人生にゲームをプラスするメディア

『ゼルダ無双』のカットシーン、序盤ステージなどが公開 ― オリジナルキャラも

任天堂 Wii U

リンク
  • リンク
  • インパ
  • シア
  • ウィズロ
  • ヴァルガ
  • 『ゼルダ無双』のカットシーン、序盤ステージなどが公開 ― オリジナルキャラも
  • 『ゼルダ無双』のカットシーン、序盤ステージなどが公開 ― オリジナルキャラも
  • 『ゼルダ無双』のカットシーン、序盤ステージなどが公開 ― オリジナルキャラも
コーエーテクモゲームスは、Wii U専用ソフト『ゼルダ無双』の最新情報を公開しました。今回は、プレイアブルキャラクターであるリンクとインパ、本作オリジナルキャラクター、更にカットシーンや序盤ステージの情報・画像が公開されています。

『ゼルダ無双』は、任天堂の『ゼルダの伝説』シリーズとコーエーテクモゲームスの『無双』シリーズのコラボ作品で、リンクたちが大群を一人で蹴散らす爽快感のある一騎当千アクションが楽しめます。

◆プレイアブルキャラクター


■リンク(武器:片手剣)
ハイラル王国の王国軍にあって、群を抜いた強さを持つ兵士。勇気のトライフォースの力を内に秘めている。妖精と心通じ合うなどのやさしさを秘めつつ、悪に対しては自分よりも強いものでも敢然と立ち向かう心の強さ、正義感を兼ね備えている。

主にフットワークを活かした軽快な動きで敵を翻弄する戦闘スタイル。本作では、多種多様な武器を扱うが、基本はあくまでもスピードタイプの剣士。

■インパ(武器:太刀)
ハイラル王国の親衛隊長。ゼルダ姫の護衛と御側係を兼任している。ハイラル王家を影から支えたとされる一族の長として、自分を捨てて王家とゼルダ姫のために尽くそうとする忠義の人。

逆手抜刀術をベースにした、初太刀の鋭さから直線的な怒涛の連撃で敵を封殺する戦闘スタイル。立ち振る舞いや足捌きひとつひとつに鋭さをもった剣の達人。

髪は邪魔にならないように束ねており、ゼルダ姫からもらったハイラル王家由来の髪留めを大切にしている。

◆敵キャラクター


■シア(流派:召喚魔法)
闇の力で、ある魔女から善の心を追い出した、悪の心の分身。自我が強く、欲求に正直で、挑発的、攻撃的な性格。

世界のすべてを自分のものにしたいと強欲に考えており、その中でも特に、勇者リンクを自分のものとしたいと考えている。

■ウィズロ(流派:空間魔術/闇化)
何世紀にも渡って所有者を惑わし、闇の力を吸い上げることで輝きを増してきた指輪がシアの魔法によって魔法使いとして生まれ変わった。生みの親であるシアへの忠誠を誓ってはいるが、処世術に長け、より強い者に服従する傾向がある。

闇の力を活かした魔法弾などの放出系の攻撃や、空間に展開した魔法陣を使った技など、立体的な攻撃を得意とする。

■ヴァルガ
シアの側近。シアとの契約によって清き心と引き換えに強力な力を手に入れた。ウィズロと異なり、正面からぶつかり合って勝つことをよしとする武人的な性格で、強者を求めて、戦いの中でヒートアップしていく。

両手に竜の爪を彷彿させる巨大な刃槍を持っており、怒号のような雄たけびからの、重い一撃を中心とした攻撃を繰り出す。

◆カットシーン、序盤ステージ


また、紙芝居風のイラストを交えながら物語が語られるシーンなどがあることも発表されています。おなじみの“宝箱を開けて手に入れたものを掲げる”シーンも健在のようです。

情報が公開されているステージは、「ハイラル平原」と「ラネール渓谷」になります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


『ゼルダ無双』は、2014年8月14日発売予定。価格は、通常版が7,980円(税込)、プレミアムBOXが11,664円(税込)、TREASURE BOXが14,904円(税込)です。

(C)Nintendo
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
Licensed by Nintendo
《すしし》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

    『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

  2. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

    『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  3. 『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

    『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 「ポケモンGO Plus」バックグラウンド動作でも歩いた距離が記録されるように!タマゴを孵したり相棒のアメをゲット可能

  6. 『ポケモンGO Plus』が発売直後から品薄状態に―次回出荷は11月上旬を予定

  7. 『ポケモンバンク』2017年1月より『サン・ムーン』に対応!図鑑機能も追加

  8. 永久BANも…『ドラゴンクエストX』で1700キャラが利用停止―意図的な不具合利用のため

  9. 『ドラクエX』悪質なチート行為で20アカウントを処分 ― 重大な問題、警察への通報も辞さず

  10. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top