最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
マジコン販売により、会社員男性を逮捕 ─ 過去1年間で約6,300人に販売した疑いも

マジコン販売により、会社員男性を逮捕 ─ 過去1年間で約6,300人に販売した疑いも

2014年5月20日(火) 11時40分
  • マジコン販売により、会社員男性を逮捕 ─ 過去1年間で約6,300人に販売した疑いもの画像
    マジコン販売により、会社員男性を逮捕 ─ 過去1年間で約6,300人に販売した疑いも

千葉県警サイバー犯罪対策課と船橋署は、5月16日、違法コピーソフトの再生を可能とする機器「マジックコンピューター(通称:マジコン)」を販売したとして、国外在住の会社員男性を不正競争防止法違反の疑いで逮捕しました。

携帯型家庭用ゲーム機にはあらかじめ、違法コピーゲームソフトの使用を制限するプログラムが施されていますが、マジコンはその機能を解除することができる機器。このマジコンをインターネット経由で販売したとして、国外在住の会社員男性(43歳)を、不正競争防止法違反(技術的制限手段回避装置提供行為)の疑いで逮捕。

男性は、2013年6月から同年9月までの間、3回に渡りインターネット販売サイトを通じて、新潟県や静岡県などに在住する男性計3人に対し、ニンテンドーDSに施されたセキュリティを回避してコピーゲームの起動を可能にするマジコンを中国から発送・有償販売を行ったとされています。

今月16日にこの男性が帰国した際に、成田空港で身柄を確保。また警察の発表によれば、2013年だけでも同サイトを通じて約6,300人がマジコンを購入し、その売上は2,300万円におよぶとのことです。

(Article written by 臥待 弦(ふしまち ゆずる))

任天堂アクセスランキング