人生にゲームをプラスするメディア

Neversoft、Infinity Wardと合併し20年の歴史に幕を閉じる

ゲームビジネス 開発

アクティビジョン傘下のスタジオで『Call of Duty』シリーズを開発してきたInfinity Wardと、同じく『Tony Hawk's Pro Skater』シリーズで知られるNeversoftが合併することがGiant Bombのレポートで明らかにされました。

これはアクティビジョン幹部のメモを同メディアが入手して判明したもの。歴史あるスタジオの一つであるNeversoftはそのブランドの歴史を閉じますが、Infinity Wardの一部として残ることになります。今後どのような作品を開発するかは言及されていなかったとのこと。

アクティビジョンパブリッシングのEric Hirshberg氏はメモの中で「Neversoftの20年間のインパクトはいくら強調されてもされ過ぎる事はありません。(中略)スタジオのロゴは無くなりますが、素晴らしいタレント、創造性、プロ精神、最良へのコミットメントは依然として残り、新しい歴史を築いていくことでしょう」と述べています。

Neversoftは1994年にJoel Jewett氏によって設立され、1999年にアクティビジョン傘下となりました。これまで、『Tony Hawk's Pro Skater』シリーズ、『Guiter Hero』の『3』以降などの開発に携わり、昨年発売された『Call of Duty: Ghost』の一部にも携わりました。Jewett氏は同スタジオを離れるとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  6. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  7. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  8. 『クラッシュ・バンディクー』の生みの親たちが新スタジオを始動

  9. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

  10. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

アクセスランキングをもっと見る