人生にゲームをプラスするメディア

海外ファンによる『MOTHER』のドキュメンタリーが2015年公開に向け進行中 ― 日本語字幕ありで、糸井氏のインタビューも収録

任天堂 その他

『Mother2 ギーグの逆襲』
  • 『Mother2 ギーグの逆襲』
海外のファンたちが、『MOTHER』シリーズに関するドキュメンタリーを制作しています。

ドキュメンタリーのタイトルは「EarthBound USA」。1990年以来、北米のファンたちがどのように『MOTHER』シリーズを広めようとしてきたか、その活動に焦点を当てています。

制作のために動いているのはファンサイトであるstarmen.netおよびfangamer.netで、『MOTHER3』北米発売のための署名運動を行ったり、チャリティイベントチャリティオークションなどの開催にも携わっています。

また、開発に関わった糸井重里氏への取材も行っており、糸井氏がTwitterでその時のことを報告しています。


海外で公式にリリースされた『MOTHER』シリーズは、『Earthbound』の名称で発売された『MOTHER2』のみですが、Miiverseを通じた熱心な活動により、バーチャルコンソール版『Earthbound』が配信決定するなど、熱心な活動が続いています。

このようなファンたちの活動を描く本作の公開は2015年で、日本語字幕も用意される予定。今年後半にはKickstarterで資金提供を呼びかける計画があるということです。

なお今回の記事は、インサイド読者のK.M.氏からの情報提供によるものです。日本ではほとんど知られていない海外ファンたちの精力的な活動や、これまでの経緯について詳細なメールを送っていただきました。ありがとうございます。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

    ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

  2. 【インタビュー】ひとくじ引こうぜ!「一番くじ モンスターハンターXX(ダブルクロス)」を開発者に引いてもらった

    【インタビュー】ひとくじ引こうぜ!「一番くじ モンスターハンターXX(ダブルクロス)」を開発者に引いてもらった

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

    『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

  4. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  5. 『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

  6. E3 2017では「スイッチ」「3DS」の新作展示へ―米任天堂レジー社長

  7. 【Wii U DL販売ランキング】『ゼルダ』『マインクラフト』『スプラトゥーン』人気変わらず、『カービィWii』も浮上(3/27)

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. 【プレイレポ】『スプラトゥーン2 先行試射会』の6時間はあっという間だった…!イカした正統進化でより奥深く

  10. 【対談】『にょきにょき』コンパイル〇仁井谷正充の人生―成功と失敗から再起

アクセスランキングをもっと見る