最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
ゲーム機戦争を描いた書籍が発売、「任天堂VSセガ」勝敗を分けた意外な理由とは?

ゲーム機戦争を描いた書籍が発売、「任天堂VSセガ」勝敗を分けた意外な理由とは?

2014年5月4日(日) 18時26分
  • 書籍「Console Wars: Sega, Nintendo, and the Battle That Defined a Generation」の画像
    書籍「Console Wars: Sega, Nintendo, and the Battle That Defined a Generation」
  • 大乱闘スマッシュブラザーズで対決が実現するマリオとソニックの画像
    大乱闘スマッシュブラザーズで対決が実現するマリオとソニック

5月13日に米国で出版される「Console Wars: Sega, Nintendo, and the Battle That Defined a Generation」は、任天堂とセガの長く続いたゲーム機戦争を100人以上にも上る膨大なインタビューから紐解いたもの。既に映画化も決定している500ページもの物語をVentureBeatが紹介しています。

一部をかいつまんで紹介します。日本語版になることも期待したいですね。

・セガは小売店攻略のため最大手のウォルマートに焦点を絞る。しかしウォルマートにとって任天堂は利益の10%を稼ぐほどの存在で、「(ウォルマートは任天堂を)地獄のように恐れていた」

・スーパーファミコンに互換性を取り入れることは75ドルの追加費用を必要とした。しかし任天堂は低価格を貫くことを選択し、250ドルで発売されることになった。CD-ROMを採用しなかった理由も価格が関係していると見られる。

・任天堂は圧倒的な存在であり、友人を作ることを気にかけてこなかった。レンタル大手のブロックバスターとはゲームのレンタルを巡り法廷で戦い、出版社に対しては自社の「Nintendo Power」を発行するという独自路線だった。代わりにセガはこうしたプレイヤーとの連携が容易であり、それはセガを助けた。

・本書を執筆した筆者が最も驚いたことは「セガが負けた最大の要因は(日本の)セガとセガ・オブ・アメリカの対立であっただろうということ」。戦争はソニック・ザ・ヘッジホッグのデザインのデザインを巡って始まり、数年間に渡ったのだ。

(Article written by 土本学)

任天堂アクセスランキング