人生にゲームをプラスするメディア

開発中止となっていたWiiの大人向けホラーゲーム『Sadness』、Wii U独占で2016年に復活へ

任天堂 Wii U

オリジナル版『Sadness』
  • オリジナル版『Sadness』
  • 画像はWii版のもの
  • 画像はWii版のもの
  • 画像はWii版のもの
かつて、話題を集めながらも日の目を見ることが叶わなかったWiiのホラーアドベンチャーゲーム『Sadness』が、Wii U独占タイトルとして再始動を計画していることが明らかになりました。

これは海外メディア「Nintendo Life」がHullBreach StudiosのRandy Freer氏と、Cthulhi GamesのJeremy Kleve氏を招き、独自に行ったインタビュー記事に基づくものです。

全編モノクロで描かれるホラーアドベンチャーゲーム『Sadness』は、統合失調症や発作性睡眠など心の病をテーマにした大人向けのアドベンチャーゲームです。主人公は第一次世界大戦の東ヨーロッパに生きる女性・Maria。Wiiリモコンをフル活用するタイプのゲームで、2006年に公開されたトレイラー映像では、Wiiリモコンを主人公の手に見立て、松明を動かしたりロープを投げたり武器を操ったりするシーンが、映画的な演出のもとで印象的に収録されていました。



オリジナル版『Sadness』はポーランドのデベロッパーNibrisが開発を担当し、Wiiがまだ仮称で呼ばれていた頃から発表され、話題を集めていました。その後は発売される気配がないまま、ついに開発中止を迎えてしまいましたが、先日公開された海外メディア「Nintendo Life」のインタビュー記事にて、本作がWii U独占タイトルとして復刻することが明らかとなりました。

Wii Uでの復刻に際しては、HullBreach StudiosとCthulhi Gamesの2社が共同で開発に携わるとのこと。また、Cthulhi GamesのJeremy Kleve氏はオリジナル版のコンセプトから非常に大きなインスピレーションを得ていると明かし、キャラクターやメカニックなどいくつかの変更点が加わる可能性はあるとしながらも、オリジナル版のアイデアに限りなく近いものが実現するようこだわり、ゴシックノワールな構想自体は維持していくと、その意気込みを伝えていました。

Wii U独占ホラーアドベンチャーゲーム『Sadness』は、2016年のリリースが予定されています。
《Ami》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

    『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

  2. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

    『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  3. 「ポケモンGO Plus」バックグラウンド動作でも歩いた距離が記録されるように!タマゴを孵したり相棒のアメをゲット可能

    「ポケモンGO Plus」バックグラウンド動作でも歩いた距離が記録されるように!タマゴを孵したり相棒のアメをゲット可能

  4. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

  5. 『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

  6. 『ポケモン サン・ムーン』新システム「ポケリフレ」でポケモンたちとより仲良く!服の染色もできる着せ替え要素も公開

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『ポケモンGO Plus』が発売直後から品薄状態に―次回出荷は11月上旬を予定

  9. 海外産の3DS向け横スクロールアクション『Samurai Sword Destiny』をご紹介 ― 主役は女サムライあかね

  10. 『ポケモンバンク』2017年1月より『サン・ムーン』に対応!図鑑機能も追加

アクセスランキングをもっと見る

page top