人生にゲームをプラスするメディア

レトロスタジオ、「ボスや敵」を担当するAIプログラマーを募集

任天堂 Wii U

オースティンにあるレトロスタジオ
  • オースティンにあるレトロスタジオ
Wii U『ドンキーコング トロピカルフリーズ』の開発終了後、既に新しいプロジェクトを開始しているというレトロスタジオ。気になる求人が出されていると話題になっています。

今回明らかになったのは「ボスや敵、およびゲームプレイに必要な箇所を担当する」というAIプログラマーの求人です。過去に『メトロイドプライム』シリーズを開発したレトロスタジオ。どのようなプロジェクトが現在進行中なのかヒントはありませんが、想像力を掻き立ててくれるニュースと言えそうです。

レトロスタジオは1998年に設立され、任天堂の完全子会社として『メトロイドプライム』シリーズ、『ドンキーコング トロピカルフリーズ』、『マリオカート7』(一部)など任天堂のAAAタイトルの開発に携わってきました。スタジオは米国オースティンにあり、求人では風光明媚な土地で、豊かな自然に囲まれ、音楽と映画などカルチャーの交わる街だとアピールされています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  5. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  8. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  9. ポケモン×イングレスな『Pokemon GO』発表会 リアルタイムレポート(更新終了)

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top