年で7回目の開催となり、TGSにおけるインディー開発者向けのステージイベントとして定着しています。

SOWN 2014の応募受付の締め切りは7月7日(月)です。締め切り後、選考委員による審査を経て、最大10作品のプレゼンテーション作品を決定します。いずれの企画も、特定非営利活動法人 国際ゲーム開発者協会日本(略称:IGDA日本、理事長:小野憲史)の協力を得て実施します。

東京ゲームショウは、インディーゲームコーナーとSOWN 2014という、インディペンデントゲーム開発者向けの企画を通じて、新たなゲームアイデアを世界に発信する機会を提供していくとのことです。

◆詳細



・名称:インディーゲームコーナー
・会期:2014年9月18日(木)~21日(日)
・会場:幕張メッセ 展示ホール内
・スペシャルスポンサー:ソニー・コンピュータエンタテインメント
・目的:東京ゲームショウにおいて、新しいゲームの可能性を探り、商業的な成長と成功を求めている小チームやベンチャーなどインディペンデント(独立系)ゲーム開発者を支援すること
・出展料金:無料
★出展料金に含まれるもの:スペシャルブース、インディーゲームコーナー専用出展者バッジ5枚
・応募方法:申込書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、ご応募ください
・応募締切:2014年6月11日(水)(※日本時間)
・選考:事務局による選考を経て選出します
・結果発表:2014年7月上旬~中旬に応募者に直接連絡します
     ※応募内容によって、追加の確認事項をお伺いする場合があります。
     ※応募内容によって、別の展示コーナーの出展を案内する場合があります。

■出展できる団体資格
・出展しようとする団体の年間売上について
 法人:5000万円もしくは50万USドル程度以下であること
 個人:1000万円もしくは10万USドル程度以下であること

・出展しようとする団体が法人の場合、資本的に独立していること
 (例えば、大手ゲーム会社の資本が入っていないこと)

■出展できるもの
・完全オリジナルなゲーム(二次創作コンテンツは許諾の有無にかかわらず出展できません)
・応募者が開発の権利を有するプラットフォーム向けに制作されたもの
・CESA倫理規定、CERO倫理規定に準じたもの かつ 以下のいずれにも相当しないもの
 1)CERO倫理規定(http://www.cero.gr.jp/regulation.pdf)別表3「禁止表現」に抵触、または抵触する恐れのある表現が含まれている
 2)CEROの審査で「Z」区分レーティングを受けた作品、もしくは「Z」区分に相当する表現が含まれている可能性がある
 3)海外で既に発表されており、海外審査機関(ESRBなど)で「17+」(MATURE)区分の指定を受けている 4)海外で発表予定で、海外審査機関(ESRBなど)で「17+」(MATURE)区分の指定を受ける可能性がある(残虐性が強く「13+」(TEEN)区分に相当するとは思えない作品)

■インディーゲームコーナーに関するお問い合わせ先(メールのみ)
indie@nikkeibp.co.jp
《すしし》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. ガンダムVR『ダイバ強襲』が関西へ! モビルスーツ同士の戦いを間近すぎる距離で体感

  8. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  9. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  10. 【グリーカンファレンス2012】中国市場で「地雷」を踏まないために ― 『Hoolai三国』のトップが語る

アクセスランキングをもっと見る