人生にゲームをプラスするメディア

Neversoft、Infinity Wardと合併し20年の歴史に幕を閉じる

ゲームビジネス 開発

アクティビジョン傘下のスタジオで『Call of Duty』シリーズを開発してきたInfinity Wardと、同じく『Tony Hawk's Pro Skater』シリーズで知られるNeversoftが合併することがGiant Bombのレポートで明らかにされました。

これはアクティビジョン幹部のメモを同メディアが入手して判明したもの。歴史あるスタジオの一つであるNeversoftはそのブランドの歴史を閉じますが、Infinity Wardの一部として残ることになります。今後どのような作品を開発するかは言及されていなかったとのこと。

アクティビジョンパブリッシングのEric Hirshberg氏はメモの中で「Neversoftの20年間のインパクトはいくら強調されてもされ過ぎる事はありません。(中略)スタジオのロゴは無くなりますが、素晴らしいタレント、創造性、プロ精神、最良へのコミットメントは依然として残り、新しい歴史を築いていくことでしょう」と述べています。

Neversoftは1994年にJoel Jewett氏によって設立され、1999年にアクティビジョン傘下となりました。これまで、『Tony Hawk's Pro Skater』シリーズ、『Guiter Hero』の『3』以降などの開発に携わり、昨年発売された『Call of Duty: Ghost』の一部にも携わりました。Jewett氏は同スタジオを離れるとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スポーツ選手用VRトレーニングツール登場…第1弾のテーマは「野球」

    スポーツ選手用VRトレーニングツール登場…第1弾のテーマは「野球」

  2. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

    元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  3. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  4. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  5. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

  8. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  9. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  10. コーエーテクモゲームス「TGS2016」出展決定、出展タイトルを公開―開催期間中ステージ中継やオリジナル番組も配信

アクセスランキングをもっと見る

page top